FC2ブログ

フレーム素材再考?其の3

昨日1月16日は水曜日で定休日。

DSCF1319.jpg
お天気にも恵まれ・・・

DSCF1334.jpg
よーくできたアルミ製ロングライドバイクで・・・
しっかり、体を動かして参りました。(*^^)v

アルミバイクに興じていながら・・・
今回は、炭素繊維強化プラスチックのおはなしです。
(アルミの再考は14日にアップしております。)
まず、炭素繊維強化プラスチックフレーム既存のイメ
ージのおさらいから・・

⑧軽い。
⑨いろんな形に成型できる。
⑩量産に向いている。
⑪よく走るように作っても、アルミほど乗り心地
がスポイルされない。(ことがある)
⑫乗り心地を良くしても、アルミほど走りがスポイル
されない。(ことがある)

小生が、小学生の頃に・・・
「ブラックシャフト」とか呼ばれていた、ゴルフクラブ用シャフト・・

じょにーみらー
飛距離が増大する新兵器的な位置づけでしたでしょうか?
既存のスチールと比較して、軽さと反発力が魅力?っ、だった
のかな?シャフトの捻じれがネガティブな要素だったかも?

テニス、バドミントン・・・スポーツの世界にどんどん入ってきて・・・
特に・・バトミントンラケットの性能向上は判りやすかった。
(ヨネックスばんざーい)

レモン様r
80年代末期には、ツールにレモン様が持ち込んでいて・・

それでも、広く一般に出回るまではかなり時間を要して・・・

小生がロード用フレームとして所有したのがトレックの5500・・・

P1010563[1]
2000年モデルと2004年モデルに乗りました。
超高剛性クロモリフレーム的なペダリングフィールと、軽量アル
ミ並みの軽さを両立したすごいフレームで、
上位機種にアルミみたいにキレッキレッなペダリングフィールと、
アルミよりも良識的な乗り心地を両立した5900というのがあり
まして・・・⑪と⑫のイメージは、5000シリーズで確立されて
いました。

えーもんだ
というか・・・この5000シリーズで、すでに現行ハイエンドの9割
9分9厘ほどの走行性能を有していたと思われます。

トレックのフレーム、世紀末あたりから業界のベンチマークとして
君臨し続け・・モデルチェンジごとに少しずつ進化して・・・
(あくまでも小生の私見です。)

走行性能進化の頂点は、おそらく、2010モデルだと・・・

まどん2010
小生は感じておるのですが・・・(シートマスト&ケーブルルート
除く・・・当時は夢のレーシングフレームとか、web上で称賛さ
れておいででした。)

その後、市場に出てくる新型は、商材として進化していたか
もしれませんが、レース用の機材としては・・・
ちょこっと劣化気味??(-_-;)

DSCF1167.jpg
小生の愛機RS9は・・・
すこーしだけ、ほんの少しですが、トレックの2010モデルよりも
楽に加速できて、脚にもこない。
さらには、コントロールの容易さでもこちらに軍配が・・・
カーボンフレームなのにポンポン跳ねない。!!
振動の収束も恐ろしく速い!!

なので、小生の知る限り、RS9は最良のレース用機材というこ
とになります。\(^o^)/
※小生に最適とは、よういいません・・・(;^_^A

昨年&年始、ウェブ上や誌面を席巻しているモノのは・・・
優れた商材かもしれませんが・・・・
21世紀初頭のナカハナカーボンに、エンバンとってつけたのみ
たいなのは・・・気のせい???
※真面目にイイ機材を作っていても、そんなに儲からないで
しょうから、仕方のないことなのかもしれません。(;^_^A

それでも・・・
コストダウン&グローバル化の波
金型のオープンモデル化
OEM化
マーケティング重視
ビジュアル重視
ギミック満載化
販売数の最大化を目指し、利益の最大化を目的に・・・
等々・サプライ側にとって合理的で正しい判断に固執・・・
商材としての進化に邁進!!

