R9100番ヂュラ

早期予約分のR9100番

P1060919.jpg
入荷してまいりました!!!\(^o^)/
※売約済み

P1060486.jpg
9000番のクランクも軽すぎて大笑いしていましたが、
9100番も爆笑してしまいました。(あまりの軽さに)

P1060922.jpg
大改革なリアディレーラー・・(;^_^A

P1060924.jpg
こんなにニクヌキして・・・

P1060923.jpg
ニクヌキして・・・

かるーく仕上がっています。(*^_^*)

写真では解りにくいですが・・・高級感は万全!
展示会とかの見本では、感じていなかったのですが・・・
製品版・・・見ているだけで気分が上がってしまいます。\(^o^)/

以上「R9100番ヂュラ」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/29 19:33

技術屋魂

昨日10月26日は水曜日で定休日。

P1060828.jpg
お天気は微妙でしたが・・・
阪急&ポートライナーに乗って、
神戸ポートターミナル・大ホールに行ってまいりました。

P1060871.jpg
この過給機、すごいでしょ!
サイズがわかりにくいので、小生の拳も、

P1060872.jpg
だいぶ手前にかざしてみました。
こんなでっかい過給機・・・初めて見ました。

P1060885.jpg
こちらは熱交換器

P1060856.jpg
とても精密なハニカム構造です。

過給されて、冷却されるのがこのお方

P1060876.jpg
倒立式で、出力軸がオフセットされています。
(吸排気が下で、クランクシャフトが上・・・出力軸が上
にありそうだけど・・・下側に・・・)

で、この発動機が搭載されているのがこのお方・・・

P1060881.jpg
※発動機が複雑なことになっているのは、この機首形状
のためなのでしょう・・・きっと・・

P1060851.jpg
液冷式にすることで、機首部分の空力が向上するのだ
そうです。

2016083114340000.jpg
空冷式は、こんな感じ

P1060886.jpg
冷却装置をお腹に抱えていますが・・・この分の空気抵抗
も・・・たぶん計算されているものと・・・

空力改善・・・液冷発動機の他にも・・・高アスペクト比の細長
い(面積を小さくした)翼・・・

P1060833.jpg
翼面積の増大は、空気抵抗の増大につながるのだそうで・・

三式戦闘機「飛燕」・・・新幹線の2倍ほどの速度で飛ぶ
そうです。(゚д゚)!

翼面積の増大≒空気抵抗の増大
翼面積の増大≒空気抵抗の増大
翼面積の増大≒空気抵抗の増大

最近のスポーツ自転車業界には・・不都合な事実・・・

あと、風洞実験が盛んになるとともに、葬り去られたはずの
カムさんの戯言・・・なんで今さら・・・

翼は機体を浮かせたり、運動させたり、車体を地面に押し付
ける仕事をするためにあるので・・・仕事をする必要のない
翼は無いほうが、空力は良くなります。

リム高くして、フレームを大きな看板にしても、空力的には速くな
りません。(遅く○○○○。)
※リム高くすると、車輪の剛性が向上したり、慣性が適正化される
ことがあるかも?

あと最近の自転車メディア、タイヤの太さに関する記述や、
制動装置に関する記述に、根拠のない虚偽が・・・
多くなっているような気がいたします。
(前提条件に誤魔化しが・・・・)

気を取り直しまして・・・
修復作業の動画も展示されていて・・・
その作業の大変さ、想像を絶するものがございます。

日本人の物造りに対する、拘り、一生懸命さ、真面
目さ・・・・感動ものです。


飛ぶツバメさんの末柄

img01[1]
飛びっぷりの見事さは、拘り、一生懸命さ、真面目さ
の結晶なのでしょう。きっと・・・\(^o^)/

過給機つながりで・・・

P1060835.jpg
小生が若いころの・・・

P1060836.jpg
こちらの過給機は、排気の力を利用しておいでです。

その末柄

P1060849.jpg
こちらは「飛燕」と同じ方式、機械式過給機を使用し
ています。

P1060841.jpg
ライトないし・・・

P1060898.jpg
バックミラーの代わりに翼!!

