茶源郷まつり

11月2日3日
和束運動公園で茶源郷まつりが開催されるそうです。
(京都府相楽郡和束町白栖猪ケ口25-5)

P1020942.jpg
当店の辺りから走り出して、サイクリングロード経由で
和束町まで行くと・・・結構な距離になり・・・よいトレーニング
になりますが・・・・

寒い時期にお世話になっている和束町、サイクリストにはおな
じみのフィールドかと・・・昨年は6千人超の方が集まったそうで、
普段走りに行っている時とは、異なった和束町を楽しめるので
はないかと思われます。

P1020943.jpg
(写真のパンフ当店に若干数ございます。)
入場無料!世界のお茶が試飲できたり、屋台村が設営されて
いたり・・・
小生は参加することがかないませんが、週末のサイクリングに
いかがでしょうか?

以上「茶源郷まつり」でした。

PS、11月9日土曜日、サイクルモード視察のため、臨時休業になります。



スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/31 12:27

ウエッティーな路面でサイクリング

土曜、日曜、祝祭日の午前中をサイクリングに呆けて
いる、商売不熱心な自転車屋です。

P1020930.jpg
本日(10月27日)も、いつもよりちょこっと早起きして
うろうろしてきました。
気温はけっこう低め、エブミバイパスに入るところの
温度計は8度!!10度切ってました。
ウインドブレークジャージ(10年前のパール製品)着て
行ってよかったー
早朝は、そろ、そろ、冬物の出番のようです。

P1020937.jpg
写真は美瑛の絶景・・・ではなく・・・大原近辺のもの。
霧で遠景が霞んでしまうと、それはそれなりに素敵
な風景と化します。

P1020936.jpg
これはこれで素敵な風景ですよねー

P1020939.jpg
雨は降っておらず、気持ちのイイ朝でしたが・・・

路面はかなり、ウエッティー。

技量の低い小生の場合、「カーボンフレーム+ウエッティーな
路面」で、それなりの速度に達すると、かなり怖い思いをする
のですが・・・・

P1020931.jpg
この自転車、路面をなめるように走ってくれるので、コ
ントロール性抜群!!何の不自由なく、思い通りに走れま
す。

雨天のレースでは威力を発揮してくれること間違いなし!!

最近、体調の方もそこそこ整いつつあり、かなりいちびって
走っておりまして・・・・のんびりほっこりサイクリングというよ
りは、トレーニングペースっといった感じになってきております。

RNC7、適度な剛性が、サイクリングペースで気持ちいいのは
熟知しておりましたが・・・・
いちびったペースで走ると・・・・本来の性格を垣間見ることが
できます。

それは・・・

30㎞/h超な速度域での高性能ぶり!!
伸びの良い加速、高速巡航性能、ゆっくり走っているだけではイ
メージがわきませんが、実はかなり速いフレームです。

さすがに、登坂に関しては、現代のカーボンフレームに及びませ
んが、降坂と、平坦区間の走破性は勝るとも劣りません。
※クリテみたいに、加減速の激しいレースには向きませんが・・・

P1020773.jpg
ほっこり、のんびりサイクリングだけでなく、長い登りがない、雨天
のレースなどでは、こちらが有利かも?

以上「ウエッティーな路面でサイクリング」でした。


PS 11月9日土曜日、サイクルモード視察のため、臨時休業となります。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/27 10:33

賢者の選択 其の2

価格からは想像しにくい精度と高剛性

P1020925.jpg
アンカーRNC3

きゅうまんごせんえんと、大変リーズナブルなフレーム
セットですが・・・・その実態は・・・・・

P1020923.jpg
カタログによりますと・・・・緑がRNC3、赤がRNC7

P1020773.jpg
上位グレードのRNC7を剛性で凌駕するだけでなく・・・

P1020789.jpg
プロ仕様のRIS9に匹敵する剛性を誇ります。

っということは、平地での加速性能でRNC7よりも優れ、
RIS9に匹敵するかもしれない・・・・
※コンポ&ホイールの性能が対等な場合のお話です。

バック三角のコンパクト化、チェーンステー間にブリッジ
を配し、前三角にも、高剛性なチューブを使用して胸の
すくような加速感を手に入れております。

P1020776.jpg
パワーあふれる若者のバイク!って感じですかね。

価格も完成車で、13まんえんからでリーズナブル!
15まん5せんえんのティアグラ仕様は、レースに参戦
可能な走行性能です。

P1020120.jpg
さらに、さらに、フレームセット&ティアグラ仕様は、アンカー
オーダーシステムの対象商品ですので、カラーオーダー可!!


