ササリ峠 風は秋色

昨日(8月29日)は定休日ということで、毎度おなじみ
のサイクリングに出かけてまいりました。

表題の「風は秋色」で一世を風靡したアイドルを思い出した方、
そろそろ筋力の衰えと戦い始めているのではないでしょうか?
小生もこの数年、絶対的な筋力の低下をしみじみと感じておりま
す。
まだまだ老け込むわけにはいかないので、暖かい間は、せっせと
峠を登るようにしております。

運動不足気味の方は、より定期的な運動を行うことをお勧めしま
す。(休日のロングライドは超オススメ!)

競技に参加されている同年代の方は、そろそろ、無理な負荷をか
けすぎないよう、お気を付けくださいませ。(健康第一!)

さて、ササリ峠に向かう場合、美山側から回り込むコースと、花背
経由、広河原スキー場側のコースがありますが、小生はトンネルを
通りたくないので、花背、広河原側を愛用しております。

花背峠を登りきると・・・やはり気温はこのとおり
P1010531.jpg
(帰路ではさらに1度下がって22度!)
P1010532.jpg
花背農協前も薄曇りで快適!
P1010534.jpg
あまりに気持ちいいのであっという間にスキー場前
P1010535.jpg
この高低差を1回のターンで登ります。(踏みごたえあり!)

距離も短く、勾配もそれほど厳しくないので意外とあっさり登れま
す。
P1010536.jpg
登りきるとここから先は南丹市

さらに下ると美山方面へ、この先の景色は最高です。が・・・・
スキー場から登るとそれほど厳しくないこの峠、美山側からだと
長い長い(永い永い)、厳しい登坂となります。花背の南側並みの
気合と体力を必要としますので、折り返して帰る予定の方は、体力
と時間余裕と相談してから下ることをお勧めいたします。

小生はといいますと、最近の暑さに体重が減少気味でしたので、こ
こは下らず、スキー場側へ下山しました。
P1010537.jpg
スキー場から数キロは、なだらかな下りのワインディンロードになり
まして・・・・小生のような貧脚でもロードバイク本来の性能を満喫す
ることができます。
P1010538.jpg
気分はTTを走るカンチェラーラ!!

RFX8で走っていたのですが、この区間だけはRIS9で走ってみたい
です。(ここなら過剛性のバイクを楽しめるかも?)

とにかく刹那的な快楽に浸れる区間です。

ただ、まだ花背北側の登坂が残っておりますので、体力の余裕をもっ
て走ることをお勧めします。

以上、休日サイクリングの報告でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/30 10:45

刺激的なチネリはいかがでしょうか?

相変わらず、残暑が厳しいですねー
みなさま、お元気でしょうか?

小生がメインに使用している自転車がアンカーなので・・・
ついつい、紹介する車種がアンカーに偏っておりますが・・
当店では、ダイナソア(株)様が輸入されているイタリアン
なバイク、パーツ(チネリ、カレラ、サンマルコ他)
フレンチなバイク、パーツ(タイム、ハッチンソン)
さらにスペインのオルベアも販売しております。

現在のところ、店頭にはチネリのエクスペリエンスと、オルベ
アのアクア、サンマルコのサドル、タイムのペダルが展示中で
す。是非ご来店ください!!
P1010443.jpg

本日紹介させていただくのは、現在では珍しいぐらいオーソ
ドックスなアルミロード、チネリ エクスペリエンス! 

昔はとんがった加速を売りにした7000系アルミのフレームが
各社からハイエンドマシーンとして世に送り出されておりまし
たが、カーボンフレームの台頭とともにアルミ、イコール、廉
価、そして入門機へと変貌を余儀なくされ、現在では若干コンフ
ォートな6000系アルミが主流になりつつあります。

ロングライドが主な使い方であれば、6000系は賢い選択です
が、アルミフレーム特有の加速感は7000系に軍配が上がるも
のと思われます。

このエクスペリエンスも7000系のトリプルバテットされたコロ
ンバスのフレームに、カーボンフォークがセットされております。
ワイヤー類は3本(FRシフト、Rブレーキ)ともチューブ内臓で、
モダンな設計!
ハンドルバー、ステム、シートポスト、サドルはチネリオリジナル。
メインコンポはカンパのベローチェ!
そして、チネリならではのこのルックス!!
この、スペックで価格は20万円を切っております。

強い刺激をお求めの方にお勧めの一台です。

以上、今では珍しくなった入門機ではないアルミロードの紹介
でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/28 12:35

禁止薬物

半端でない残暑の今日この頃
みなさまお元気でしょうか?

あっ、今日は鈴鹿ですか、んッ、乗鞍ですか?