とかの弊害は乗り越えて、ユーザーフレンドリーな優れ
たハイエンド機材も、市場に生き残っておいでです。\(^o^)/

おるか
オルカOMRとか、

DSCF0427.jpg
RS9とか、

C六四
C64とか、

がりゅうむ
ガリュウムプロとか、

まともな新型
ウルグシュタルトとか、

七八五
785とか、
少数(思ったよりいっぱいあった)ではありますが、優れた
モデルも存在していることが救いですかね。(*^^)v

この手の優れた機材は、カーボン製であってもポンポン跳
ねないので、太くて低圧なタイヤを必要としません。\(^o^)/
なので、良ーく走ります。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

注:上記機材であっても、金属製フレームよりちょっぴり跳ねます。

正しく綿密に設計されていても、金属製より少しだけ・・・
跳ねやすいです。
ゴルフボールやシャトルを勢いよく飛ばしてくれる強烈な反発力
は、自転車の加速に貢献してくれますが・・・正しく綿密に設計
されていないしょうざいに、細くて高圧なタイヤを履かせると・・・
私たちを、あらぬ方向に、勢いよく飛ばしてくれます。😱

いろいろ記述してまいりましたが、素材再考になっていま
せんでした。m(__)m

以上「フレーム素材再考?其の3」というより・・・
「小生推奨現行競技用機材」でした。
※コルナゴ様・アルゴン18様・ルック様のフレームは、当店で
手配がかないません。m(__)m


PS:なんだかな―っと、思う商材でも・・・
大丈夫なモノが増えているので・・
大丈夫な商材が沢山流通しているのですから・・・
悲観することはないのかも?
良―く考えたら、昔はもっとコテンパンなものが多かったかも?
市場が大衆化しているので、ギミックや、ビジュアルが受けて
いて、機材としての良質さは必要ないのかもしれません。(;^_^A

それでも・・やっぱりホンマモンに乗りたいですし・・・

P1090231.jpg
その良さは・・・
できるだけ多くの方に体感していただきたいと存じます。

PS其の2:ロードバイクフレームの進化が微々たるものなのは・・・・
スポーツの道具なので、当たり前のことかもしれません。
人間の出力等が、飛躍的に伸びている訳ではないので、乗り手
に最適化すれば、似たり寄ったりの性能に落ち着くのかも??

PS其の3:ロードバイクブランドが難儀しているのは・・
プロツアーが、F1に倣ったように集金興行になっていて・・・
機材供給側の金銭的負担が大きくなりすぎて・・・
コストを抑えた商材で、大きく稼ぐ必要があること・・・(;^_^A
せっかく亜細亜OEM化でコスト抑えたのに・・・
プライスタグは・・
どうにかならないのでしょうか??( ;∀;)
ちなみに、F1の興行…欲張りすぎて巧くいっていないよう
にみえますが・・・どうでしょうか??
プロツアーも・・・スポンサーがどんどん・・・😱

追記でフォローしようと思っても・・・(;^_^A
フォローになっていませんな・・・(笑)

スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/17 11:33

フレーム素材再考?其の2

DSCF0981.jpg
先週に引き続きフレーム素材につきまして再考してまいります。

これまで、業界でよく言われてきた既存のイメージをもう一度
おさらいさせていただきます。

クロモリ
①乗り味が良い。
②よく走る。
③乗り心地が良くて、よく走るけど重い。

アルミ
④軽い。
⑤大径にすれば剛性が高い。
⑥よく走るように作ると、乗り心地が極悪。
⑦乗り心地を良くすると、走りがスポイルされる。

プラスチック
⑧軽い。
⑨いろんな形に成型できる。
⑩量産に向いている。
⑪よく走るように作っても、アルミほど乗り心地
がスポイルされない。(ことがある)
⑫乗り心地を良くしても、アルミほど走りがスポイル
されない。(ことがある)