ただし、完成車重量が10㎏ほどございますので、ヒルクラ
イム命!な方にはお勧めできません。

P1020777.jpg
P1020788.jpg
※ヒルクライム命な方には、RS8、RL8がお勧めです。

気持ちのイイ乗り心地、輪行向きの堅牢さ、踏んでも回して
もよく走る!まさに賢者の選択!!

P1020882.jpg
そこまで絶賛しておいてなんで、小生の愛機がRNC3で
はなく、RNC7なのか?

それは・・・小生にRNC3を走らせる脚がないからです。

P1020875.jpg
RNC3、RMZの剛性でいいますと、SEL4辺りに匹敵しますの
で、かなりの強者向き・・・RNC7はRMZのSEL7よりもさらに手
強くない仕様になっておりますので、体重やパワーがリッチで
ない小生が漕いでも、よく走ってくださいます。
(ちなみに貧弱な小生の体重は52㎏)

RMZのSEL4、RIS9に匹敵する高性能フレームRNC3、若者だ
けではなく、体重やパワ-のリッチな方にも最適な良品です。

以上、「賢者の選択 其の2」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/25 15:21

戦艦と同じマテリアルだそうで・・・

先週、ダイナソア(株)様の新製品展示会で、レーザーミア
に興奮してしまい、冷静な判断力を失っていた小生ですが・・・

P1020894.jpg
やっと、落ち着いて情報を整理できるようになってまいりました。

先週のブログにおおきな欠落を発見!!遅まきながら、追加させ
ていただきます。

P1020405.jpg
昨年当店でも販売させていただいたチネリXCR

P1020411.jpg
民生品の自転車用品とは思えないほどの精度の高さ、過剰な高品
質に「ミリタリーな香り」を感じていた小生ですが・・・・

ダイナソア(株)の担当者様に「XCRって異常に凄い品質なんだけど??」
どうして?っといった感じで質問してみたら、お答が「戦艦と同じ素材
ですから」っと、あっさり・・・・
えーっと・・・・「ミリタリーな香り」ではなく、素材が「ミリタリーソノモノ」
だったんですね。

恐れ入りました。

P1020407.jpg
イタリアメーカーの商品というと、とかく、工芸品的な品質に「味わい」と
か、「洗練されたデザイン」が注目されがちですが・・・・超高級品のなか
には「工業製品としての究極の高性能」も満たしているモノが存在するん
ですねー(高価だからといって、全てが高性能とは限らない恐ろしい世界
ですが・・・・)

XCR、剛性も恐ろしく高めの設定ですので、乗り手は選びますが、よんじ
ゅうよんまんいっせんえん(フレームセット、ヘッドパーツ別売り)は、
かなりバーゲンプライス!!

P1020408.jpg
ステンレスという響きに、あまり高級感を感じない方もいらっしゃるかとは
思いますが、コテンパンなチタンフレームが○×▽に見えてしまうほど凄い
モノが手に入ります。

腕に、もとい、脚に覚えのある方にお勧めです。

以上「戦艦と同じマテリアルだそうで・・・」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/21 11:06

チネリ、カレラ、タイム、オルベア 2014

去る10月16日、ダイナソア(株)様の新製品展示会に
行ってまいりました。

P1020883.jpg
到着と同時に、チネリ レーザミアの試乗車の存在で
冷静さを失っていた小生ですが・・・・

試乗を終えて30分ほどで、興奮もおさまり・・・・

展示会場に視察へ・・・・

P1020893.jpg
チネリ スーパーコルサ

やっぱりこれは素敵です。
アテナもシルバーパーツがよく似合っています。
ボーラは???カンパの完組であれば、ニュートロンじゃ
ダメ?ですか?
ユーロ高(去年のユーロ安が異常だった)の影響もあり、
若干とは言えない値上がりがありましたが、まだまだお
買い得感のあるフレームです。
1年超えそうな納期を楽しむことができれば・・・・

P1020899.jpg
高剛性、高性能なストラ―ト、チネリで勝利を目指すなら
このフレームがお勧めです。

気楽な街乗りにぴったり

P1020900.jpg
ガゼッタ デラ ストラーダは嬉しい価格据え置き!!

