ネオコットの良いところ

小生の知る限り、市場で最も優れた競技用フレーム・・

P1070253.jpg
RS9を所有していながら・・・

自転車日和に、自由な時間がながーく取れた際・・・

P1060231.jpg
こちら(RNC7)に乗りたくなることが多いのは
何故か?

それは・・・
気持ちいいから、乗り味が優れているから・・・(*^_^*)

P1070263.jpg
プロフォーマット(推進力最大化解析技術)を用いて
製品化されたRS9の機動性は、他社製品を圧倒して
いる・・・っと、小生は感じております・・が・・
ネオコット(新形状最適化理論)により製品化された

P1070256.jpg
RNC7と、乗り味で比較しますと・・・
いろいろと・・・でして・・・

P1060182.jpg
純粋に競技に要求される性能を高めたRS9と、

P1060823.jpg
長距離ライドに適した剛性のRNC7を、乗り味で比較
すること自体、ナンセンスなことなのでしょうけど・・・
カーボン製のロングライドモデルであっても、ネオコ
ットとの比較では、コテンパンな評価に・・・

P1070264.jpg
※写真は化粧カーボンシート
「カーボンは乗り心地がいい」っと思い込んでいる
フシがありますが、
それは・・・
2000年ごろの、ガチガチに剛性を高めた極太アルミ
フレームとの比較、しかも、当時の細身カーボンチュー
ブでの比較であって・・・

P1070266.jpg
※写真ではよくわかりませんが単一方向のシートです。
現代のカーボンフレームは、当時(2000年ごろ)の
アルミフレームを軽く凌駕する剛性の高さを実現してお
り、最新の設計により乗り心地も考慮されてはおいでで
すが・・・それでも・・・当時(2000年ごろ)評
価の高かった、アルミスポークの高剛性ホイールと組み
合わせますと・・・
長い時間乗っていられないモノが市場を席巻しておいで
です。( ;∀;)
剛性を高めた欧米ブランドのレース用カーボン、
乗り味なんて悠長なことは・・・

P1070270.jpg
※カーボンの進化とは相反しまして、最近のアルミフレームは、
乗り心地に優れたモノが、多くなりつつあります。(*^_^*)

閑話

P1060818.jpg
ブットイタイヤが、市場に拡がりはじめており・・
軽くて、硬くて、ポンポン跳ねる高性能フレームの問題点
を緩和するために、エアボリュームを増大させているの
か???
あと、輸入代理店様の方がタイヤメーカ様から聞いた
話の・・マタ聞きデハアリマスガ・・・
オンロードでディスクブレーキのメリットを生かそうと
すると、タイヤのサイズは25Cでは不足気味・・
最低でも28C・・できれば32C(゚д゚)!ぐらいは欲しい
とか・・・そういえば・・・
T社様のエンデュランスディスクブレーキモデルには、32C
が標準装備!!・・(゚д゚)!
さすがT社様!合理的!・・・でも・・・
32C・・もっとパワーが欲しくなりますよね~( ;∀;)

ブットイタイヤに対応するためか・・・
リアセンター("^ω^)・・・マッドガードとか、キャリア
とかつけたくなるような・・・
これ、ロードですか??(;^_^A
他ブランドでも、ディスクロードのリアセンター430とか(゚д゚)!
・・・・マジですか??( ;∀;)

買い替え需要を刺激し、利益最大化を目指す、ブランドマ
ネジメント会社様、OEMメーカー様、メーカー様等々の
方針に、追随せざるを得ない弱小販売店としましては・・・
もう少し、エンドユーザー様のメリットを、重視していた
だけると嬉しいのですが・・(;^_^A
この業界は、どこに行ってしまうのでしょうか?
ある程度普及したところでまた・・ハシゴを・・
されたりして???( ;∀;)

長すぎる余計な閑話・・休題(;^_^A

フレームの乗り心地の話から、えらく脱線してしまいまし
たが・・・
ロードバイクの市場が大衆化している昨今・・・
モノ造りがグローバル化してしまっている昨今・・・
いたし方のないことと、理解しております。

それでも・・・ホンマモンを味わえる、貴重
な製品が、今ならまだ手に入ります。\(^o^)/

P1070259.jpg
チューブの成型から、上尾工場で加工される、極
上の逸品・・

フレームサイズも細かい刻み、フォークも細かく
適正化されていて・・・乗り手にフィット!!

P1070251.jpg
カタログスペックからは読み取れない上質さ・・・
週末のお供にいかがでしょうか?

P1070258.jpg
以上「ネオコットの良いところ」でした。

PS:ユーチューブで「ネオコットテクノロジー」
と入力して検索しますと、RNC7製作工程の動画
を見ることができます。
なーんと・・ホントーに・・
上尾工場で撮影されておいでです。(゚д゚)!