そういえば、今朝(8月26日)エブミ峠方面を走っておりま
しても、こころなしかロードで走られている方の姿が、いつ
もより少なかったような??気のせいでしょうか?

そのかわりといってはなんですが、ドカティ、ビーエム、のエ
ンジン付き二輪でツーリングしている方々をながめて、リッチ
でキモチヨサソウダナーっと眺めておりました。

P1010501.jpg
大原の里の駅も朝から気温が高く、測ったわけではありませ
んが、10時の段階で30度は超えていたものと思われます。

皆様、こまめに休憩、給水、燃料(食べ物ですよ)補給をして、
体調を崩さないよう、お気を付けください。

補給といえば、最近のサプリメント、スポーツ飲料、エネルギー
補給食品等は、携帯しやすいものも多く、サイクリストにとって
便利なものが手に入るようになってまいりました。

スポーツ科学に基づいた効果的な商品であることをアピール
したものも多々あり、心理的効果を除いても、体調に大きく影響
が感じられる(効果がある)ものがけっこうあります。

健康補助商品の類のなかには、競技上禁止薬物まがいなものも
あるようで、公式のレースに参加される方は成分を確認したほう
がいいかもしれません。

スポーツ科学といえば・・・・ツールで7連勝した方のドーピングが話
題になっておりますが、スポーツ科学とドーピングの区別といいま
か、線引きも難しいもので・・・・
数十年前に体育大学の健康学科で勉学に励んでいた小生は、「ル
ールで禁止されているリストに載っている、成分、もしくは行為を行
っているか否か」と、解釈していたのですが・・・・・・
10年ほど前の冬季オリンピックで、リストに載っていない薬物「ダー
ベポエチン」を使用した選手がドーピングでメダルを剥奪されてし
ましました。

「ダーベポエチンは造血作用のあるエポと効果が同じ」とのことで、
上記のようなことに・・・ リストに載っていない成分でも効果が同じ
であればアウト! なんだか、釈然としなかったことを覚えており
ます。

まあ、ホビーでサイクリングを楽しんでいる分には、ドーピングチェ
ックとは無縁でいられるのですが、風邪をひいても薬が飲めない一
流選手は気の毒です。

先ほど、公式のレースに出られる方は成分をうんぬんと書きましたが、
暗記は無理のようです。すごい数!
http://www.playtruejapan.org/downloads_list.phpでリストをダウン
ロードできます。

遺伝子とか、チェックを妨害する化学物質とか・・・・最近の一流選手は
大変そう・・・・

本気でチェックしようとしたら、選手のプライバシーも何もあったもで
なさそうだし、何か月も監視できるわけでもなく・・・・
この手の問題はオリンピック等のスポーツイベントがある限り無くなら
ないのしょうねー

趣味で、フィットネスでサイクリングを楽しまれている方はマネをしない
ように、異常に速く走れても、異常に遠くまで走れても、健康を害してし
まったら、本末転倒です。

女子短距離のジョイナー選手も亡くなってしまったし・・・超人的な記録
と引き換えに失うものは・・・・失礼ッ!この方はドーピング白でしたね。
このお方が白ナンデスヨネー、ジョンソン選手はアウトだったのに・・・

以上、ドーピングに関する店主の独り言でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/26 14:18

今日も暑いですねー
でも・・朝のうちはかなり涼しく、雲ケ畑あたりをのんびり
走っておりますと、気持ちのいい贅沢な時間を過ごすこ
とができました。
P1010529.jpg

今朝(8月25日)のプチサイクリングにはスチールフレー
ムのチネリ、スーパーコルサで出動!

現代の良くできたカーボンフレームと比較しますと・・・
加速、高速巡航、登坂、全てに劣ります。
が、独特の乗り心地(乗り味)には何とも言えない高級感が
あります。

とーってもお勧めの一品なのですが、先日輸入代理店様
に納期を確認したとところ、1年~1年半程待っていただけ
れば入手可能とのこと・・・・今発注して、来年の秋に乗れる
かも?

また、スレッドステムも気に入ったモデルの適正サイズを入
手するためにはかなりの根気が必要になることもしばしば、
ヘッドパーツもしかり、
※よく似合うクランクもコンポもとーっても高価!!
現行コンポではカンパのアテナがいいでしょうか?
小生は9速のころの曲線がすてきなアルテを使用しておりま
す。

よほど覚悟をきめないと(開き直らないと)購入できない、
素敵な商品です。
※待つ価値のある一品、待ってる間もわくわくするかも?

