ナローなリムにして・・

P1040351.jpg
うぉんちゅーっ おーれのっ かたをっ♪~ 
だきしめーて・・♪~

いきなり意味不明で失礼しました。

小生と同年代の方にも、「ローな」と「にして」しか、かぶってい
ないので・・・・ムカーシムカシの映画や、シビッククーペのCMを
連想された方は、かなりの少数派かと・・・シビックだったっけ?イ
ンテグラだったっけ?記憶が・・・・ホンダのクーペだったと・・・
ちなみに・・は「くれ」です。(しつこいですね)

P1040358.jpg
新型のホイールが発売されるたびに「ワイドリム」が「売り」に
なりつつある昨今・・・・またまた「時代に逆行して・・」とお叱り
をいただくことになりそうですが・・・・

リム幅を広げることで、タイヤの剛性が向上して、限界性能が
上がる・・・というのはその通りかと・・・乗り心地とバーターでは
ありますが、レース用としては正しい進化だと思われます。

空力の話は・・・眉唾・・・でしょう、きっと、たぶん、おそらく。
幅が広がるということは、前からの投影面積がおおきくな
るということで、係数良くしても・・・・焼け石に・・

「剛性アップ」が「乗り心地」とバーターなので・・・・・タイヤを太くして
乗り心地を確保しますと・・・・重たくなるわけで・・・うーん・・・一般の
方にイイのだろうか?なんか本末転倒な感じがしなくも・・

リムのカーボン化で軽くなりすぎて・・・慣性不足を補うために
太い(重め)タイヤが重宝されているようですが・・・・(昨今の過
剛性なフレームも原因かと・・・) ・・これも本末・・

アルミリムの場合、ちょうどいい重量のリムが多いので・・・・
タイヤを太くする必要がありません。スバラシイ!!

P1040367.jpg
リムをナローにすると、こんないいことが・・・・
①23Cのままで、ワイド×25C並みの乗り心地
(剛性が落ちているともいえます。)
②クリンチャーでも、チューブラーチックなコーナリングが楽しめる。
 (タイヤの断面が丸くなり、しなやかに変形するので、路面への追随
がナチュラル!!)

P1040364.jpg
③23Cのままなので、25Cより走りが軽くなる。
(重量、転がり抵抗ともに有利です。)

P1040363.jpg

※スポークをタンジェント組にすると、乗り心地が良くなるので、タイ
ヤを太くしたくなりません。タンジェント組、路面への追随にも、効果
が期待できますね。ヽ(^o^)丿

上記評価は「おっさんのサイクリング用」としてのお話です。
短時間、高負荷のレース用であれば、スパルタンな乗り味を楽しめるの
で、ワイドリムは素敵な新製品かと・・・

ようするに、使い方によって、理想のホイールは異なるということで・・・・
「気持ちいいペース」でのサイクリング用であれば、「ナローリム×タンジェント
組」のホイールがお勧め!
走行時の気持ちよさがUPしますし・・・
翌日の疲労の少なさも、か・な・り・の・もの・です。

以上「ナローなリムにして・・」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/31 12:43

充電式ライト

でかい、重い、充電に時間かかり過ぎ・・・・
ついでに(todome)高価・・・・

充電式ライトにつきましては、つい数年前までそのよう
に認識しておりました。

しかし・・・

P1040340.jpg
最近のは、スマート、重くない、充電時間も許容範囲・・・
価格は・・・人により感じ方は様々かと・・・でも、だいぶ
導入しやすいモノになってまいりました。

小生も、リア側はすでに充電式を導入しておりまして・・・

P1040343.jpg
このモデル、充電の頻度も驚くほど低く・・・・充電式に
対する抵抗感が、カナーリ払拭され・・・・

P1040336.jpg
この度、フロントも充電式を導入することにいたいしま
した。


P1040349.jpg
夜間の走行はまだ一回だけなので、充電の頻度は・・・

P1040342.jpg
わかりませんが・・・

P1040344.jpg
これまで使用していた、電池式のものより・・・

P1040338.jpg
かなり明るかったです。

以上「充電式ライト」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/29 10:49

究極のオールラウンダー

選手のお話ではなく・・・

ロード用完組ホイールのお話です。

P1040323.jpg
フルクラムレーシング3

登坂よし、降坂よし、平地巡航ものびやかで、流しても飛ばしても
よく走る。

どこでも、どんなペースでも弱点をみいだせない、究極の完組
ホイールといえるかと・・・

リム重量も「いい塩梅」というか、バランスがいいというか・・・

この、リム、レーシング0、シャマルウルトラ、ユーラス、ゾンダと
同じような慣性(ほとんど同じ性格)でして・・・・

2006年のカンパ様のカタログ、ユーラスのキャッチコピーに、
「テストランによると、このコンセプトは、現在、性能と信頼性
の点で最高の解決策であることが、分かりました。」という表
現がありました。

小生も同感!であります。

このリム現在でも最高!!

