のんびりポダリング

昨日(10月29日)は水曜日で定休日。

P1040134.jpg
お天気にも恵まれ。

P1040136.jpg
ほっこりのんびり、風景を楽しむポダリングに出かけてま
いりました。

P1040137.jpg
今回のお供は、RNC7×手組ホイール
やはり、のんびり走るときはこれに限ります。

P1040049.jpg
超絶に走るRL8×ニュートロンですと、走ることに一生懸命に
なってしまい・・・・ポダリングになりにくいので・・・・

P1040139.jpg
いつもの峠はこんな気温・・・もう冬のウエアが必要です。

P1040141.jpg
それにしてもいいお天気!

P1040140.jpg
手組ホイール、登坂性能はニュートロンに及びませんが、インナーロー
に入れっぱなしてペダルをクルクル回しておりますと・・・
小生の貧脚で、あっさり花背峠も登れてしまいます。

P1040142.jpg
滑らかな降坂の気持ちよさを考えると・・・・手組ホイール・・・・なかなか
やめられません。

峠の北側は・・・・

P1040143.jpg
期待通りに

P1040144.jpg
素敵な景色

ながーい降坂で冷えた体に・・・・

花背の農協様の自販機・・・・

P1040146.jpg
暖かい飲み物が・・・増税前の価格で・・・ありがたやー

P1040145.jpg
こちらも素敵な景色

P1040149.jpg
いつもの平地巡航も

P1040147.jpg
ほっこり・・・

P1040150.jpg
癒されます。

P1040152.jpg
こんなのんびりしたポダリングには、このバイクがサイコーです。

帰途も素敵な・・・

P1040153.jpg
景色に恵まれ・・・

P1040155.jpg
秋を満喫できました。

以上「のんびりポダリング」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/10/30 12:16

タイム・エックスプレッソ導入

P1040131.jpg
商品名を聞いて・・・美味しい・・・いい香りのコーヒーを・・・
飲みたくなったアラフィフです。

P1040072.jpg
パッケージを見ますと・・・・
高級なチョコレートorクッキーが出てきそうなカンの箱・・・

P1040075.jpg
ちゃんとペダルが入ってます。

自転車に装着する前に・・・

お菓子と、インスタントコーヒーで、

P1040133.jpg
予定外の休憩を・・・・

P1040076.jpg
過剰包装・・・っと、考えてしまうのですが・・・これだけ立派な箱です
と・・・・リサイクルもとい、リユースすれば環境に厳しモノではなく
なりますので・・・小物入れとして使用することにしました。

自転車に装着する前に・・・

P1040126.jpg
フィッティングマシンに装着してクリート位置の微調整

※当店でペダル、クリート等を購入された場合、転ぶ心配のないフィッティング
マシンでクリート位置の調整、着脱慣熟練習を行っていただけます。
別途料金はいただきませんので、是非ご利用くださいませ。

P1040073.jpg
ⅰクリックになってからステップインの容易さが定評のタイムペダルですが、
ステップアウトもかなりラクチン!
フロートの強弱も調整可能ですので、シマノSPD-SLの黄色いクリートを使用
していた方であれば、すぐに慣れるのではないかと推察いたします。
(青とか、赤が好みの方にはお勧めいたしません。)

ベアリングについては・・・フランスとかドイツあたりの方々は・・・あまり気にして
いらっしゃらないようで・・・日本人とかイタリア人ほど回転性能にこだわらない?
回転より剛性とか耐久性を重んじるのか・・・・それほどクルクルっという感じでは
ありません。(裏踏みしないように気をつけようっと)
あっ、失礼しました、エックスプレッソ、税込6万円超のモデルはセラミックベアリ
ングになるようです。
スーレコ様のスプロケといい、タイム様のハイエンドペダルといい、ヂュラのクラ
ンクセットより高価…凄い価格です。(小生はフツーのベアリングで楽しみます。)

P1040130.jpg
最近、高性能ホイール(ニュートロンウルトラクリンチャー)でえらく走るように
なったRL8に装着!!

ちょこっと軽くなったでしょうか?