そんなに待っていられない・・・
この秋にスチールフレームの乗り味をお求めの方には、こちら
のモデルがお勧め。
P1010507.jpg

RNC7
スーパーコルサよりも、モダンでちょっぴり軽量、最新コンポも
違和感がなく、カラーオーダーも可。
完成車で購入する場合もステム長、ハンドル幅、ギア比が選択可
能な消費者にたいへん優しい商品です。
※さすが日本のメーカー!かゆいところに手が届いています。

写真の商品はトップチューブ529ミリ、ステム長90ミリ、ハンドル
幅420ミリ(外-外)フロントコンパクトクランク、スプロけ12T
-25T 身長170センチ前後の方にフィットするかと思われます。
当店在庫のこのモデルでしたら、納期は1週間以内、オーダーで
取り寄せの場合は9月中旬以降のとなっており、早めにご注文い
ただければモミジの季節に間に合いそうです。

以上、なかなか手に入らないチネリと、1カ月半ほどで入手可能な
スチールモデルの紹介でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/25 14:46

花背峠でアルプス、ピレネー気分!

毎日猛暑と半端でないにわか雨(豪雨?)になやまされて
おりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨日(8月22日)は定休日で、北山方面でサイクリングを楽し
んでまいりました。
P1010526.jpg

鴨川を遡上し、MKの前を通過するころから若干、涼しさを感
じながら走っておりましたが、エブミバイパスの入り口(雲ケ
畑に向かわずクリーンセンター前へ)の温度計は31度を表示!!
いつもより気温が高そう・・・・軽めのギア、低めのケイデン
スで慎重に鞍馬へ。

温泉を過ぎたあたりから木陰が心地よく、ちょこっとだけケイ
デンスをあげて、楽しい楽しい花背峠へ・・・・・

浄水場を過ぎたあたりで34T×25Tにギアをセットしてから頂
上までSTIレバーはお役御免。 時速10キロ以下と思われる(小
生のRFX8メータレスです)楽ちんペースでナメクジのように登
っておりますと・・・・後方から速―い自転車がくるはくるは、真っ
黒に日焼けした強者が次々と高額な自転車を見せつけ視界か
ら消えてゆきます。

一台目、ピナ○レロ度熊年式不明、におそらくカンパニョーロの
コンポ、ホイールはボーラ、あっという間にいなくなるので、細か
いパーツは不明、推定三ケタ万円?

二台目、トレッ○真度ンシートステーにブレーキがなかったので
2013年モデル???もう走ってるんですねー、びっくり!
ボントレガーと思われる真っ黒なホイール、2013年モデルとい
うことだけであっけにとられてしまい、コンポまで見てません。
※もう走っているということは2012年レートモデル、もしくは
2012サマーモデルと呼ぶべきと思うのですが・・・・

三台目、小生と同等のリーズナブルなフレームにアルミリム、駆
っていた方の筋骨隆々な姿に嫉妬しながらも、自転車を見て一
安心? 登坂したら下らなければならないので、アルミリムのホ
イールが一番!!

四台目、トマジー○のクロモリ車、手組のホイール、カンパのコンポ、
おそらくチューブラータイヤ、
この方のみ小生が追い越させていただきました。
この自転車、むちゃくちゃ綺麗に手入れされてかっこよかったー。

五台目、エスワーク○、多―真ッ九、
六代目、ピナレ○、
七代目、観音デール、
たかだか30分の間に何台ぬかれているのか?・・・・・・
※素敵な自転車を鑑賞させていただき、アルプス、ピレネー気分を
味わえました。

のんびりヒルクライムを終えるとそこは天国!
P1010520.jpg

11時過ぎてこの気温!気持ちいいです!!
※帰途に確認した13時過ぎでも26度で快適!!

北側の下りはプールで泳いでるかのような涼しさ!
夏は花背峠が最高!

農協までくだってみると30度を超えており、
P1010522.jpg

頭の中では井上揚水様の夏の定番がながれて気分も盛り上がり・・・・
※イントロはビートルズみたいな例の気持ちいい曲です。
P1010524.jpg

477号をウッディ方面へ、
P1010525.jpg

この区間はロードの性能を満喫できます。是非お試しあれ!!

以上、店主休日サイクリングの報告でした。
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/08/23 11:35

ツール使用機材、2013年モデルについて

昨日、帰宅途中に寄った本屋さんで衝動買いした某有名
自転車雑誌を見ながら、2013年モデルの傾向について・・・

P1010519.jpg
※小生が愛用し、当店でも販売しているアンカーの広告が、背表
紙!