P1060842.jpg
その公道走行可タイプ

P1060837.jpg
新幹線より速いかも??

魂のこもった物造り・・・

P1060852.jpg
未来に受け継がれ続けて・・・いただきたいものです。

以上「技術屋魂」でした。

蛇足:
コクピット再現コーナーというのもありまして・・

座らせていただきました。

P1060890.jpg
フォーミラーカーのコクピットよりも、快適な広さ!

P1060870.jpg
計器類も別のコーナーに再現されていて・・・
全部漢字表記!!素敵だー\(^o^)/

あと・・・
せっかく神戸まで来ているので・・・

P1060908.jpg
こんなのや

P1060910.jpg
こんなの

P1060916.jpg
こんなのも拝見してまいりました。
ヤマト1・・・超伝導電磁推進???
実用化されていないのは何故???

P1060918.jpg
機関室が船体の8割以上かな?
人乗れないし、モノ運べないし・・・
普及しないことに納得。(*^_^*)
それでも・・・トライすることは大切ですね。

せっかくトライするなら・・・
P1060899.jpg
自転車も、フロントセクションは、シンメトリーでお願いし
たいものです。(普及しなくていいので・・)

以上蛇足でした。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/27 13:18

ネオコットに乗ろう!

近頃、市場を席巻している、レース用カーボンフレーム・・・

P1060816.jpg
ごく少数ではありますが・・・
本当にすごいフレームが存在することは認めます。

P1060817.jpg
RS9とか・・・

2010年・11年のT社オールラウンドタイプとか・・
(このころのT社・・翼みたいなやつとか、石畳用とか
はなくて・・・良心的な製品が多かった。シートポスト
の固定方法は???でしたが・・)

Sお仕事、舗装路面すごく軽いぞ3番&ニュー舗装路面とか・・・

P1060738.jpg
日本での流通状況は・・・ですが・・ケモとか・・・

確かに、この辺りは、強化プラスチックのメリットを十二分に
生かし切れていると・・・思われます。

ただ・・最近の廉価バージョンとか、ツール走ってるハイエンド
とか・・・決して、走行性能に進化がない・・というか・・
劣化気味というか・・・利益最優先というか・・・

素敵なフレームが少なくなってきていて・・・悲しい限りです。

P1060827.jpg
アルミフレームに良心的なものが増えつつあり、少し救われ
ている感じもあるのですが・・・

UCI様も・・・スポンサー様の○○に屈したのか???
走らない方向に・・・○○―○の○○を○○してしまいました。

もう、ワールドツアー走ってるバイクは、参考にならないの
で・・・
一般サイクリストは、自分の使用方法にあったスポーツ走行
用ロードバイクを探してみてはどうかと・・・

で・・市場を見渡しますと・・・・

P1060684.jpg
コレ・・・が一番のお勧めということになりまして・・・

P1060645.jpg
普通のクロモリフレームとは一線を画す、特別な良品です。

軽くない(重い)ので、登坂性能はそれなりですが、一般の
方が想像するよりも遥かに走ります。(登りも)

P1060823.jpg
軽量なホイールを装備しますと、エンデュランス系カーボ
ンフレームを軽く凌駕します。

ただし、RNC7は剛性を控えめにしてあるので、パワー系の
方や、体重のリッチな方には・・・

P1060644.jpg
RNC3がお勧めです。(RIS9並みの加速性能!!ヂュラで組
むと無茶苦茶走ります。)

r01[1]
自動車の世界も、レーシングカーと、スポーツカーは全くの別
物になっちゃってるし・・・

file[1]
日本の公道で合法的にスポーツ走行を楽しむのであれば、マ
ツダロードスターとかが、よかったりするのと同じように・・・
ロードバイクも、京都近隣の公道で・・・合法的にスポーツ走行を
楽しむのであれれば‥