以上「タイム・エックスプレッソ導入」でした。



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/23 16:37

RL8×高性能車輪、インプレ

P1040047.jpg
昨日(10月15日)は水曜日で定休日。

先日、RNC7ヒルクライム仕様で走ったコースに・・・

P1040049.jpg
RL8×ニュートロンウルトラクリンチャーを持ちこんで・・・
比較しようと思ったのですが・・・・

P1040050.jpg
いやーな予感・・・・

登坂を始めますと、滑る滑る、濡れた落ち葉だらけで、危ない危ない。
轍の部分はロードで走行可能でしたが、轍の上だけを走っていると、自
動車に多大な迷惑をかけることになりますので・・・・
迷わず、転進!

安全に走れそうなコースに変更!!

P1040051.jpg
平地巡航が気持ちよく、しかも速い!!(走力が上がったような錯覚に・・)

P1040055.jpg
ちょこっと登坂

P1040056.jpg
ちょこっと降坂

で、結果は、何の苦も無くあっけなく登坂終了!降坂も素晴らしく気持ちいい!

P1040054.jpg
RL8×ニュートロンUC・・・もう手直しするところがないくらい素敵なバイクに化
けました。

P1040059.jpg
気持ちいい空間をのんびり走っても

P1040060.jpg
かなり快適!

あまりにも気持ちがいいので・・・

P1040061.jpg
ロードバイク本来の性能を満喫できるエリアへ向かい・・・

P1040064.jpg
思いっきりクランクをぶん回してみますと・・・・

P1040062.jpg
悦楽の世界が・・・・もう、無敵のレーシングバイクって感じです。

P1030991.jpg
先日、ダイナソア様の展示会で試乗させていただいたタイムスカ
イロンと比較してみたくなるほど・・・

P1040067.jpg
国際会議場(宝ヶ池)へGO!!
(先週タイムスカイロンを試乗したコースです。)

P1040070.jpg
同じコースで比較した結果は・・・・

P1040068.jpg
なんと・・・小生が漕いだ場合は・・・・RL8の方がコギミよく走ってくれ
るではないですかー!!かなり嬉しい♪~♪

超高性能フレーム×ボーラ×ハイエンドコンポより・・・
RL8×ニューロトンUC×型落ちヂュラの方が走る・・

この原因は・・・「スカイロンが乗り手を選ぶ」ので、小生は
「選ばれなかった」ということ・・・・
体重or出力の不足?・・・っと、いうより、体重も出力も不足
しているのでしょう。きっと・・・

フレームの「適、不適」の問題かと思われますが・・・・

P1030950.jpg
ニュートロンウルトラクリンチャー、ボーラを凌駕するとは言いませんが・・・
かなりの「飛び道具」です。

以上「RL8×高性能車輪、インプレ」でした。


未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2014/10/16 11:25

ダイナソア様2015年モデル

P1030982.jpg
昨日10月8日は水曜日で定休日。

P1040036.jpg
ダイナソア様2015年モデル展示会に行ってまいりました。

P1030991.jpg
今年の話題はやっぱりタイム様の大変身!!
スカイロン・・・ついにモノコックに・・・・
(ネット上の画像を見て、あーあっ、とっ、思ったのは小生だけではない
ものと・・量産体制が整って・・・・)

でも・・・・気を取り直して・・・
「ロードバイクは走ってナンボノモン」「乗って素晴らしければ全てヨシ」
っと思うことにして・・・恐る恐る試乗させていただきました。

P1040043.jpg
乗ってみてすぐに・・・・「あーあ」っと思ったことがおーきな間違えであるこ
とを思い知らされました。(これはフツーの量産モノコックではありません。)

タイムフレームの乗り味は健在!!ライントレースの容易さは相変わらず、
制動も、自転車が地面に張り付いてんじゃないか?っと錯覚するほどコン
トローラブル!!

フレーム自体の剛性は恐ろしいほど高いのに、ポンポン跳ねる感じが全く
ありません。

加速性能においても、ほとんどのハイエンドを凌駕しているものと思われ
ます。(小生の貧脚では確認不可)

超高性能フレームですので、乗り手は選びますが・・・・

粗探しをしても、文句のつけようがない、完璧なフレームでした。

話題の、「Sお仕事オールラウンドタイプ新型」も、タイムスカイロンに乗って
しまうと霞んでしまうというか・・・「ベンチマークついに交代!!」でしょう、き
っと・・・

試乗させていただいたスカイロンは・・・・こんなに反則を犯して(販促を施して)
おいででした。なので、すこーしだけ割り引いて考える必要があるかも???