ロードバイクに乗ることが楽しくて、楽しくて、自転車屋まで
開業してしまった小生・・・・、この季節の本屋さんはツール
ものの雑誌がフトコロを軽量化してくれます。

ウエブでもっと詳しい情報が入りそうな昨今ですが、紙メディ
アで育った世代なので修整できそうにありません。

さて、ロードバイク 2013年モデルではブレーキとフレームのエア
ロ化が話題になっているようで・・・・
油圧ディスクブレーキ、一体型?直付けエアロブレーキ、
※そうそう、リアブレーキがBBへ移動したモデルも・・・
※油圧ディスクはUCIのレギュレーションに引っかかるとか・・・

仮想テールのこれまでよりは熱帯魚っぽくないフレームのエアロ化、
エレキ変則対応フレーム、
ユーロ安をちょこっとだけ意識した価格の高級フレーム

かなり派手な変更(進化?)を行っているメーカー様が多々見受けら
れます。

で・・・黄色いジャージを獲得された方のバイクは・・・
主に使用されたのが2012年モデルの度熊二、
シャンゼリゼでは2013年型だったそうで・・・

緑色は・・・スーパー六江簿

赤い水玉は・・C五九

???どのモデルもエアロについてはそれほど強く主張していない
フレームにブレーキもオーソドックスなもの・・・・・

やはり勝負がかかると使い慣れたものがいいのでしょうか?それとも
エアロ効果は重視していないのか?
※度熊二はその前のモデルよりもフラッシュサーフェース化により空力
が改善されていました。
※スーパー六江簿は、スーパーオーバーサイズ化されていたヘッドパー
ツの下ベアリングを小さくして最適化を図り、空力を改善したとか・・・・
元に戻ったともとれますが・・・

ちなみに山岳が始まる前に黄色いジャージを着用されていた方は、悪路
でのアドバンテージを目途に開発された度真―弐
同メーカーの真度ンと比較すると目方と空力でほんの少し(若干)劣り、乗
り心地でかなり優れているモデルをチョイス!
※3週間も競争するのですから、疲れないことも重要な性能なんでしょうね。

オーソドックスなものが大好きな小心者の小生は、大胆な変化に面食らうほ
うなので、頂点を極めた方々がこのような選択をしていると、ちょっと嬉しく
なります。

でも・・・ロードバイクはルックスも重要! 究極のエアロ化を施したマシンは
カッコいいものが多々あり、とても魅力的です。
当店で取り扱いのあるものでは、タイムのロード、オルベアのTTフレームあ
たりが、「宝のもちくされ」「猫に小判」といわれることは覚悟で所有してみ
たい・・・走ってみたい・・・一品です。
ただ・・この手のフレーム・・・・サイズが大きいと恐ろしくカッコいいのですが、
小生のサイズですと・・・・悲しい・・・

話は変わりますが、空力の話で驚いたのがヘルメット!!
空力を重視して通気口の少ない(前は穴のないモノも)ヘルメットをTTでない
ステージで使用していたのには驚かされました。
頭部の温度上昇と、空力、・・・どっちをとるのが有利なのか?日本とは気候が異
なるので想像もできませんが・・・欲しくないなー  でも、冬のサイクリングロー
ドでは暖かいかも?
TT用のヘルメットも少し現実的な形状になっていて、こらなら下を向いても大丈
夫!
昔のモノは後部にとんがった長いテールが存在し、ちょっと下を向いただけで強
力なエアブレーキと化していましたが・・・・
最近のTTはフォームも前乗りが進んでいて、ヘルメットのテールも短いほうが
いいのかもしれません。

理由はともあれ、TT用ヘルメットの形状変化はホビーライダーにも扱いやすい変
化なので、一度試してはいかがでしょうか?

長々とまとまりのない感想ばかり書いてしまいましたが、最後に小生の店で一番空
力の優れたフレームは?と、見回してみますと・・・・
これでしょうか?

P1010507.jpg
RNC7
チューブが細いので、前から見た面積が小さいことはもちろん、横からの風に対して
も優れた空力性能を発揮します。(冬場に木津川、桂川サイクリングロードを走る小生
にとって横からの突風対策は重要です。)

P1010508.jpg
ネオコットの特徴的なヘッドチューブ接合部はちょこっと整流効果が期待できるかも?
できませんか?

ここまで最新型に消極的なことばかり書いてしまった小心者の小生ですが、ツールの
画像にもほとんど登場していないような最新型を仕入れます!
「9000系ヂュラエース」※ヒモ引き変速のほうです。
初回導入分は年末ごろ展示される予定です。
今回はリアホイールも必要になりますので、購入予定の方は早めにご予約を!!

以上、2013年モデルに関する店主の独り言でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/21 12:13

アンカーRFX8スペシャルカラー展示中です。

18日は凄い雷雨で・・・皆様、自転車の具合はいかがでしょうか?
というより、お体の具合はいかがでしょうか?