P1090173.jpg
鉄系合金の話を、書きたいだけ書き続けますと、

P1080572.jpg
きりがないというか、延々と、終わりがないようなことになってしまい
そうなので・・・今週は、最近常用し始めたアルミ系合金・に・・

アルミフレーム創成期は、剛性不足を克服することが課題だった
そうで、2000年頃はすでにやり過ぎていた??
ちょうどいいところを通り過ぎて、カーボンバックのお世話になっ
たとか・・・っと、先週も表記させていただきましたが、

薄肉化・大径化・素材自体も、7000系とかスカンジュームとか、
20世紀末から21世紀初頭には、軽くて剛性が高いことが、正義・・・
的な風潮になってしまい、加速のキレは向上するものの、生身の
乗り手には、長い時間乗っていられないシロモノに・・・

カーボンフォークとか、カーボンバックとかのお世話になり・・・
カーボンバックでもダンピングがたりなかったのか・・・
21Cタイヤを10気圧近くまで高圧にして、性能を上げていたタイヤが・・・
23C×8気圧前後にまで、しわ寄せを食らってしまいました。( ;∀;)
※最近もフレーム性能劣化のしわ寄せが、タイヤのファット化&低
圧化に・・・過ちが繰り返されて・・・まわる―まーわるーよ、時代は・・
業界の学習能力の○○さには・・・あきれるしか・・・

まあ、そうはいっても、2000年ごろはまだ・・・・
欧州の工房に、良識や長年の経験が生きていたので・・・

王子様
ピナさんデダッチャイアルミ+タイム製?フォーク&カーボンバック
の名車、王子様は・・・
乗り味も良く、優れたレース用フレームでした。
工房の良識とは・・・極端に軽さを求めない&過剰な剛性は求めない・・・
剛性バランスをしっかり整える・・・
そこのところ、ちょうどいいことが解っていると、イイモノができる
ということです。

閑話
ピナさんの名車、その後はマグネシュウムを採用するなど、金属製ハイ
エンドフレームとしては孤軍奮闘しておいででしたが・・・

どぐまAK
加工も大変で、職人技が要求されて量産がしにくかったり・・・
コストダウンが容易な、亜細亜OEMプラスチックフレームに駆逐されて
しまいました。( ;∀;)残念過ぎる😱
デダッチャイアルミも、デダッチャイAK61も、④~⑦というより
①~③って感じでしたネ!(*^^)v

閑話休題

おっさんの昔話はこれぐらいにしておいて・・・

DSCF1049.jpg
RL6ですが・・・これも
④~⑦というよりも①~③って感じです。
極端な軽量化に拘らずに、綿密で丁寧な設計を施せば、良い自転車
ができるという…
良識をもってマジメにイイモノを作るとこうなる。
持ったら軽くないけど、乗るとよく走る…
って感じでしょうか?

ただ、アルミ素材の場合、近年はコストダウンに励まないと商材と
しての競争力が低下してしまいますので、生産者も大変なのでし
ょう…綿密で丁寧な設計…やっていられないブランドが…
OEM先に依存して…安かろうわ○カロ○???…なものも…
鉄系でも書きましたが、「安く丈夫に」だと、走りの良さとか乗り
味の良さは担保するのが大変だと思います。
現状でも⑥か⑦のようなものが多いのは、仕方のないことと思
われます。(⑥より⑦が多いかな??)

話をRL6に戻します・・・

P1090007.jpg
カタログでは「RL9の乗り味を可能な限り再現した」
っと、ありますが・・・曲がり方とか、挙動はよく似ているけど・・・
質量差はそれなりにあります。

っで、走らないかといわれれば、さにあらず。
体重が不足気味で非力な小生が、全力で加速した際のペダリング
フィールは、

DSCF1167.jpg
RL9よりもRS9に似ているような・・・スルスルと望外な加速感が得ら
れます。
すごくよく走りますヨ!(*^^)v
アルミか、カーボンか?っというより、プロフォーマットか否か?
のほうが、大きな要素かも???