P1030984.jpg
ホイールにとんでもない飛び道具

P1030990.jpg
コンポも飛び道具

P1030989.jpg
ブレーキに至っては市場で最もコントロール性に優れたのが・・・

これだけ飛び道具のオンパレードだと凄くて当たり前・・・っという
声が聞こえてきそうですが・・・フレームも超々高性能であることに
違いはありません。

P1040026.jpg
新型フォークは非装着でしたが、日本のきれいなアスファルトで走るのであ
れば、ノーマルフフォークの方が軽くていいかも?

P1040025.jpg
アクティブフォーク搭載モデルに乗っていないので、どちらがイイかわかりませんが・・・

タイムスカイロン
レースで勝つためにコストを惜しまないのであれば、最高の選択かと思われ
ます。(しつこいようですが、乗り手は選びますよ・・・スカイロン)

閑話

P1040004.jpg
これのころはよかったなー(遠い目)と、思う50歳です。

P1040006.jpg
限定モノですなー(知ってたけど・・)

P1040005.jpg
最近のハイエンド、製法や形状はかなり変わっていますが、VXRSのころ
から性能の進化はほとんどないような・・・というか・・・量産しやすくなっ
ているかもしれませんし、買いやすい価格に抑えられているのかもしれま
せんが・・・・フィーリングは劣化しているものが多いような気がします。

閑話休題

P1030992.jpg
新型のアイゾンも乗り味はタイムそのもの・・・っというか小生はNXSと区
別がつきませんでした。
コチラはスカイロン程乗り手を選ばない性格にまとめられているようなの
で、スーパーアスリートな方でない場合、アイゾンの方が走るかも・・・・

ちなみに小生・・・フルディティ・ファーストがお気に入りだったのですが・・・
市場(タイムユーザー)は安価なタイムの存続を許さなかったようです。
悲しい・・・・

このフレームが健在なのは嬉しい限り・・・

P1030996.jpg
あと何年、製造してくれるのでしょうか?ずうーっと、このまま継続していた
だきたい逸品です。

こちらも健在!

P1030995.jpg
スーパーコルサ!納期・・・もう少しなんとかなって欲しいのですが、ホンマモ
ンは気長に待ちましょう。

んっ?なんだか「絶滅危惧種」ばかりに目が行っているような・・・

いつかは・・・と、思っていたら手に入らなくなりますよ~

もう、欧州のカジヤさん&コウボウさん・・・そんなにたくさん生き残っていま
せんので・・・「ホンマモン」が手に入りにくくなっておいでで、ございます。

やっぱり来るんでしょうか?

P1030986.jpg
円盤ブレーキ仕様!
慣れの問題なんでしょうけど・・・フィーリングは・・・・
あと、ちょっとしたことですが、カーボンフレームの場合重量増も無視できない
レベルかなー・・・花背とかの登坂は・・・・・
サイクリングロードとか平坦なところでなら・・・って感じでしょうか・・・

P1040019.jpg
サンマルコ様も一気に新型が・・・・絶句・・・

P1040020.jpg
小生愛用の機種も継続生産されるようで一安心。

当店でお勧めのカンパ様のホイール

P1040021.jpg
小生もニュートロンを愛用し始めましたが・・・なんでこんなによく走る
のか? スポークの張り方?リムの設計?トータルバランスの良さ?
小生ごときに原因の特定は困難ですが・・・一度所有して、乗り続けて
みてください・・・手放せなくなりますよー。

カンパ様(フルクラムも)のホイール、過激な仕掛けは見かけませんが、
オーソドックスで、基本に忠実、しかも地道なブラッシュアップが行われ
ていて、どれもよく走ります。精度の高いモノに乗っていることの気持
ちよさが何とも言えません。

チョー豪華なゲストもいらして・・・

P1040030.jpg
大変勉強になりました。

以上「ダイナソア様2015年モデル」でした。

PS:今回の試乗は、当店の目と鼻の先、ご近所の道路で行われました
ので・・・・
今朝、小生の愛機で走り比べてみました。

P1030979.jpg
小生が漕ぐのであれば、これもサイコーです。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/09 12:13

RNC7ヒルクライム仕様インプレ

スチールフレームのネオコットでヒルクライム仕様!!

