フランスのお祭り2014

P1030726.jpg
今年もえらく過酷な・・・・
「フランスのお祭り」が無事?に終了した模様です。

本命の一人は「今年はあかん」っと早々に退場
もう一人の本命は、強敵相手に本気で下りを攻めて・・・・気の毒なことに・・・

タイコウのように報じられていた大本命のワンマンショーになりました。

ただ、今年は・・・みなさんイコールコンディションだったようで・・・
昨年のようなシラケタつまらなさに陥ることもなく・・・

落車の発生しない登坂区間の映像で、充分楽しませていただきました。
(みんな異様に元気!いろんな処方がおこなわれているんだろーなー
・・・・そもそも、レースの距離、日程、起伏・・・過酷すぎるんでしょうねー・・・
ナチュラルな生身で参加するのはいかがなものかと・・・・)

そんなプロ選手様の不幸な境遇に同情しつつ・・・・
機材の方に目を移しますと・・・フレームのOEM化・・・さらにOEM先のC化が
進んでおり・・・TはまだしもCがえらく増えているようです。
(Tは世界一の炭素繊維強化プラスチック王国です)
自転車屋としては・・・・涙・・涙・・涙
新型ハイエンドフレーム・・・・・劣化が加速中!夢のない悲しい世界・・・

良識的な進化を続けている、「S社のSお仕事、空力タイプじゃない方」でも・・・
行き過ぎた軽量化、横剛性強化、によるネガは払しょくしきれていないのか?・・・

最新のカーボンリムホイールと組み合わせますと、プロでもコントロールが難し
いようです。(コン太様が吹っ飛ぶのですから、タイヤちょっぴり太くしても効果
ないみたい)

「良識的な機種」でもこんな状態なのですから・・・・・
軽くて、硬いだけで、ポンポン跳ねる、CでのOEMフレームはもう、ヤバイのを
通り越して・・・

雨で路面が滑りやすくなると、いきなり横へ・・・・
ドライな路面でも、なんの兆しもなく跳ねて宙を舞う・・・・
恐ろしい乗り物にナッテしまっておいでです。・・・・選手かわいそー

小生の愛機は、カーボンフレームとしては、比較的にコントロール性はイイ方で、
なおかつ、タイヤが路面によく追随しておりまして・・・

P1030510.jpg
カーボンなので、跳ねないとは言いませんが・・・

このフレームとアルミリムホイールの組み合わせであれば、へたっpな
小生でも花背北側降坂を楽しめます。

標準的な技量で、良識的な判断のできる方が乗るのであれば、「比較的安
全性の高いカーボンロード」とっ言えるかと・・・・

ただ、登坂でちょっぴり重いことを受け入れれば、ネオコットという選択肢
もございます。

P1030700.jpg
路面を舐めるような接地感では抜群の好性能!
跳ねるまえの兆し、滑る前の兆しを乗り手に伝える。・・・・
スポーツ走行には重要な要素・・・この性能で「RNC7は、サイコー」っと感じ
ております。
(フレーム性能だけでなく、その重量も、軽すぎないことで、重心が下が
り、コントロール性が向上しているものと・・・・)

最新のハイエンドロードバイク、競争用の機材ですから、軽いことはイイこ
とですが・・・・軽すぎたら危ない、硬すぎて跳ねたら危ない・・・・過ぎたるは
及ばざるがごとし・・・に陥っているような気がするのは小生だけではない
ものと・・・・ここ数年のプロロードレース、スキルに優れたプロ選手とは思
えない、理解不能なクラッシュ映像が・・・・・

以上「フランスのお祭り2014」でした。

PS:7月31日、木曜日ですが、メーカー様展示会がございまして、臨時
休業とさせていただきます。ご理解賜りますようよろしくお願い申し
上げます。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/28 11:14

7月31日臨時休業のお知らせ

今月末の7月31日・・・木曜日ですが・・・・

P1030659.jpg
メーカー様の新製品展示会に参加するため、臨時休業とさせていただきます。

30日も水曜日で定休日となり、連休となりますが、ご理解
賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

以上「7月31日臨時休業のお知らせ」でした。


未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/07/19 17:23

宵山 ホコテン前

昨日(7月16日)は水曜日で定休日

P1030706.jpg
お天気にも恵まれ・・・・

P1030702.jpg
鳥さんたちもほっこり

P1030704.jpg
ぬきあしさしあし・・・・

P1030705.jpg
サイクリング日和ではありましたが・・・・
山鉾巡行・・・もとい、巡行前日の様子を徒歩で参観してまいりました。

P1030707.jpg
老舗デパートの一階にはご覧のような・・・・

P1030709.jpg
よくできてますねー

P1030713.jpg
本物は、そびえ立ち・・・・

P1030716.jpg
綺麗に準備万端

P1030717.jpg
タイタニックな位置にはこんなお方が・・・・

P1030718.jpg
どうしても、車輪が気になる自転車屋です。凄いなーこのハブ・・・

今年は来週にも後祭りが予定されておりますので、また参観しに行
こうかと思っております。

以上「宵山 ホコテン前」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/17 12:12

ホイールのお話(今年6回目)