小生はといいますと、サイクリングは午前中に切り上げておりま
したので、事なきを得ましたが・・・・営業中に向かいのファミマの看
板が見えなくなるほどの豪雨!走行されていた方はかなり危険
な思いをされたのではないでしょうか?

今朝(19日)はエブミ峠を通って、大原、里の駅まで行ってまいり
ましたが、がけ崩れもなく、普通に走行可能でした。このままお天気
が大きくくずれないことを祈るばかりです。

P1010455.jpg
小生がサイクリングに使用しているこのモデル、
フレームはブリヂストンアンカーのRFX8
コンポは7900(ペダル7810、ホイール7850)
ステム、ハンドルバーはシマノプロPLT、
シートポストはデダ、サドルはサンマルココンコールライト、
タイヤはヴィットリアを使用しておりますが、路面温度が落ち着くころ
にエクステンザのハイグリップに変えようと思っております。
(※猛暑時のハイグリップタイヤは消耗が激しく、走行抵抗も大きくな
るので・・・)

体重53キロ、一生懸命漕いでも200ワットほどの小生には十分な剛
性と、最高の乗り心地!!
体重の軽めの方には万能のフレームかと思われます。

P1010464.jpg
開店記念で特価(約20%オフ)のこのモデル、
コンポは105ですが、フレームは小生のモノと同じRFX8です。
こちらはスペシャルカラーが施されており高級感もかなりのもの。

サイズは480、トップチューブ長(水平換算)534ミリで身長170
センチ前後の方にお勧めです。

カタログではロングライド、ヒルクライムに最適とありますが、体
重が軽めの方でしたらレース参戦も可

以上、特価車の紹介でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/19 12:22

これはなにかといいますと・・・

毎日 暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお
過ごしでしょうか?

猛暑!っと言っても過言ではないこのごろ、
来店くださるお客様の中にはレーサージャージを汗だ
くにして、真っ黒に日焼けて、気持ちよさそうな強者
が多数いらして、ゆっくりヒルクライム、のんびりロ
ングライドを楽しんでいる小生は目を丸くしておりま
す。

暑い時でも強い方はガンガン走っていらっしゃるよう
です。
※熱中症等にはお気を付けくださいませ。
P1010487.jpg
さて、このメモリのついた機材、

何を測る機械かと申しますと

股下サイズ(ようするに足の長さ)を測定する機材で
して、身長と股下サイズで、適正サイズのフレームを
選定するために使用しております。
P1010486.jpg

アンカーのカタログには、各モデルごとに身長と股下
サイズによって、適正フレームサイズが解るマトリッ
クスの表が記載されております。

トップチューブ長も併記されておりますので、他社の
フレームサイズを選定する場合にも参考になります。

※身長をについては測定器を用意しておりませんので、
あらかじめ数値を確認しておいてください。
また、フレームのタイプ、剛性等の選択には、体重も
関与しますので、あらかじめ数値を確認しておいてい
ただけると、助かります。

股下サイズ測定は無料でできますので、フレームサイ
ズで見当のついていない方は是非ご利用ください。

以上、股下測定器のご紹介、ならびに、無料測定キャ
ンペーン(期限があるわけではありませんが)の報告
でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/17 10:13

8月14日お盆のお休みをいただきます。

朝からすごい雨と雷!
降ったりやんだりのお天気ですが、皆様いかがお過ごし
でしょうか?
P1010443.jpg
当方の都合で誠に申し訳ありませんが、明日8月14日
はお盆のお休みをいただきます。
明後日の15日も水曜日で定休日となりますので、連休
になります。
※16日以降は通常通りの営業となります。

さて、ブリヂストンサイクル様よりアンカーの納期につい
てお知らせをいただいているのですが、8月9日時点の注
文でも9月上旬、もしくは9月下旬以降となってまいりま
した。

秋の気候のよい時期に使用する予定の方は、早いうちのオ
ーダーをお勧めいたします。

以上、8月14日お休みと、アンカー納期の報告でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/13 11:36

ウエットな路面にハイグリップタイヤ

本日も午前中は雲ケ畑方面を走ってまいりました。
ところどころウエットな路面でしたので、慎重に、ナ
メクジのよう、ゆうーっくりと・・・

プロ並みな技量の持ち主には関係ないかもしれませ
んが、このようなスリッピーなコンディションにお勧め
のタイヤを紹介いたします。

まずはハイグリップタイヤの定番中の定番
ミシェランプロ4
P1010517.jpg
超高性能クリンチャータイヤ、レースを目的としており
ますので、耐久性については大目に見てください。
ドライではヴィットリアエボCXに対して走行抵抗の面と、
チューブラーもどきなしなやかさでは、分がないかもし
れませんが、ウエット路面では圧倒的なグリップを発揮し
ます。
このタイヤ、乗り心地を求めて、若干、空気圧を下げて
も極端に走りにくくならない懐の深さがあります。