本気で日本一周とかできそうな・・・・

P1020919.jpg
チネリのブートレック HOBO

タイムの旗艦

P1020903.jpg
ZXRSは…・ごじゅうまんえんをこえて・・・・

P1020902.jpg
NXSは昨年のNXより、コンフォートよりと思われるシートステー
に変更され、価格も・・・・・

P1020901.jpg
こちらも、かなり・・・・昨年の価格設定が戦略的すぎました。

P1020922.jpg
NXSベースのレモンはプロト、近日中に仕様が決定するとのこと・・・

P1020906.jpg
カレラのカレラSL

P1020883.jpg
試乗してみました。(左の黒い自転車)
試乗車はチョー反則(販促)アッセンブル(ボーラ、コンポも・・・・・)
ではありましたが・・・
レース用の機材としてはもう改良する余地が見当たりません。
ブランドを商品名に冠するだけあって、もー完璧!!
あとは、素材の大革命を待つしかないような完成度。
笑ってしまうほどの軽さを誇りながら、走りはキレキレ!
レース、ヒルクライム何でも来いって感じです。
(乗り手は選ぶかも・・・)

エウスカルテルの・・・・・

P1020913.jpg
オルカOMP

チョーユーメー自転車ジャーナリスト様が来場されていて、講演?
トークショー?で、とても高い評価を与えておいででした。
乗り味はコ○▽ゴのシー号泣に似ているそうです。
前作のオルカゴールドとの比較では、かなりシッカリした感じとのこと。
(シー号泣ってことは、これも乗り手を選ぶんだろうなー、きっと)

閑話
チョーユーメー自転車ジャーナリスト様のお話によると、円盤制動
装置は、「リアを積極的に使用可能で、姿勢制御に使える」とのこと、
「走り方が変わる」とまで・・・・やっぱりこれからのトレンドなのでしょ
うか?
ちなみに、2015年から「UCIがロードレースで円盤解禁するかも?」
っという話について、「白紙に戻ったかも?」という説も出ているとか・・・

チューブレスタイヤの進化も著しいとのこと・・・

あと、サンマルコの新型アスピデも評価が高かったです。
大変勉強になりました。

閑話休題

P1020894.jpg
今回の小生はレーザーミアの発売でノックアウト状態、なか
なか冷静に商品を見ることができなかったのですが・・・・

やはり、素敵な商品ばかり、吟味されたイイものばかり、ちょ
っと価格も素敵ですが、買って間違いないモノばかりでした。

ダイナソア(株)様の新製品展示会場内にはないモノ・・・・・
それは・・・

翼面形状のロードレース用フレーム
ダウンチューブの太いものはありましたが、薄っぺらいものは
皆無でした。(TT用は除いて)

やはり・・・・っと思ってしまう小生でありました。
メデタシメデタシ。

以上「チネリ、カレラ、タイム、オルベア 2014」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/19 10:43

チネリ レーザーミア乗ってきました!!

昨日(10月16日)は水曜日で定休日。
P1020894.jpg
ダイナソア(株)様の新製品展示会が開催されている
みやこメッセに馳せ参じましたー!!

試乗車をみてビックリ!!
P1020883.jpg
レーザーミアの試乗車が・・・・

P1020884.jpg
しかもサイズが小生にピッタリ!!!
嬉しい・・・・涙・・・これに乗れるだけでシ・ア・ワ・セ・・☆◎!

P1020888.jpg

仕事を忘れて舞い上がってしまいました。

しかし・・・・コンポがEPSで、ホイールもこの通り・・・・えげつない
飛び道具が・・・・
P1020886.jpg
かなり反則・・・・販促

でも・・・ごじゅうはちまんはっせんえんのプライス(フレームセット)を
考えれば、このアッセンブルは適正なのかも?・・・でも総額を計算し
たくなくなるというか、なんというか・・・

で、乗ってみた感想は・・・
気持ちいいのひとこと。
過激な剛性のモノが多い昨今、この手のカーボンフレームは貴重
です。
だからといって、頼りなさは微塵もなく、踏めば即座に加速、回し
てもコギミよく走ってくださいます。

受注生産で、納期は半年とか一年とか・・・・
でも、限定生産品ではなく、カタログ商品になっているので「お金と
時間が許せば入手可能!!」…夢のよう・・・・

トップチューブ長もカタログ表記によると・・・・
510,510、520、525、530、535、545、550、555、565
570、580、590、600,605(水平換算、510はシート48と49)
ほんまかいなー?