以上「フレーム素材再考?其の2」でした。


PS:前回にひき続き、駄文が長文になってしまいました。続きは近日
中に・・・m(__)m

DSCF1040.jpg
PS其の2:RL6に2世代型落ちの5700を搭載した自転車に乗って・・・
フレームやコンポの軽量化はもう充分・・・
とっ、いう思いがさらに強くなっております。

PS其の3:プロフォーマットか否かも大きな要素ですが、

DSCF0796.jpg
ネオコットか否かも、かなーり大きな要素だと思います。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/14 14:12

フレーム素材再考?其の1

昨日、1月9日は水曜日で定休日。
お天気にも恵ま???・・・

DSCF1281.jpg

午前中は・・・北上して・・・

DSCF1284.jpg
寒中サイクリングで、修行に励み・・・

DSCF1298.jpg
一瞬ですが、素敵な景色に癒され・・・

DSCF1296.jpg
悪条件下での、RL6の走りやすさも確認し・・・

午後は、小生もアキンド(商人)のはしくれですので・・

DSCF1304.jpg
お参りに行ってまいりました。

それでは、本題に・・・
昨年、終盤にRL6を稼働させ始めたことで、

小生が運用しているロードのフレーム素材が、

DSCF0901.jpg
鉄系合金のもの

DSCF1036.jpg
アルミ系合金のも

DSCF1160.jpg
炭素繊維強化プラスチックのもの

と、一般に、広く用いられている主要素材がそろい踏みとな
りました。
※ステンレススチール&チタン合金が抜けていますが、流通
量も極端に少ないので・・・m(__)m

アルミやプラスチックのフレームが市場を席巻し始めた
ころから、語られていた素材の特性について・・・
最新のものを運用しながら再考してみました。

これまで、業界でよく言われてきた既存のイメージは・・・

クロモリ
①乗り味が良い。
②よく走る。
③乗り心地が良くて、よく走るけど重い。

アルミ
④軽い。
⑤大径にすれば剛性が高い。
⑥よく走るように作ると、乗り心地が極悪。
※勝たせてやるから、乗り手が我慢しろ・・・的なフレーズが、
過去、誌面をにぎわせていました。(笑)
⑦乗り心地を良くすると、走りがスポイルされる。
※軟弱者は勝負から去れ!的なフレ・・😱

プラスチック
⑧軽い。
⑨いろんな形に成型できる。
⑩量産に向いている。
⑪よく走るように作っても、アルミほど乗り心地
がスポイルされない。(ことがある)
⑫乗り心地を良くしても、アルミほど走りがスポイル
されない。(ことがある)

と、まあ、こんな感じで異論は少ないのではないかと・・・

で・・・
現在の市場に出回っている製品に上記が当てはまるのか?
再考してまいります。

まず、小生の大好きなスチール系合金から・・・

DSCF0588.jpg
鉄→しなやか アルミ→シャキシャキ
2000年頃はそんな認識がありましたが・・・

永―くフレーム製作に携わっていた方の記事によりますと・・
スチールはもともと、生身の人間には過剛性な素材だったそうで、
生身に合わせて、剛性を低下させることが進化だったそうな。
薄肉化とか、3段バデットとか・・軽量化と合わせて、しなやかにする
ことにコストをかけていたそうです。(゚д゚)!