当店でお勧めの「オールラウンドに使用できる完組ホイール」は、

P1030220.jpg
フルクラムレーシング3と

P1030267.jpg
シマノWH-9000―C35CLの二機種で結論は出ておりまして・・・・・

小生のRNC7にも「レーシング3を装着しようかなー」などど考えておった
のですが・・・

P1030217.jpg
RNC7にレーシング3は、正解中の正解なので・・・
バランス、走行感、全てにおいて、素敵な性能が約束されております。
もう、絶対に勝つことがわかった状態での勝負って感じでしょうか?

天邪鬼な小生、なんとかしてレーシング3に匹敵する他の何かを探し
出せないかと、無駄な抵抗をしてみたくなり・・・・

P1030686.jpg
こんなのを用意してみました。
アラヤ様のリム、DT様のプレーンスポーク&ブラスニップル、シマノ様
のハブ・・・・

「一番いいやつ持ってきて」みたいな贅沢な選択です。

P1030688.jpg
〇リム ちょうどいい塩梅のリム重量よりかなり軽すぎるモデル(カタログ
値で415g)ですが、ニップルにブラスを使用すると意外によく走ります。

P1030693.jpg
〇スポーク テンションホイールの場合、素材はステンレスで決まり!!
形状はプレーンが最高!!(前1.8ミリ、後2ミリ)
きしめん型エアロスポークとか、バテットとか、商売にはいいかもしれま
せんが・・・・・ヒャクガイアッテいちえき・・・

P1030697.jpg
〇ニップル このお方の「お仕事」を考えれば、素材はシンチュウがイイと
思うのですが・・・

P1030691.jpg
〇ハブ 手持ちで休眠中のヂュラハブがあったので・・・・こんな贅沢な
モノを使ってしまいました。(リア10速用なので、スポークホールがオフセット
していない、アラヤさまのリムをリアにも使用してもノープロブレム。11速の
場合はDTさまのオフセットしたリムがお勧めです。が・・・オフセットリム、オフ
セットしていることによるネガも・・・・)

P1030701.jpg
部品は全て一級品ばかり、組み方は普通で当たり前のタンジェント・・・
(小生の考える限り、これがアルティメットな仕様です。)

P1030700.jpg
RNC7に装着しますと・・・見た目が素敵!!

いろいろと書いてまいりましたが、走行性能やいかに?

結論から申しますと、やはり無駄な抵抗だったようで・・・・・
性能では、レーシング3に軍配が上がります。キッパリ!

できるだけレーシング3に近い性能を出そうと、頑張ってみたのですが
肉薄するような性能ではありません。

軽快な登坂、安定した降坂、気持ちのイイ平地巡航は「いい感じ」だと思
うのですが・・・・(自分で組んだモノなのでかなりヒイキメの評価です。)
加速のキレでは太刀打ちが・・・・レーシング3の反応の良さはスゴイです。

ただ、小生のように体格が貧弱で、出力が小さい場合に限り、手組ホイー
ルのネガなところが問題になりにくく、最近の高性能完組よりも、乗り心
地が少しよくなります。もとい、・・・よくすることができます。

P1030690.jpg
あと、性能とは別に・・・「小生の好み」なので・・・・このホイールの出番が
多くなりそうです。(もうナルシズムの境地・・・・)

以上「ホイールのお話(今年6回目)」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/13 16:07

避暑サイクリング

昨日(7月9日)は水曜日で定休日。

毎度おなじみの峠を越えて避暑に行ってまいりました。

昨年は豪雨でえらいことになっていたグラウンド

P1030663.jpg
今年は被害が及びませんように…祈念・・・

P1030664.jpg
はーい!素直に気を付けます。…安全第一!

P1030665.jpg
昨日の花背峠、気温はごらんのとおり・・・気持ちよかったです。

このところ、ちょこっと忙しく・・・疲労気味でしたので、軽いRL8
で、のんびり登坂したのですが・・・・

P1030666.jpg
このバイク、ゆっくり登ると、花背登ったような気がしません・・・
本当に登坂がラクチンなバイクです。

P1030667.jpg
フロント39Tでも全く問題ありません!(リアは27Tですけど・・・)
非力な小生でもこれで花背登れるのですから、若い方はノーマル
チェーンリングで、十二分に京都の峠を楽しめるものと・・・
(コンパクトは確かにラクチンですけど・・・・)

P1030669.jpg
涼しい降坂のハジマリ、ハジマリー!