P1030954.jpg
正しい選択でないのは充分理解しているつもりなのですが・・・

P1030769.jpg
8月に納車したスーパーネオコットの乗り味が忘れられなくで・・・

P1030950.jpg
ホイールだけですが・・・すごーいモノを導入してしまいました。
カンパ様ニュートロンウルトラクリンチャー
小心者の「小生」にとってはマサニ「キヨミズジャンプ」です!!

P1030765.jpg
スーレコ様は「キヨミズジャンプ」でも予算的に無理!!

P1030768.jpg
だって、スプロケだけでヂュラのクランクより高価なんですよ~

P1020872.jpg
RMZを10台ぐらいご用命いただいたら検討できるかも?
・・・それでも無理かなー?・・・・

P1030979.jpg
でっ、走ってみますともう期待通りというかなんというか・・・

走り出しから、ニヤニヤしてしまい・・・ご近所から「頭のおかしなおじさん」
っと思われているかも??

P1030963.jpg
いつものコースで確認してみますと・・・

痛快な登坂が楽しめます。

車体重量は8キロ中ほどと思われます・・・7キロ台のカーボンロードと
の違いは・・・リズミカルに走りやすいというか、バイクが小生に同調
してくれるというか、フレームがアシストしてくれるというか・・・・
フレームとホイールの相性がいいというか・・・

P1030964.jpg
登坂に要した時間は今季最短。

これは、自信をもってお勧めできる「ヒルクライムバイク」です。
でっ・・・大台ケ原もこれで登るの?っと、問われると・・モゴモゴ・・・

P1030666.jpg
そこはRL8の出番になるものと・・・・

P1030967.jpg
ここまで軽量なホイールですと、降坂に不安がよぎるのですが・・・・
これが・・・・なぜか?・・・気持ちよーく走れます。
この手の超軽量ホイールとしては多めスポーク数(F22、R24)
が、有効なのではないか?・・・・っと、推察しております。

そして、軽量すぎるリムのホイールが最も苦手とする平地巡
航やいかに?

P1030970.jpg

この区間の気持ちよさは・・・

P1030969.jpg
やはり、レーシング3&手組ホイールに軍配が上がります。
物理の法則なので・・・致し方ないかと・・・
ここまで軽いと、慣性が不足気味なので・・・・クランクをぶん回し
続けるべきなのでしょう・・・

貧弱な脚でぶん回してみました・・・・

P1030972.jpg
すると・・・・痛快な高速巡航っというか、悦楽の世界が・・・・

P1030973.jpg
カイッ・カン!!

RNC7、しなやかで、バネのあるフレームですが、芯のあるしなやかさ
なので・・・・ニュートロンのように剛性の高いホイールを装着して、思い
っきり漕ぎますと・・・すんごいレーシングバイクに化けます。
むしろ、これがRNC7の本性なのかもしれません・・・・痛快な走行でした。

P1030975.jpg
P1030976.jpg
ただ・・・・このところ展示会が続いていて・・・まともに走っていなかった
脚が・・・・あっさり売り切れました。

帰りの花背北側の登坂がどうなるのか?
売り切れた足でここの登坂は、ヒジョーに苦しくなると覚悟していたのです
が・・・

インナーロー(34×25T)に入れっぱなしにして、シッティングでくるくる
回しておりますと・・・

P1030966.jpg
なんとまーよく転がってくださること・・・新品RR1Xの転がり抵抗の低さ
も効いているのでしょうけど、ニュートロンウルトラクリンチャー、本当によく
転がってくれるホイールです。

P1030977.jpg
何の苦も無く、登坂完了!こんなにラクチンに登れるとは・・・・
登坂においては、小生が所有したことのある完組ホイールの中ではイチ
バン!っと勝手に認定いたします。

今年の前半に、「RNC7過激化」は「焼け石に水」とか書いておりましたが・・・
今回は・・・・スゴク過激化してしまいました。

P1030793.jpg
極上の乗り味が楽しめる手組ホイールも魅力的ですが・・・

P1030965.jpg
ニュートロンの出番も増えそうです。

以上「RNC7ヒルクライム仕様」でした。

PS:このホイールをRL8に装着したら・・・すんごいバイクになりそうです。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/10/02 12:04
 | HOME |