カラーはアズーロレーザー一色のみですが、カーボンでこのサイ
ズ展開は素晴らしいの一言。(コストかかってます。)

先日、RMZの紹介で、カーボンでトップ5ミリ刻みのフレームが他に
あるでしょうか?っと書いたばかりですが、レーザーミアも恐ろしく細
かい刻みのサイズ展開です。驚きました。

展示会場でフレームをゆっくり観察いたしますと・・・

P1020895.jpg
オリジナルレーザの特徴をこんなところにも・・・

P1020897.jpg

サインがチェーンステーの内側!

注文が殺到することはほぼ確実、入手したい方は早めのご予約を!

以上「チネリ レーザーミア乗ってきました!!」でした。

※ダイナソア(株)様の展示会、とーっても素敵な情報が多すぎます
ので、続報に記載させていただきます。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/17 11:27

RMZ VS RNC7

P1020872.jpg
昨日(10月13日)、カーボンフレームの最終兵器、RMZ
のインプレで、いちびってしまい、本日(10月14日)は間
違いなく筋肉痛!っと予想しておったのですが・・・

レース前に刺激をいれて、うまく仕上がった時と同じよ
うな状態になっており、驚いているアラフィフです。

P1020871.jpg
カナーリ過剛性なSEL4に乗ってこの状態なので、フィッ
ティングシステム推奨のSEL7(一番手強くないやつ)で
あれば、小生ごときでもRMZを乗りこなせるかも???
っと、いちびり続けております。

せっかく体が仕上がったので、今朝も小生の愛機でクラ
ンクをぶん回してまいりました。

P1020433.jpg
RMZとの比較であれば、同じカーボン製のRFX8で行うべき
かもしれませんが、現行商品ではないので・・・涙・・・

P1020882.jpg
現在の主力機(小生にとっての)で、まだ入手可能なRNC7
と比較してみました。

平坦なところでは、加速でもいい勝負、最高速はちょっと
伸びるかも・・・(RNC7の方が)かなり嬉しい!!!

これは、SEL4の剛性が小生に合っていないことと、装着
されていたWH9000-C50CLを回し切る脚がないから・・・・
P1020869.jpg
SEL7で、ホイールがC35CLあたりだったら比較する気に
ならなかっただろうなー、きっと・・・・

登坂は、車体重量が2キログラムほどちがいますので、比
較すること自体がナンセンス。

降坂は・・・・コントロール性がどちらも超絶に優れているので、
法定速度内の速度域ではほぼ互角、タイヤの性能で勝負が
つきそうです。
ただし・・・・小生は試していませんが、クローズドコースで速
度無制限であれば、RMZが圧勝しそうです。
※しょうがないですよねー・・・設計年次が20年ほど違うので・・

っで、同じコースをいちびって走った、トータルの所要時間は・・・・
ほぼ同じ。
まー、よく似たギア比、同じようなケイデンスで走ったので、当
たり前といえば、当たり前。

それでも、車重の違いのおかげか、消費カロリーはRNC7のほうが
大きかったようで、お昼ごはんがとーってもおいしかったです。

以上「RMZ VS RNC7」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/14 12:27

RMZインプレッション

P1020875.jpg
すーごーいバイクで走ってみました。

小生などには「猫に小判」なアンカーRMZ。

サイズは小生にドンピシャ!!
P1020871.jpg
剛性は・・・・SEL4・・・・小生にはどう考えても過剛性・・・涙

P1020858.jpg
カラーはレーシングイエロー。(タイガースカラー?)

P1020868.jpg
コンポは9000番のヒモ引きヂュラ。

P1020869.jpg
ホイールは飛び道具
※試乗車にこれをつけるのは反則?×(販促○)

P1020873.jpg
タイヤも飛び道具
※「一番いいやつ持ってきて」みたいなアッセンブル・・贅沢だー


ギアはフロント52-38 リア12-25
※京都の峠ならどこでも行けそうなセッティング(選手が
乗るという前提であれば・・・)

時間の都合もあり、雲ケ畑方面と、静原、江文峠、大原方面を
うろうろしただけなのですが・・・・

このフレーム・・・欲しい、欲しい、欲しい!!!

なんせ、平地、登坂、降坂、どこでも気持ち良く、コントロール性
抜群!