P1030670.jpg
行きしなはお天気も良く・・・

P1030671.jpg
気持ちヨーク汗をかいていたのですが・・・・

なにやら不気味な・・・湿った風が・・・

P1030672.jpg
大雨の気配が・・・・

いつもよりだいぶ手前で「転進」

P1030676.jpg
だんだん空の色が・・・

P1030678.jpg
ついに雨雲?

花背南側の降坂で豪雨に見舞われると厄介なので、急いで
北側を登坂!えらくいいペースで登れました。

P1030679.jpg
気温下がってるし・・・やっぱり豪雨がくるのか?

P1030680.jpg
っと、とりこし苦労だったようで無事に下山完了。

P1030684.jpg
市街地まで帰ってきても、ほっこりした状態で・・・

佐々里峠まで行けばよかったかなーっと、帰宅してから
後悔していたのですが・・・・

帰宅後、本屋に出かけたら、えらい豪雨に見舞われました。
早めの転進は正解だったようです。

以上「避暑サイクリング」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/10 11:24

未体験の注目度

当店には珍しい・・・

こんな「アート」なバイクが・・・・

P1030657.jpg
ある意味バランスもとれていて・・・

しかし、視覚的には「爆発」していて・・・

このバイクを組んでいる最中は岡本太郎先生のお言葉が
頭の中を・・・・

万博記念公園に持ち込んで写真を撮りたくなりました。
(公園内は自転車走行不可かな?)

納車前の作動確認のために試乗しておりましたら・・・・
視線が突き刺さってまいります。

P1030540.jpg

注目度は、先日納車させていただいた、タイムNXを超越している
かも???

P1030510.jpg
タイムやアンカーの場合、ロードに乗車されている方に認識してい
ただけるようなのですが・・・フィブラの場合、おおよそロードに興味
がないかもしれない方々からの視線が・・・・二度見する方もいらして・・・
散歩中のわんこにも怒られ・・・(威圧感があるのかも・・)

P1030660.jpg
バレットのフリーが奏でる音も・・・フレームに反響しているのか・・・・
ベルを鳴らさなくても、気づいていただけるかも?。

体験したことのない注目度でした。


以上「未体験の注目度」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/07 13:11

栗尾峠、見てきました。

昨日、(7月2日)は水曜日で定休日。

P1030630.jpg
朝からお天気にも恵まれ、

P1030632.jpg
飛行機雲もこのとおり・・・・梅雨はいづこへ・・・・

見に行かねば・・・と思い続けていた栗尾峠を見てまいりました。

行かねば・・・行っていなかったのは・・・・

このトンネルが・・・・

P1030633.jpg
小心者の小生・・・できればナガーイトンネルは通りたくなくて・・・・

P1030634.jpg
運よく、無事通りにけることができました。

そして、本日のメーンイベント栗尾峠へ

手前の表示は「車両通行止め」自転車も軽車両なのですが・・・

P1030635.jpg
通ってもいいようです。

P1030636.jpg
なかなかしゃれたというか、コストがかかっているというか・・・
溶接痕に目を奪われる自転車屋でした。

P1030637.jpg
自転車と歩行者はしっかりセパレート

P1030638.jpg
トンネル開通前には許されない、道路の真ん中を、自動車に脅かされる
こともなく・・・・・素敵な空間になっておいででした。
※車道時代のセンターラインを削ったあとが、少々走りにくくなっており
注意が必要です。

P1030639.jpg
絶景かな!

P1030640.jpg
展望台も完備!

P1030641.jpg
ここからの眺めはこんな感じ

自転車は数台走っておいででしたが、平日のためか歩行者は
いらっしゃいませんでした。

P1030642.jpg
近くに駐車場があれば、子供も散策できそうですが・・・・
あの距離を徒歩で散策するのはかなり気合がいるかも・・・

P1030643.jpg
いつもの休憩ポイントへ到着。

P1030644.jpg
いつものドデカミンでドーピング

P1030645.jpg
いつもの477を満喫し、

P1030647.jpg
いつもの峠へ。

P1030651.jpg
トンネルが開通したら、ここから先が栗尾峠みたいになるのかしらん??

P1030652.jpg
輪業、もとい、林業の都合もあるでしょうから、自動車通行止めにすべきで
はないでしょう。木の香りが心地よかったです。

P1030654.jpg
昨日のオタカムは大変涼しく・・・
もとい、花背峠です。
(今年のオタカム、どんなことになっているのか?楽しみです!)

スチールフレームのロード購入を検討される場合に・・・・
その重量を気にして、躊躇されることが、しばしばございますが・・・

P1030655.jpg
小生のような貧脚でも、これで、栗尾とか、花背とか楽しく登坂しているので、、ヒル
クライムレースを目指す場合を除けば、全く問題ないモノと思われます。

梅雨時とは思えない、大変楽しいサイクリングとなりました。

以上「栗尾峠、見てきました」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/03 12:22
 | HOME |