ハイグリップなことではおそらく敵なし!
ブリヂストンエクステンザRR1 ハイグリップ
P1010516.jpg
こちらのモデル、プロの大トルクにも負けないため強力
なグリップを与えられたレース用クリンチャータイヤで
すが、小生のように技量の低い者にとっては、安心感、
安定感をあたえてくれます。やはり、滑りにくいことは
万民に嬉しいことかと思われます。
ただし、グリップと引き換えに、走行抵抗もRR1Xよりも
大きくなるとのこと。
また、適正空気圧での性能は目を見張るものがありま
すが、空気圧が低めになると極端に走行抵抗が大きく
なります。
乗り心地のため空気圧を低くすることはよろしくない
かと・・・
やはり、レース用なので耐久性は大目に見たほうがい
いかも?

どちらのモデルもドライ、ウエットともに他を圧倒するハ
イグリップを発揮しますが、ドライでも細かな砂を拾って
しまうと、グリップが低下しますし、濡れた鉄板、グレージ
ング上では、やはりとても滑りやすくなりますので、ご注
意を!

ちょっと高価ですが、是非お試しを!!

以上、ウエットにおすすめハイグリップタイヤの紹介でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/11 15:04

フレーム素材に関する考察

先日(8日)に神戸のちょっと西まで行ってまいりました
※自転車ではなく自動車で・・・・・
P1010513.jpg
乾燥した空気、適度に湿った海からの風、やはり気持ちい
いものです。

景色も抜群で・・・・
P1010511.jpg
この風景の構造物、ほとんどがスチール製です。
大きな橋も、大きな船も、主要な構造材は鉄!!
やっぱり、耐久性の求められるものを、経済性を考慮して
作ると、鉄に落ち着くんでしょうか?
P1010477.jpg
このRNC3はRNC7よりもリーズナブルですが、
カタログにも表記されている通り、剛性ではRNC7を凌
駕しております。
筋力のある方がダッシュした場合加速が鋭いのは、RNC
3??なぜ、このような下剋上が発生するかといいますと
、チューブの肉厚がリッチで、チューブ1本1本の剛性が
高いことに所以します。
肉厚がリッチ、ということは、船や橋ほどではありません
が耐久性にも優れるということで、素敵なことばかり・・
といいたいところですが、肉厚がリッチということは目方
もリッチといううことで・・・船や橋のように目方は大目
に見てやってください。

重量に思いを巡らしておりますと、頭上に飛行機!
P1010515.jpg
この手の機械は目方を大目に見るわけにはいかないので、
主な構造材にアルミニュウムが多用されております。
燃費追及のため、さらなる軽量化をめざし、最新式のもの
はカーボン等、複合材を多用するものもあるようです。
※アルミ→カーボンで燃費良くなるのですね。自転車もカ
ーボンだと少ないカロリーで遠くまで行けるのでしょうか?
P1010510.jpg
少ないカロリーで遠くまで行けそうなこのお方・・・
主要構造材は、カルシュウム、アミノ酸、等々
カルシュウムフレームとか乗り心地よさそう!!
血管使って補修し続けることが困難なので、無理ですかね。

以上、気持ちいい休日に、フレーム素材について考察した
、店主の独り言でした
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/10 12:40

アンカーRNC7入荷しました!!

永―く乗り続けたい方に
P1010507.jpg
アンカークロモリネオコットの決定版!RNC7入荷!!
カラーオーダー対応のため入荷が開店に間に合わなかった
RNC7、入荷しました。
トップチューブ長は529ミリのサイズ520
※このタイプのフレームは水平換算とか書かなくていいの
がうれしいというか、懐かしです。堀存樽すちーるふれー
むは見た目が・・・素敵です。
P1010508.jpg
P1010509.jpg
スチールフレームとしては最速の部類に属するモデルですが、
昨今の良くできた、高級カーボンフレームと比較しますと・・
重量、反応ともに若干(かなり)??劣ります。

耐久性につきましても、よく走る人の場合、カーボンより早く
やれることも否めません。(安価なカーボンフレームは最近出
回ったばかりなので、スチールより耐久性があるか否かは存
じません。あしからず)

このモデル最大の魅力は、やはり乗り味!!
小生、愛用のチネリスーパーコルサよりもモダン(設計年次が
恐ろしく違うのであたりまえなのでしょうね。50年以上前のも
のと、20年ほど前のものです。)で、これも小生、愛用のRFX
8より落ち着いた乗り味。琵琶イチとかに使用すると幸せな時間が
過ごせそうです。