P1020590.jpg
RNC7の「何でもできちゃう感じ」を、カーボンで実現していま
す。(RNC7のコントロール性の高さは、カーボンフレームでは
実現不可能と思っておりました。)

フレーム剛性のバランスも、とても自然な感じで、違和感の全く
ない・・・・
乗ったその日から、高いレベルの人車一体感を堪能できます。
しかも、しかも、実際に購入する場合は、剛性も、ジオメトリーも乗
り手にドンピシャなものが手に入るのですから、さらに気持ちいいモノ
になることでしょう。(これはオーナー様だけの特権)

P1020872.jpg
RMZ、「レースで戦うための機材」ですので、のんびり、ほっこり
ロングライドになりにくく・・・・
乗り心地がレース用としては良いほうなので、琵琶イチに使用しても
問題なさそうではありますが・・・・
ゆっくり走っていると自転車に「もっと速く走ろーよー」っとせかされそうで・・・
そもそも、これに跨ってしまうだけで・・・身の程を忘れていちびってし
まい・・・っというか、アドレナリンが悪さをして・・・・いつもより多めにクラ
ンクをぶん回してしまいます。

っで、2時間ほどの試乗でしたが・・・・かなり高負荷なトレーニングになっ
てしまいました。(明日の朝は間違いなく筋肉痛)

以上「RMZインプレッション」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/13 11:49

RMZ展示時間変更につきまして

P1020796.jpg

10月12日開店から展示予定でしたRMZですが
諸般の都合により、12日夕方4時ごろからの展示
となります。

ご迷惑をかけ、大変申し訳ありませんが、なにとぞ
ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

なお、13日につきましても、12時より午後2時ごろまで
ご覧いただけますので、是非ご覧ください。

以上「RMZ展示時間変更」のお知らせでした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/11 11:37

10月12日 RMZ臨時展示


P1020796.jpg
写真は販売店向け展示会のモノです。当店サンプル展示車の
カラーについては見てのお楽しみ。

トップチューブ長5ミリ刻み
剛性7段階
ハンドリング3種類
色に至っては11色のレーシングカラーと、34色のツー
トーンカラー

P1020122.jpg

カーボンフレームで、ここまで選択可能な、商品は他
にあるでしょうか?

しかも、しかも、品質管理において他の追随をゆるさ
ないであろう、ブリヂストンサイクル(株)上尾工場製!!
競輪用のフレームもここで、製作されています。

比較するものがないほど素敵な商品です!!!
※価格もちょこっと素敵・・・・

カーボンフレームでトップチューブ長5ミリ刻み、剛性7段階
というだけで、他の商品との違いが分かっていただけるも
のと・・・・

ロードバイク用フレーム、乗り手にちょうどいいジオメトリー
と、もう一つ見逃されがちな、ちょうどいい剛性のものを選択
する必要がございます。

P1020127.jpg
RMZ、アンカーフィッティングシステムにより、あなたにピッタ
リのジオメトリーと、適正剛性を算出し、乗り手にとって理想
的なフレームオーダーが可能です。

ロードバイク用フレームのあるべき姿、理想を具現化した商
品といえます。

ただ、オーダーメードですので、実車を見ることはなかなか・・・

今年はサイクルモードでも、東京会場(幕張)に行かないと見る
ことができません。

展示は10月12日のみとなりますが・・・・・しかも、土曜日ですので、
12:00からの営業となりますが・・・

お時間の許す方は是非ご覧になってくださいませ!!

以上「10月12日 RMZ臨時展示」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/10 11:48

ロンシャンのお祭り終了!

昨日(10月6日)の夜は、テレビの中継にかじりついて
おりましたアラフィフです。

P1020855.jpg
※写真は淀で接客中の別のお馬さんです。

今年のダービー覇者キズナさんと武豊さん、昨年こ
の舞台で勝ちかけた、オルフェーブルさんの走りに期
待が高まっておりました。

結果はみなさんご存知のとおり、2着、4着・・・・
オルフェーブルさんを調教されていた方のコメントでは
「完敗」というフレーズが出ていました。

でも・・・日本の競馬界にかかわっていらっしゃる方々の
夢は、もう夢ではなく、目標になりかけているような感
じがしました。(遠征費用とか考えると、外野の無責任な
考えかもしれませんが・・・・・)
2年連続2位は立派なリザルト!!