P1040326.jpg
ハブの設計も理想的で・・・

P1040328.jpg
しかも・・・・

P1040329.jpg
カンパ&フルクラムのフリーボディーは・・・・シマノ用と、カンパ
用が、交換可!!!

P1040333.jpg
小生のようにシマニョーロな使い方も可。(写真はニュートロン)
将来このホイールで(要フリーボディ交換)、コンポをカンパに装
換することも可・・・・なんてユーザーフレンドリーなんでしょう・・・・
素敵です。

レーシング3は、ステンレス製スポークなので、乗り心地も良好。
最近の「過剰な剛性」のカーボンフレームでも使用可能で・・・
「適切な剛性」のよくできたフレーム(少数派ではありますが・・・)と組
み合わせれば極上の乗り味を楽しめます。

以上「究極のオールラウンダー」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/22 12:39

RNC7レーシングスペシャル

P1040310.jpg
いつもよりちょっとだけ早起きして・・・

P1040322.jpg
いつもの日曜よりちょっとだけ多めに走ってまいりました。

今朝のお供はいつものRNC7ですが、車輪を飛び道具(ニュー
トロン)に換えて・・・

P1040316.jpg
レーシングスペシャルにしてみました。

P1030963.jpg
昨年は、この仕様をヒルクライライム仕様とよんでおりましたが・・・

登坂が軽快なのは予想通り・・・降坂での自由自在なコントロー性
能、平地を流すとちょっと・・・でしたが、平地であっても思いっきり
漕ぐと、とんでもなく走る・・・・

「ヒルクライム仕様」にしたつもりでしたが、一生懸命漕ぐと「どこで
も」凄くよく走るので「レーシングスペシャル」と命名しなおすことに
しました。

※レーシングスペシャルといっても、多角形にコーナリングしたり
はしません。(若い方には意味不明と存じます。小生と同年代の方で
も漫画に興味がない方には、意味不明かと・・・・)

P1040130.jpg
まあ、実際のところ、ニュートロンが、「べらぼーによく走るホイール」
というだけのことでありまして、RL8に装着してもすごーく走ります。

P1030965.jpg
このホイール、バランスのいい、「よくできたフレーム」に装着すると、
見た目以上によく走ってくださいます。

小生、正直言いまして「ニュートロン」があれば、「ボーラ」も、「独の
軽い重量」も欲しいと思いません。(商売にはかなり不都合ですが・・・)

P1030950.jpg
これにチューブラー貼ったら、カーボンホイールの出番がなくなり
そうです。・・・あっ、クリンチャ―仕様しかないんですね。
さーすが、カンパ様、商品のヒエラルキーは堅持されておいでです。

以上「RNC7レーシングスペシャル」というよりは、「凄いホイール」
でした。

P1040314.jpg
追記:この季節の橋の上・・・時間帯によっては・・・・・こんなに危険な
状態に・・・・・黒いところは思いっきり凍っていました。
よく走る自転車で、いちびって走ると、えらいことになりそうです。

以上「追記」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/18 12:25

鉄のおはなし

昨日(1月14日)も先週に引き続き日本放送協会様の
番組で君津の製鉄所が取り上げられて、おいででした。

P1040305.jpg
小生、スチールフレーム大好き人間なので、今週も大
騒ぎして鑑賞させていただきました。

スチールフレームのなにが素敵って、生身の人間に
優しい乗り味!!
炭素繊維強化樹脂もアルミ合金も、乗り味に限れば
よくできたスチールチューブに負けていると・・・小生は感
じております。(とくにネオコットはすごーくイイです。)

あと、見た目・・・

P1040277.jpg
このイデタチだけでも、スチールフレームは存在価値が
あるものと・・・・
(これは人によって嗜好が異なるのでしょう・・・)

五十路おっさんの嗜好はよそにほっておいて・・・

日本放送協会様番組のおはなしに・・・
今週は転炉、と圧延の工程が・・・・薄板を作るまでを迫力
のある映像で紹介されておいででした。
鋼管や、線材についても紹介されていると嬉しかったの
ですが・・・(小生の勝手な期待)

あと、笑えなかったのが売店のシーン・・・

P1040309.jpg
缶の飲料はスチール缶のみの販売・・・・(写真は昨日飲んだコーヒーの)
アルミなんか売らないぞーっという訳ではないのでしょう
けど・・・製鉄所の売店なので当たり前なのかなー

P1030189.jpg
※当店はアルミフレームの自転車も販売しております。

来週も、もっと紹介してもらいたかったですが、なかなかそうは
いかないようで・・・しかし・・・
とーっても過酷で危険な現場、製造に携わっていらっしゃる
方々に感謝であります!!!