また、革新的な新型が、次々と開発されるカーボンフレームとは
一線を画した世界。満足感が永―く続きそうです。
※プレスフィットBBとか、リアブレーキがBB下とか、ヘッド
チューブが土管(失敬)みたいにオーバーサイズ化されるとか、
は、なさそうな気がします。

ゼッケンをつけて競技に参加される方には、RIS9や、RCS6
がお勧めですが、フィットネスでロングライドに使用される場合は
RFX8と双璧をなす、お勧め商品です。
以上RNC7入荷の報告でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/09 09:48

アンカー RIS9フレームセット入荷しました。

速―く走り続けたい方に

アンカーレディーメードモデルの最高峰RIS9入荷!!
カラーオーダー対応のため、入荷が開店に間に合わなかっ
たRIS9フレームセット、入荷しました。
トップチューブ長は535ミリのサイズ490
※トップチューブ長は水平換算
P1010503.jpg
当店取り扱いの中では、最速の部類に属するというか、おそ
らく最速のモデルです。
いわゆる、昨今の良くできた、高級カーボンフレームになり
ます。
P1010505.jpg
※UCIのお墨付き!

対抗機種としては、ピナ○○のパ○とか、トレ○○の6シリ
ーズ5シリーズあたり、スペシャ○○○○のターマッ○プロ
あたりでしょうか?(Sワー○○はプロ用と割り切れば異次
元の性能かと・・・小生は感じております。)
どのモデルもとてもよくできているで、甲乙つけ難いのですが、
RIS9最大の魅力は、やはり乗り味と、走行性能の絶妙な
バランス。
純粋な競技用モデルとしては、乗る人を選ばない?万民に乗り
こなすことのできるタイプと思われます。

小生、愛用のRFX8より明らかに鋭い加速!ちょっとダイレク
トなロードインフォメーション、ほんの少し軽量。

のんびりロングライドには、正直なところ適しておりませんが、
正確なぺダリングを心がければ、琵琶イチも対応可。
(正確なぺダリングって結構難しいですけど)

最近流行のエアロ形状ではありませんが、アンカーのカーボンフ
レームは、他社の製品と比較しますとかなり細めのチューブを使
用しているので、元から空力面で大きな問題はないものと思われ
ます。
他社製品の場合、恐ろしくファットなチューブを駆使することで
剛性と、超軽量性を両立し、空力を犠牲にしていた感があったの
で、改善の余地があったのではないかと小生は考えます。・・・
(細身のチューブを使用していることは、マイルドな乗り味に貢献
しているはずですが、超薄肉超メガチューブのものと比較しますと、
重量面で不利なことも否めません。)
100グラム?200グラム?程、RIS9よりも軽量なモデルは
数機種ございますが、その分耐久性は・・・・と考え、
自腹で自転車を購入されているホビーレーサーの方にはコチラのモ
デルがお勧めです。

レース用としてはこの上なくよくできたRIS9、高性能なコンポ、
高性能なホイール等で組みますとかなりのお値段になってしまいま
すが・・・同等性能の他社製品と比較しますとリーズナブル?かも
しれません。

以上 高性能レーシングフレーム入荷の報告でした。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/07 13:51

8月14日お盆のお休みをいただきます。

P1010455.jpg
盛夏真っ最中のこのごろです。
熱中症には十分に気をつけてサイクリングを楽しみましょう。


自転車は走行していると、常に風を受け、体が冷却されてい
るので、ランニング等と比較して、なんとなく長時間走り続
けることが可能だったりします。が・・・・

あまり暑く感じないことをいいことに油断しておりますと・・
風を浴び続けて気持ちいいということは、汗が乾き続けている
ということなので、脱水症状に陥る危険性がございます。


こまめな水分補給と余裕を持った走行を心がけましょう。

さて、開業間もない当店ですが、あつかましくも、お盆のお休
みを8月14日にいただきます。翌日が水曜日で定休日となっ
ておりますので、連休になります。来店を予定されていらした
方々にはご迷惑かと存じますが、なにとぞご理解賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

さらに11日から16日に当店の取引先様が夏季休業されます
ので、在庫の確認、納期の確認等に普段よりお時間をいただく
こととなります。

ネガティブな案内ばかりで申し訳ありません。

しかし、今週はアンカーのRNC7、RIS9フレームの入荷
が予定されております。入荷次第ブログにUPいたしますので、
現物に興味のある方は是非ご来店ください。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/07 10:17