オルフェーブルさん、キズナさん、お疲れ様でした。
体調など崩されないよう、無事帰還されることを祈
念いたしております。
(当のお馬さんより、搬送に携わる方々のほうが気を
つかうんだろーなー、大変でしょうけど、頑張ってく
ださいませ!)

突然話は変わりますが、以前に栗東のトレセンで、お馬
さんの蹄鉄製作を見学させていただいたことがありまして・・・

いわゆる、加治屋さん、職人技の世界!!
感動しました。やっぱり、本気の鉄は素敵!!

っで、見学記念にいただいたのが・・・

P1020851.jpg
蹄鉄ならぬ、蹄アルミニュウム??

P1010956.jpg
現代の競走馬は軽量化のためにアルミ製の蹄鉄で戦うそ
うです。(この世界にも軽量化の波が・・・・アルミ製の
蹄鉄も日本語として間違っているような・・・まあ、ゴル
フのメタルウッドよりまし?かな?)

P1020854.jpg
こちらは、型もので規格がたくさんあって、鉄製よりも現代的
な製法のようです。

ちなみに耐久性は鉄製に及ばないとのこと、

P1020852.jpg
激しくすり減っています。

そのうち複合素材の蹄強化プラスチックとかが開発されたりし
て・・・蹄鉄ならぬ蹄カーボンセラミックとか・・・すり減らなくても
割れちゃうのかな?

P1020773.jpg
最近、鉄製RNC7の「疲労しにくさ」に味をしめている小生などは・・・

P1020277.jpg
鉄製の蹄鉄(なんか変な日本語になってます)のほうが、お馬
さんの体に優しいような気がするのですが・・・・
やはり勝負の世界では軽さが優先されるのでしょうか?

テツの自転車、疲れなくてイイですよ~

以上「ロンシャンのお祭り終了!」でした。

追伸、今度の土曜日(10月12日)、究極のカーボンフレーム、
P1020796.jpg
RMZサンプル車、展示予定です。是非ご覧ください!!

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/07 11:43

北方サイクリング

P1020849.jpg

シライ 凄い!床でクワトロ!!!
表題とも、自転車とも全く関係ありませんが、あまり
にも驚いたので・・・・

映像で見る限り、強力な体幹、足腰、そして・・・
吊り輪とか平行棒には不向きかもしれない、肩周辺の慣
性モーメントの小ささ・・・・(ちょっとスリムすぎませんか?)
いろんな要素(床の反発力とかも)が重なって可能になっ
たのでしょうが・・・・
理屈抜きであの映像にはぶっとびました!!!

マトリックス キアヌ・リーブス(かなり古いかも?)の映像
より不思議な感覚!!素晴らしい!!!!

あまり自転車に関係ないネタで騒いでいると、読んでいた
だけなるので、このへんで・・・

昨日(10月2日)は水曜日で定休日。
台風でえらいことになっていたであろう北山方面にサイクリ
ングに行ってまいりました。

今回のお供はRNC7
花背峠南側登坂も無難にこなし・・・RNC7、ソコソコ登れるし疲れ
にくいイイ自転車です。翌日(本日)の疲労具合などは、他の自
転車とは比較にならないほどラクチン!!

P1020836.jpg
頂上で20度

薄手の長袖ジャージで走っていたのですが、下りはもう、ウイン
ドブレーカーが欲しくなるほど涼しかった(寒かった)です。

北側降坂の途中でキツネさんに遭遇したのですが・・・・
シッポを見て「暖かそうだなー」「襟巻を作った方の気持ちがわか
るような」っと思った瞬間、「殺気」を「察知」したのか、写真を撮る
間もなく、逃げられてしまいました。(残念)

P1020838.jpg
台風にも負けず秋の風景が・・・などと気持ちよく走っておりまし
たら・・・

P1020839.jpg
こんな風景も・・・・

P1020840.jpg
やっぱり、えらいことになっています。

P1020843.jpg
大好きな風景は被害を受けていなくてほっと一息。

P1020841.jpg
嵐にも負けず、綺麗に咲いておいでで・・・


もう走れないことはないほどに修復が進んでいるようですが、

P1020847.jpg
花背南側のこの箇所だけは、雨の日とか、湧水でタイヤが濡
れたいたら要注意!!

P1020848.jpg

滑り止めのない鉄板です。

P1020845.jpg
看板の通り最徐行しましょう。

以上「北方サイクリング」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/03 11:38
 | HOME |