製鉄所紹介の番組なので、当たり前のことですが・・・・スチールフ
レームの製造工程はありませんでした。・・・ので、ネットで探して・・・

ユーチューブにて、「ネオコットテクノロジー」で検索しますと、「上尾
工場で鋼管からRNC7フレームができるまで」の動画を見ることが
できます。
P1040307.jpg
とても手の込んだ工程を経て極上の乗り味に・・・(写真はカタログの・・・)
※これを見ると自分の自転車がさらにありがたいモノに思えて、
とーっても幸せな気分になれます。

P1040286.jpg
1670グラムで軽量化といわれても・・・ですが・・・ここは見なかった
ことにしましょう。

そして・・・ロードバイクである以上、レースでの性能が問われ・・・
この動画で、最後に紹介されているのはカーボンのRMZ・・・

P1020858.jpg
やはり・・・レースに使用するのであれば、フレームマテリアルは
カーボンなんでしょうなー

以上「鉄のおはなし」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/15 12:03

RS8フレームセットの高性能ぶり・・

P1030320.jpg
えらくリーズナブルなのに・・・

P1030832.jpg
えらく走るRS8

P1040297.jpg
ちょっと高性能なホイールを装着しますと・・・・

P1040296.jpg
とんでもなくよく走る、無敵のレーシングバイクに化けます。

P1030267.jpg
(型落ちのC24―CLでこれだけ走るのですから、現行のWH
9000-C35-CLとか装着したら、手が付けられないんじゃ
なかろうか?)

P1020788.jpg
一昨年の展示会で試乗し、非凡な高性能フレームであるこ
とは感じておりましたが・・・ここまで走るとは・・・汗・・・

そういえば、当店のお客様の中に、RS8エキップで購入後、

P1040301.jpg
レース用にボーラを購入された方がいらっしゃいました。

P1040302.jpg
このフレームに超高性能ホイールは大正解!
コンポもハイエンドを搭載すれば、ほとんどのハイエンド
バイクを凌駕してしまいそうです。

販売店としては、リーズナブルなフレームでここまで走られると、
複雑な気分になってしまうというか、都合が・・・でありまして・・・・

P1020789.jpg
プロ仕様のRIS9よりは、アマチュア向けにデチューンされている
はずなのですが・・・・その性能差は、直接乗り比べないと感じとれ
ないほど・・・小生、一週間空けて乗り比べたら感じとれなかった
かも?

P1040161.jpg
フレーム買って、ヂュラで組むことをお勧めしたくなる「スゴーイ
レース用機材」です。

カナリキテ―ル・・・・

以上「RS8フレームセットの高性能ぶり・・」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/10 18:44

ネオコットVSスーパーコルサ

昨日(1月7日)、日本放送協会様の番組で、君津の高炉
(製鉄所)が取り上げられていて・・・・

スチール大好きな小生、食い入るように鑑賞させていた
だきました。
今回は、鉄鉱石から銑鉄までの工程で・・・製品化までは次回
とのこと・・・来週も、観賞させていただきたく存じます。
やっぱり鉄っていいなー!!

さて、鉄・・・スチール・・・小生、スチールフレームで組んだ自
転車を2台所有しております。

P1040277.jpg
チネリ、スーパーコルサと、

P1040286.jpg
アンカーRNC7

P1040289.jpg
スーパーコルサの方は、最近、店頭で見本と化しております。
※このフレーム、現在でも受注可能ですが、納期が1年以上・・・

年末年始のお休みに引っ張り出して、久々に乗ってみました。

乗り味は相変わらずサイコー!!

走りは・・・・50年以上前の基本設計ですので・・・・よくできたス
チールフレームですが、現代のレーシングフレームとの比較
は、いかがなものかと・・・やはりクラッシックな走行性能です。

P1040288.jpg
BBの横剛性自体は高め(RIS9、RNC3と同等かそれ以上)な
ので、パワーのある人が、正しいスキル(これがけっこう難し
く・・・)で走らせれば、かなり速い自転車です。 が・・降坂でのコン
トロール性、登坂での軽快さは・・・・です。

あと、現代の完組ホイールとの相性は、・・・あまりよろしくな
い様です。(かなーりスパルタン)

P1040280.jpg
昔のスチールフレームは、サイズごとにチューブの剛性を
変えていないのか?小さなフレームは硬くなる傾向が・・・

ここまで、レース用の機材としては、いまいちな評価に終始
しておりますが・・・・・
そもそも小生が「チールフレーム大好き人間」なった原因
がこの「スーパーコルサ」だったので・・・・
レース用機材とは別の視点で評価すべき、工芸品なのか
なー?っと推察しております。
昔のアルファとか、ブガッティーを走らせて楽しむような・・・

P1040202.jpg
そして、現在小生の主力機になっているRNC7
乗り味は、小生が乗ったこのあるロードの中ではサイコー!!