P1060800.jpg
ネオコットがイチオシです。

以上「ネオコットに乗ろう!」でした。


PS:当店展示中のネオコットフレーム

P1060826.jpg
RNC7(サイズ520トップ水平529)

P1060825.jpg
RNC3(サイズ510トップ水平518)
思いっきり勉強させていただきます。

ネオコット、新たにオーダーする際も、
RNC普及プロジェクトにより、特典(割引)が
あります。


蛇足:ワールドツアー・・・お薬による科学的処方だの、電気による
動力だの・・・円盤制動装置、ブットイタイヤetc・・・
何の為に、どこに行ってしまうのでしょうか??
おそらく、利益最大化のためにやってるのでしょうけど・・・
はたして、思惑通りに・・・かな?
うまくいかないんじゃないかなー??

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/20 11:56

25C慣れてきました。

ぶつぶつと文句を言いながらも・・・
乗り慣れてきた700×25C

P1060817.jpg
今朝もプチサイクリングに使用してまいりました!

R1Xの23Cと比較すると、微細なデメリットがあり、
微妙なメリットのあるR1X25C

P1060818.jpg
でも・・・ほとんどの23Cクリンチャータイヤよりも良
く走るので、R1Xの23Cと比較しなければ、なんの不
満もない、良いレーシングタイヤということになります。

P1060456.jpg
今回、小生が使用しているリムは、23Cにも対応可能な
ものなので、23でも、25でも気に入った方を選択可
能ですが・・・

P1060595.jpg
ゾンダ・シャマル・れーゼロ辺りはリム幅が広がってし
まい、カンパ様推奨タイヤは25C以上とのこと!!

BS様にうかがったところ、れーゼロ幅広リムに、エ
クステンザシリーズの23Cは、篏合テストに合格して
いるとのことですが、乗り心地がどうなりますやら・・・

もしもの話・・・23Cを選択できないと、仮定しますと・・・

P1050836.jpg
パワー不足な小生は、ボーラ35クリンチャーが欲し
いと思うようになりました。
(25Cの乗り心地良さはそのまま、外周部が軽くなります。)

カンパ様・・・アルミリム幅広化・・見事な戦略のような
気が・・しないでもないような??

P1050844.jpg
カーボンリムクリンチャーホイールのメリットが、解りや
すくなったかも??

シマノ様のクリンチャーホイールは、日本市場を重視して
くださったのか?
R9100シリーズでも700×23Cが装着可!!

どちらの路線が主流になるのか?

フレームが硬くなって・・・完組ホイールが市場を席捲する
中で消えそうな、21Cチューブラータイヤみたいに・・・
700×23Cが極端に少なくなるとは思えませんが・・・

2016_Giant_Road_E_Plus_1_update[1]
ディスクロードとか、電動ロードとかも増加しているよう
ですし・・
さらにフレームが硬くなって、乗り心地が悪くなる昨今・・・
タイヤは28Cとか、32Cとか650b??とかが増え
てくるんでしょうか?

以上「25C慣れてきました。」でした。

PS:先日、店内が素敵なことになっていたので・・・

P1060815.jpg
嬉しくなって写真を撮ってしまいました。

P1060816.jpg
さらにもう一台レーススタイルが入荷予定でして・・・
小生が大好きな良品・・・是非、多くの方々に使用して
いただきたいものです。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/16 12:05

ネオコットで秋を満喫

昨日、10月12日は水曜日で定休日。

P1060777.jpg
お天気にも恵まれ・・・
本当に、気持ちいいお天気でしたので・・・
ホッコリのんびりサイクリングに行ってまいりました。

P1060780.jpg
今回のお供はRNC7
先日、23CのR1XをC24CLに装着したら、びっくりするぐらい
よく走ったので、いつもの峠で試してみたくなり・・・
降坂と平地巡行性能には目をつむって・・・登坂がどれだけ
楽になるのか???