今朝も里の駅は満車

本日も休日恒例のプチサイクリングに行ってまいりました。
P1010501.jpg
大原 里の駅からの風景です。(AM9:00頃)
今日もいいお天気!!
かなり大勢のサイクリストを見かけました。

この時間帯に北山方面に上っていく頃には、もう走り終えて
帰途についている方も多数いらっしゃって、やはりこの季節
は、早朝のうちに気持ち良く汗を流しているようです。

賢者の選択ですね。

さて当店はというと、カラーオーダーのため入荷に時間がか
かっておりました展示車の目玉商品、RNC7、RIS9フ
レームが来週中に入荷しそうです。
入荷しましたらブログにUPいたしますので、興味のある方
は是非ご来店ください。(来週の入荷予定です。)

以上、プチサイクリングと、目玉商品入荷予定の報告でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/05 10:57

土日祝祭日は12時より営業しております。

本日も晴天なり・・・・
これだけ天気がいいと、出勤時にこのままサイクリング
に行きたくなってしまうのですが・・・
P1010500.jpg
葵橋から北を望むと、北山方面に向かいたくなります。

ちなみに、土曜日、日曜日祝祭日は12:00からの営
業となっておりまして、午前中は何をしているのかとい
いますと・・・プチ・・サイクリングに出かけておりま
す。(商売に不真面目で申し訳ありません。)

この季節、午前中でしたら、雲ケ畑、大原方面あたりま
で走って帰りますと、開店時間までに余裕で帰ってくる
ことが可能です。しかも午前中のこの方面は下鴨北園町
よりかなり涼しく、快適です。
気温が上がり始めるころには、折り返して緩やかな坂を
下ってまいります。・・ほとんど漕がずに、風を浴び続
けることになるので、快適この上ない時間を過ごすこと
に・・・・

暑さが厳しいこの季節、午前中のみの北山サイクリング
はお勧めです。

当店、土日祝日は12:00~の営業、定休日は水曜、
お盆、年末年始となっておりまして、このお盆は14
日火曜日にお休みをいただきます。

みなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/04 11:37

洛南高校男子陸上部おめでとうございます!!

本日の下鴨北園町、晴天です。
また体温みたいな気温になるんでしょうねー
みなさんお元気でしょうか?

オリンピックも着々と(テロとかもなく)順調に
競技が開催されておりますが、いよいよ陸上競技
が始まります。
※小生、学生のころは陸上競技部に所属しており
まして、「いよいよ」というのは個人的な感覚な
です。・・・・

陸上競技、日本チームは、水泳のようにメダルラ
ッシュとはいかないものど思われますが、代表選手
のみなさんが納得のいく記録、順位を達成される
ことを祈念して応援しております。

陸上といえば、洛南高校の男子陸上競技部がイン
ターハイで総合優勝!!!
おめでとうございます!!!

陸上競技というと、個人競技のイメージが強いで
すが、インターハイとかインカレにおける学校ご
との点数争いはものすごく盛り上がります。

まして、最終種目のマイルリレーでの逆転勝利は
どれだけ盛り上がったのか想像もできません!
※逆転された側の学校のことを考えると複雑な気
分になりますが・・・

そんな、若いアスリートの活躍に元気をもらい、
暑い京都での仕事も乗り切ろうと思った次第です。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/03 09:52

避暑サイクリングに行ってまいりました。

本日も晴天なり 

毎日アツイデスネ^-
昨日は定休日で、花背方面へサイクリングに行
ってまいりました。

この暑いのに運動なんて・・・っとおもわれる方も
多々いらっしゃるものと思われます。 が・・・
花背峠は午前11時ごろになってもこの気温です。
P1010496.jpg
北側に下っても26度から28度ほど、
エアコンの効いた部屋の中でローラー台を使用
するよりはるかに気持ちいい時間を過ごせます。
P1010497.jpg
ただ・・・この天国のような空間にたどり着くため
には、花背峠の南側をエッチラオッチラ登る必要
があります。
また、登った標高はその分下る必要もあります。

この坂がヤミツキニなるほど楽しい坂でして・・・
ここを楽しむためには、やはり走りやすい自転車
が必要になります。

登りで車重が軽かったり、ホイールがよく回ってく
れたり、フレームがよく力を伝えてくれたりするこ
とはもちろんですが・・・・・
下りでの操縦安定性、ブレーキのコントロール性、
タイヤのグリップ性能などは、命にかかわることな
ので、自転車を購入の際は重視していただきたい
ポイントです。

峠を上るためには、健康状態を健やかに維持してい
る必要はありますが、体に合った、品質に優れたロー
ドバイクで「避暑サイクリング」これはお勧めです。

以上、小生が大好きな避暑方法の報告でした。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/02 10:27
 | HOME |