閑話
アルミフレーム創成期は、剛性不足を克服することが課題だった
そうで、2000年頃はすでにやり過ぎていた??
ちょうどいいところを通り過ぎて、カーボンバックのお世話になっ
たとか・・・(;^_^A

閑話休題

クロモリロードとして、十羽一絡げに、語られることが多くなって
いますが、①~③のイメージは、工房で乗り手に合わせて作られて
いたころの話なので・・・
吊るし(ストックオーダー)で量産されているモノには、当てはま
らなくなってきているように感じます。
PL法とか、EN規格とかに対応し、万民に大丈夫なように・・・
さらには、「過去の素材的なレッテルを貼られている感」が否めず、
コストを抑えないと買ってもらえない・・・
生産者も大変なのでしょうけど、乗り味に関してはゴツゴツして
イマイチなものが多くなりました。
ほとんどの量産品の場合「安く丈夫に」ですから、「乗り味」や
「走り」を担保することは無理でしょ!
難儀な時代になりました。( ;∀;)

幸運なことに、日本には、

P1020662.jpg
競輪という特殊な経済的環境が存在するので、職人さんにコストが
かけられたりするのかな??
特別に軽くはないけど、乗り味も、走りもいい感じのモノが、少数
ではありますが適正な価格で販売されています。(安くはない)

なので・・・
P1020653.jpg
スチールフレームは、競輪のフレームを生産しているブランドの
もので、安くはないモノを選ぶと、外れが少ないかもしれませ
んネ。(*^^)v

で、RNC7ですが・・・フレームそのものが、高性能で好性能なこと
に加えて、めくじらを立てて小生に最適化してありますので・・・

DSCF0714.jpg
疲れにくさ、人車一体感で、比較するバイクが思い当たりません。
アジリティでは、RS9の方が優れているように感じますし、フィー
リングに違いがありますが・・・

DSCF0914.jpg
花脊南側で、登坂タイムを計測しても遅れをとることはありません
でした。
登坂で問題がないのですから・・・
質量もそんなに気にしなくてイイ・・かな?っと・・・
販売店の店主にあるまじき考え方ですが、近年は、フレームやコ
ンポの軽量化にプライオリティーを感じなくなってきております。

DSCF0363.jpg
RNC7にR8000で充分に軽いので・・・(*^^)v
※軽量化に拘らなくなっているとは言っても、車輪外周部慣性最適化(リム&タ
イヤ質量)には拘っております。

疲れ知らずで、パワフルな乗り手に最適とは言い難いですが・・・
車輪等の選定によっては・・・意外と・・・

P1080607.jpg
レース用にもイケそうな感じがしてきております。

以上「フレーム素材再考?其の1」でした。


PS:駄文が長くなりすぎましたので、続きは次週にいたします。m(__)m

PS其の2:ネオコット(RNC7)が、特殊な加工を施したチューブを使用
しているので、クロモリ素材の再考になっていないかも??

PS其の3:
お参りの帰りに寄った高島屋さんに・・・・

DSCF1305.jpg
凄―い車両が展示されておいででした。

P1090193.jpg
ライトウエイトよりも・・・

DSCF1308.jpg
かなり高額に違いありません。

木製?コンプレッションホイールということでは、

P1060397.jpg
このお方の発展型なのでしょう・・・きっと・・たぶん。

DSCF1310.jpg
制動装置
ブレーキトラックの半径は・・・大きい方が・・・
制動力、制御性能ともに優れたものになるので・・・

車輪の外周部が泥だらけとかにならない場合は・・・

P1070068.jpg
できるだけ、外周部で制動したいですね。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/10 12:15

19年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

DSCF1235.jpg
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今年は・・・
DSCF1241.jpg
猪突猛進?な方が多くなる年なのかもしれませんが・・・

当店は・・・このお方の様に・・・

DSCF1251.jpg
慌てず、騒がず、じっくり・・・
フィッティングシステムをフル活用して・・・

DSCF1261.jpg
お客様に最適な自転車を提供できるよう、精進してまいります。
(当店でフレーム&完成車を発注する際、システム使用料は無料です。)