P1060784.jpg
峠の入り口、鞍馬辺りのモミジはまだ緑色でした。

登坂性能やいかに?

P1060786.jpg
やっぱり、車輪外周部軽量化は、ダイレクトに効きます!

カーボンリムクリンチャーホイールよりいいかも?
シマノWH-7850-C24CL・・もう、型落ちの型落ちの
型落ちで、スポークもかなりヤレテいるにもかかわらず、
素敵な登坂性能を発揮してくださいました。

P1060787.jpg
峠の頂上は、こんな気温。

P1060790.jpg
快晴ではありますが・・

P1060789.jpg
降坂を楽しむためには、もうウインドブレーカーの出番です。

P1060791.jpg
悦楽の世界に突入!!

P1060795.jpg
景色も素晴らしく・・・

P1060796.jpg
道も気持ちよく・・・

P1060797.jpg
快感にひたりましたー

P1060808.jpg
おいしい空気・・・程よい気温・・・

P1060798.jpg
秋を満喫できました。

以上「ネオコットで秋を満喫」でした。

PS:意図したわけではありませんが・・・

P1060800.jpg
コンポ7900

P1060805.jpg
ホイール7850

P1060802.jpg
ペダル7810

P1060803.jpg
シートポスト7410
型落ちヂュラ満載でした。(*^_^*)
機械式ヂュラエース、手入れを怠らなければ・・・
永く、気持ちよく、機能してくださいます。\(^o^)/

機械式R9100・・・予約受付中。セール価格適用いたします。
C24CL・・・9000番まだ、手に入ります!R9100は予約受付中!
価格差が、かなーり・・・・です。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/13 12:36

舌の根も乾かぬうちに?

25C・・・「乗り続けようと存じます。」っと、
書いておきながら・・・

P1060758.jpg
今朝のプチサイクリングに、23Cを引っ張りだし
てしまいました。

P1060757.jpg
23Cを履いたRS9の、切れ味鋭い走行感、というか、
乗り味が恋しくなったので・・・

で、乗ってみた感想は・・・

P1060759.jpg
「やっぱり23Cのほうがよく走るわ!」(゚д゚)!

操作性でも、23Cのほうがいい感じ・・・

25Cの方は、よく言えば「おおらか」・・
正直に本音をもらすと、「大味」

P1060723.jpg
空気圧を低めにした際、乗り心地に素晴らしいもの
がありますが、速く走ろうとすると・・・
ほんのちょっぴりですが、「足枷」になります。(”^ω^)・・・

ただ、上記は、23Cに乗りなれたオッサンが、RS9に乗った
際の感想ですので・・・

25C仕様を前提に設計されているかもしれない・・・
ツール走ってるフレームとかは、23Cだとポンポンはねて
危ないのが、少なくないので・・・

25Cに慣れるしかないんでしょう・・・きっと・・・( ;∀;)

P1050358.jpg
おおらかな乗り味が売りのRLとかは、25Cもいい感じですが・・

P1050732.jpg
レース用高性能車には23Cがいいかも?

3日かけて東京までツーリングとか・・・
参加するイベントも、耐久性を競うものとか・・・
そういった用途には25Cを推奨してまいりました。
25Cの美点が発揮されることと思われます。

ワンデーレースとか、ヒルクライムの場合は、23Cがよ
ろしいのではないかと・・・

あッ・・・ツールって・・3週間で3千数百キロ走るので・・・
プロにとっての3週間3千数百キロって、アマが3日で東
京まで行くのと似たような耐久性が、求められているの
かもしれません。

P1050780.jpg
あと、最近は、新型試乗の際・・・
ブットイタイヤが装着されていることが多くなっている
ので・・・

P1060761.jpg
業務の都合上・・・25Cを乗り続けてみようと存じます。

以上「舌の根も乾かぬうちに?」でした。

PS:最近、新型試乗で、「ハイエンドなのに、走らないフレー
ムが増えた」っと、嘆いていたのですが、ひょっとしたら
「太いタイヤのせいかも?」っと思いまして、25Cを常用す
る必要性を感じていました。