走りは、20年以上前の基本設計ですが・・・これが不思議と
現代のレーシングフレームと比較したくなるような・・・
得手不得手はございますが、トータル(登坂、降坂、平地)で
みれば、凌駕はしないかもしれませんが、それほど劣っても
いない・・・よく走ります。

特に、降坂時のコントロール性、比較するロードが見当たらな
いほど・・・・
平地巡航もRMZと比較したくなるほど・・・・

あと、骨や関節にくる疲労も驚くほど少なく、琵琶イチとか
だったら最速なのではないか?っと思うほど。

P1040068.jpg
カーボンのRL8よりも「お腹がすく」ので、消費カロリーは、少
し多めなのかな?
純粋にレース用機材として評価すると・・・・・なのでしょう。

スーパーコルサとの比較では、こちらに軍配が上がっていま
すが、RNC7の方は、小生用に目くじらをたてて、スポークのテ
ンション、ハンドル周りの角度等をチューニングしまくっており
まして・・・・割り引いて考える必要があるかもしれません。

P1040293.jpg
コンポ等の重量&性能差も無視できない?

P1040291.jpg
また、今回の評価は、体重52キロの貧弱なおっさんの評価な
ので、出力や、体格のリッチな方が乗った場合、評価が逆転す
るかも?(フレーム剛性の設定が、RNC7の方が控えめになっ
ています。)

まとまりのない記述になっておりますが・・・・

走行性能はよそに置いておいて(それをよそに置いておく?)
どちらも、幸せな時間が過ごせる「素敵な自転車」です。

以上「ネオコットVSスーパーコルサ」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/08 13:04

謹賀新年

P1040281.jpg
本年もよろしくお願いいたします。

P1010953.jpg
このお方は、六甲山にお住いの羊さんです。

新年早々いきなり閑話

六甲山の辺り、自転車で走ると楽しい道路がいっぱいありま
して・・・
昨年、この周辺で、知人の超軽量自転車に乗って峠を下り・・・・
「軽いのもほどほどにしないと」っと改めて悟った小生であり
ます。
信頼のおける一流メーカーのフラッグシップだったので、期待
が大きすぎたかも?やはり、やりすぎた軽量化は…のようです。

閑話休題

P1040284.jpg
年頭にあたり、昨年に引き続き、「アンカーフィッティングシステム」で、体
力測定を行ってみました。

で、結果は・・・

P1040283.jpg

昨年よりも、ちょこっとだけ低下しているもようです。
でも・・・入力した年齢が1歳多くなっているため?か?年齢別の評
価はおそろしく高いまま・・・242ワットでスーパーって言われても・・・

このシステム、若い方には容赦のない評価を下しまくるのですが、
ある程度の年齢になると「ヨイショ」し過ぎというか、なんというか、
営業的なプログラムなのではないかと・・・・
(評価の表現にプアーとか、営業的ではなかったりも・・・・)

それでも、いい評価をいただいたのでご機嫌なおっさんです。

さて、おっさんの自己満足はよそにほっておいて・・・・

アンカーフィッティングシステム・・・乗り手にちょうどいいポジ
ションと、ちょうどいい剛性を提案してくれるスゴーイシステム
です。
ちょうどいいポジションはともかく、ちょうどいい剛性の方は・・・・

P1030927.jpg
フルオーダーのRMZしか選択が・・・

しかし・・・アンカーのレディメードモデルであっても・・・

P1030818.jpg
RIS9と、

P1030935.jpg
RNC3は剛性が高め、

P1030926.jpg
RNC7と、

P1030942.jpg
RL8は剛性抑えぎみだったり・・・・

P1030162.jpg
RA6は非常に高剛性だったりするので・・・・機種選択の目安になります。

※適正剛性は、有酸素能力(推定値)、体重、使用方法、使用者の好み
等を勘案して提案されます。

欲しいと思った機種が過剛性だっり、剛性不足になることもないとは
限りませんので、是非このシステムをご利用くださいませ。

※※昨今の市場を見る限り、剛性不足になることは滅多にないかも
しれませんが、過剛性になることは、かなりの確率で起こりうるものと
思われます。

P1040285.jpg
システムで剛性判定を行う際は、6分ほど、そこそこの負荷で漕いで
いただく必要がございますので、運動可能な服装、と靴を御用意願い
ます。

1月25日までウインターセールを開催中!オーダー品等もいつもより多
めに勉強させていただいておりますので、是非ご来店くださいませ!!

以上、「フィッティングシステムのご案内」でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/01/04 10:20
 | HOME |