このシステム、最適なフレームサイズ&ステム長&コラムスペーサ―量の
目安として活用されておりますが・・・・

DSCF1270.jpg
RMZ(もう発注できません)の7段階もあった中から、最適な剛性を
判定するため・・・

DSCF1262.jpg
体力測定機能がございます。

で・・・
毎年この時期に、小生自身の経年劣化を測定しておるのですが・・・
このところ、劣化し続けていた最大酸素摂取量推定値が・・・

DSCF1267.jpg
一昨年よりちょっぴり向上しておりました。\(^o^)/

念のため・・・しっかり休憩してからもう一回やってみましたが・・・

DSCF1269.jpg
似たような結果になりましたので・・・
昨年よりいい状態なのだと思われます。

これもひとえに、この自転車のおかげと、感謝しております。

DSCF1256.jpg
身体に優しいので、たくさん走れます。(*^^)v
身体能力維持に効果的な・・・
最高の自転車です。

DSCF1210.jpg
新年も20日までセール継続中でございます。
体力測定の結果に、店主が気をよくしておりますので、
いつもより、さらにどんぶり勘定になるかもしれません。

今オーダーされますと、納期もいい感じですので・・・
春に使用する最適な一台のオーダーに・・・
最適な時期かと思われます。
是非ご利用くださいませ。(*^^)v

以上「19年もよろしくお願いいたします。」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/01/04 12:25

RR2Xで南下

表題とは異なりますが、年末年始の営業につきまして・・・
年内は29日まで営業しております。
年始は4日から通常営業させていただきます。
セールは20日までです。
是非ご利用くださいませ。(*^^)v

では本題に・・・

昨日12月26日は水曜日で定休日。

DSCF1181.jpg
R1Xを装着したニュートロンと組み合わせたRL6が、とーっても
良く走る・・・と表記しましたら・・・

「タイヤも車輪も飛び道具使用して、良く走ると言われ
ても、フレームがいいとは限らん!」っと、
ありがたーいご意見を多数いただきましたので、

DSCF1215.jpg
タイヤをRR2Xに装換して同じコースを走ってまいりま
した。

DSCF1213.jpg
25CのRR2X・・・R1Xに対して、すこーし重量増ですが・・・
ラグジュアリーな乗り味が心地いいです。

加速は・・・ちょっぴり緩やかになる(対R1Xで)でしょうか?
それでも・・・

DSCF1218.jpg
貧脚の小生が気持ちよく加速できるので・・・

RL6フレームセットの優秀さは揺るがないと・・・
自信から確信に変わりました。\(^o^)/

加速はちょっと、緩やかになるものの・・・

DSCF1221.jpg
平地での巡航速度維持は、RR2Xの方が容易だったりします。

DSCF1222.jpg
ほんとうによくできたロングライド用バイクです。

以上「RR2Xで南下」でした。

PS:先月からサイクルスポーツ誌がリニューアルされて・・
Y氏の記事に・・・かなーり本音?が漏らされるようになって
きたと・・・驚いておりましたら・・・
今月号はさらに過激に(゚д゚)!本音?のようなこと?
が・・・たくさん書かれていました。(;^_^A
円盤だけでなく、タイヤの話も、もっと本音で書いていただ
けるとありがたいです。(;^_^A

PS其の2:RL6の高性能&好性能ぶりをブログで表記する
ようになってから、よく聞かれる・・・
「RNC7と、どっちがイイの?」との質問には・・・

DSCF0901.jpg
小生に限った場合、「RNC7と比較したくなるロードは、市場に
存在しません。」っと、お答えしております。

ロードバイクは、乗り手との相性や、使用環境、使用方法等に
より、最適なものが代わってまいりますので、RNC7が万民に
サイコーの一台という訳ではありませんが・・・
皆様に味わっていただきたい逸品です。(*^^)v
あと、RNC7フレームセットは、サイズ展開がきめ細かなもの
になっておりますので、

P1070279.jpg
アンカーフィッティングシステムの使用をお勧めいたします。
当店で発注する際、システム使用料は無料です。(*^^)v
是非ご利用下さいませ。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/12/27 15:31
 | HOME | Next »