25Cを日常的に乗ってみて・・・・
「走らないフレームが増えた」と感じたのは・・・
タイヤのせいだけではなく、

P1060247.jpg
極端によく走るフレームに、小生の小脳が慣れてしまって
いたことが、原因のようです。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/08 12:25

ホンマモン!KEMO KE‐R8(5&4KS)

昨日10月5日は水曜日で定休日。

P1060733.jpg
お天気は・・とりあえずいい感じで・・・
(帰途は降られました。)

京阪に乗って、塩野自転車㈱様の展示会に行ってまいりました。

これまで契約が無かったのですが・・・

P1060729.jpg
ご案内をいただき、喜んで、馳せ参じました。\(^o^)/

なぜ喜んだのかといいますと・・

P1060738.jpg
(写真は5KS)
ケモ・ハイエンドフレームKE-R8の高性能ぶりに感心していたから・・

ブッチギリの高性能!!

乗り手は選びます(貧脚の小生は選ばれません)が、本格
派ライダー&上級者にお勧めのフレームです。
純粋に、走りに拘った開発が行われなくなっているためか?
2017モデルでは、よくできた競技用機材が少数派になって
いて、業界の危機を感じる昨今ですが・・・
このモデルは貴重な少数派で、ホンマモンです。\(^o^)/

P1060739.jpg
(写真は4KS)
5KSと4KSの相違点は表層のカーボンシート

P1060742.jpg
5KSはテキストリーム

P1060743.jpg
4KSは1K(対5KSで若干重量増)

P1060744.jpg
KEMO KE‐R8、最大の問題点は、国内流通量の少なさ・・・
代理店様に在庫がない場合、納期は3か月以上かかるかも?
あと、手配可能かどうかも要相談???
・・・みたいなことも、無きにしも非ず・・・

現在Sサイズ、トップチューブ525ミリのものが、若干数手配
可能だそうです。
ほんの数本だそうで、ご購入を希望される方はお早目に・・・

P1060753.jpg
トレンドに逆らい続けては、ご飯が????????

P1060752.jpg
ビジュアル系もいらっしゃいました。(;^_^A

P1060737.jpg
P1060735.jpg
あと、良心的な価格のスタンダードバージョンも\(^o^)/

続きまして・・・
身体が大きめの方限定ですが・・・( ;∀;)
質実剛健なブランド(”^ω^)・・・
キューブ

性能を損なわないように・・・

P1060750.jpg
適度にお洒落さんで・・・

ごくごく普通に見えますが・・・

P1060749.jpg
こちらも、本格派に喜ばれるであろう・・・
逸品です。

諸事情によりキューブの方は、年末ごろ?それ以降に、受注
開始できるかも?できないかも?m(__)m

以上「ホンマモン!KEMO KE‐R8(5&4KS)」でした。


蛇足:♪ど・おして♪どうして♪
2017・・・○○○○○○なってしまったのだろう( ;∀;)
新興国市場が、期待したほどではないことに気が付い
たのか?パリ・ルーベの件が影響しているのか?
「ノーマルなロードレーサー」は5年やそこらで、無くな
ることはないでしょうけど・・・
そもそも、コンシューマー向け商品の規格を、プロレース
に押し付けなくてもいいような気が・・・

あと・・・欧州やアジアでは、MTBやトレッキングバイクが、
スポーツバイクの主流で、ロードは元々少数派ですが・・
今年のユーロバイクで、最も勢いがあったのは、Eバイク
だったとか?
新興国市場って、モータリゼーション真っ只中って感じな
ので、YPJみたいな自転車がこれからの主流になったり
するのでしょうか??

以上「蛇足」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/06 15:37
 | HOME |