広告代理店が、スタジオや倉庫で、製作現場風、実験
室風に模した、異常に綺麗なイメージ動画(アジアメー
ドなのに、何故かアングロサクソンな方がいっぱい映っ
てる)とは異なり、ホンマモンの現場が映っています。
実際の製作現場は、イメージ動画のように煌びやか
ではありません。
ぜひご覧ください!!(*^_^*)


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/26 16:54

R500×グラベルキング×RFX8

表題と異なり、恐縮ではありますが・・・

P1070247.jpg
年末年始の営業につきまして・・・

12月は30日と31日,1月は1日2日3日に、お休みをいただきます。
12月28日は水曜日で定休日
1月4日も水曜日ですので定休日になりまして、
年始は5日からの営業となります。

以上「年末年始のお休み」でした。

P1070199.jpg
昨日、12月21日は水曜日で定休日。

P1070201.jpg
お天気にも恵まれ・・・

身体内の大掃除・・・LSDサイクリングに行ってまいりました。
※LSDはお薬ではなく、長く、ゆっくり、距離を走るという
意味です。

今回のお供は・・・
サイクリングロード巡航が気持ちいい仕様の

P1070204.jpg
RFX8

P1070203.jpg
R500のハブもいい感じに、素直に育っておりまして、
今が旬!食べごろ!よ~く回る状態です。
シマノ様のカップ&コーン・・・廉価なモノなのに、素晴らしく
いい感じに、育ってくださいました。

中速程度の巡航で威力を発揮してくれるWH-R500-30

リム(外周部)の慣性モーメントは・・・
非力な小生には、ちょこっと(カナーリ)大きめですが、
加減速の少ないサイクリングロード巡航では、非常に
気持ちのいい、好性能を発揮してくださいます。

※無理にカタログスペックを高めるため(軽いことを誇示す
るため)に、スポーク数を少なくしすぎているモデルより、
走行性能で優れている面が…あったりします。\(^o^)/
※スポーク数不足気味のホイールは、色々と難点が・・・( ;∀;)

そして、タイヤ・・・

P1070200.jpg
グラベルキング23Cですが・・・

P1070218.jpg
こういうところを走るために装着した訳ではなく・・・

オンロードでのグリップ力が抑られたコンパウンドと、
グラベル用に乗り心地を良くしたしなやかなサイドウォール
に期待して・・・・

LSDに、乗り心地の良さを期待することは、すぐに理解してい
ただけると思いますが・・・(*^_^*)

グリップ力抑制に、何を期待しているのかといいますと・・・
走行抵抗の軽減!
らくちんな加速と、らくちんな巡航を目論見ました。(*^_^*)
※グリップ力増大≒走行抵抗増大(゚д゚)!

期待以上に軽いペダリングを満喫できました。\(^o^)/

気持ちよく身体との対話を楽しみながら走行し、
末端の毛細血管が、目覚め始めたころ・・・

幻想的な世界が(゚д゚)!

P1070210.jpg
五里霧中??

P1070211.jpg
流れ橋もこんな感じ・・・

P1070212.jpg
山城大橋も・・・
※ご安心ください、某C国の汚染された大気が流れてきたのでは
なく・・・霧です・・・

晴天時、開放感あふれる景色のときよりも、集中力
が高まったのか?身体との対話がうまくいったよう
な気がいたします。(*^_^*)

P1070207.jpg
木津川は幻想的・・・

P1070219.jpg
桂川は開放的・・・

一粒で2度おいしい?
楽しい休日になりました。\(^o^)/

以上「R500×グラベルキング×RFX8」でした。

未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/12/22 13:25

サンマルコ・リーガル

P1070176.jpg
現行版のリーガルレーシング

P1070178.jpg
リーガルらしい形状は継承されておいでです。

小生の年代だと・・・リーガルといえば・・・

P1070188.jpg
こんな感じのものをイメージしてしまうのですが・・・

購入されたお客様の所感によりますと・・・
13~14年ごろのリーガルレーシングから乗り換えても・・
「違和感は全くない!」っとのことです。(゚д゚)!

見た目はともかく、名作の後継機種に違和感がない
ことは、素敵なことです。\(^o^)/

使用していて違和感がない(らしい)だけでなく、ず
いぶんと軽くなっておいでですし・・・

サンマルコ・・・最近では珍しい・・・ユーザーライクな
ヨーロッパブランドです。(;^_^A
※モノ造りのグローバル化で・・・欧州のホンマモンがほぼ壊滅し
てしまい・・・悲しい限りです。
ごくごく少数ではありますが、良品が生き残っていたりするので・・・
今のうちに・・・


若くて、体が丈夫な方々には、

P1070196.jpg
こんなのとか、

P1070194.jpg
こんなのがいいのでしょうけど・・・

小生のような軟弱者には・・・

P1070187.jpg
こんなのとか、

P1070198.jpg
こんなの・・・のほうがありがたく・・・・

P1070185.jpg
身体に優しいこのタイプのサドル・・・

P1070193.jpg
造り続けていただけると幸いです。(*^_^*)

以上「サンマルコ・リーガル」というより、
「身体にやさしいのに、効率よく速く走りやすいサドル」
でした。

PS:

P1070190.jpg
こんなのとか

P1070192.jpg
こんなのは、
万民に問題なく乗っていただける上に、お尻が痛くな
りにくいので・・・・「サドルの旅」に出かける方が減少
気味ですが・・・(;^_^A

もう少し、腰が安定するタイプの方が、疲れにくかっ
たり、速く走れたりする(こともある)ので・・・
形状のあった、サドルを探してみるのも・・・
ロードの楽しみ方の一つだと思われます。(*^_^*)


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/15 12:14

特別なチェーンオイル

WAKOSさんの

P1070162.jpg
商品名がCHAIN LUB Liquid Extreme
能書きは・・・Water&Mud&Sand proof
Competition Special
Oiltype:HALFWET

目薬みたいに、一コマに2滴ずつプレートとロ
ーラーの間に浸透させるそうな・・・

P1070167.jpg
いかにもスペシャルな感じが素敵です。

でも・・しかし・・エキストリームな性能を満喫しようとすると・・

P1070168.jpg
撥水&撥油性に優れたオイルの為、キレイに洗浄して
水分を除去してからでないとうまく浸透してくれない
そうです。

ワコーズ様推奨手順は・・・
①汚れ(油、砂、ホコリ、泥、金属粉など)を洗浄する。
②水分の除去エアブロー、もしくは「水置換性」を有し
た浸透防錆剤(ラスぺネ推奨)をまんべんなくスプレー
して、しばらくしてから浮き出てきた水分とラスぺネ等を
ウエスでしっかりふき取る。
③注油 容器を30秒以上よく振ってからチェーンの
プレートとローラーの間に浸透するように、1コマに2滴
を目安に注油を行う。
④オイルをなじませる。
注油後、クランクを数回ゆっくり回してオイルをチェーンに
なじませる。
⑤余分なオイルを拭き取る
拭き取りは6時間以上経過してから行う(推奨)
※拭き取らない場合でも6時間以上経過してから走行する(推奨)

さらに・・・洗浄せずに重ね塗りを続けると、チェーンの動
きが重くなることがあるそうです。

※継ぎ足しNG!これを聞いて、「ソースの二度つけはご法度」を
思い出し、串カツが食べたくなったオッサンです。だいぶ意味は
異なりますが・・お腹空いてたのかな??

P1070169.jpg
小生のRS9で試してみました。

P1070166.jpg
洗浄は・・・普段より目くじら立てて、ドライブトレーン全般を綺麗
にしてから注油・・・
一コマ2滴・・・1周したのが、わからなくなりそうでしたの
で、アンプルピンのところからスタート!

いつも使っている

P1070163.jpg
こちらが、いかに便利なものか・・痛感しつつ・・
でも、手間暇かけていることに、おかしな自己満足を
感じつつ・・・

一晩寝かして・・・余分な脂・・もとい・・油を拭き取って・・
実走!

オイルの性能によるものなのか?いつもより目くじら立
てて綺麗にしたのが効いているのか?どちらによるも
のかは不明ですが・・・スムーズで気持ちいいです。

本来は、MTBやシクロクロスのレース用に最適なのでし
ょうけど・・・
ワコーズの担当者様によりますと、効果が長持ちするそ
うなので・・・ロードに使用してもいいのではないかと・・・

どれくらいの頻度で「目くじら立てた洗浄」が必要にな
るのかは・・・今のところ判りません。・・・
これから試していこうと思います。
ワコーズの担当者様によりますと、使い方によるのでしょう
けど、「チェーンルブの2倍はイケル!」とのことです。

綺麗に掃除する手間と、一コマごとに注油する手間に
[喜び]を感じられる方
にお勧めです。

以上「特別なチェーンオイル」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/06 14:49

ポデュウム社様17モデル展示会

昨日12月1日、臨時のお休みをいただいて・・・

P1070128.jpg
ポデュウム社様の展示会にいってまいりました。

P1070119.jpg
このビルの1階で行われていたのですが・・・

P1070122.jpg
こんなことして・・・(゚д゚)!

賢い方の設計で、偉い方々がハンコを押した(今は電子決裁
でしょうか?)結果、こんなことになっているのでしょうか
ら、大丈夫なんでしょうけど・・・(;^_^A
この継ぎ目より上層階には行きたくない・・・
小心者の自転車屋です。(*^_^*)

いきなり脱線してしまいましたが、本題にまいります。

本題というか、いきなり大本命のイチオシ!

P1070138.jpg
オルベア・オルカOMR

P1070159.jpg
コフィディスのスプリンターズも大喜びのこのフレーム、
今オーダーすると、春には納車可能なのだそうです。\(^o^)/

P1070139.jpg
ロードバイクとしての性能を純粋に極めた数少ないホ
ンマモン・・・ホンマモン並みの価格ですが・・・(;^_^A
パワフルなお客様にお勧めです。
(現在の市場で、走行性能においてRS9に対抗できる
唯一のフレーム!っと小生は感じております。さらに、
RS9よりも乗り手を選びそうですけど・・・)

リーズナブルなところで、

P1070147.jpg
こんなのや、

P1070133.jpg
こんなの・・・
良心的な価格の入門機も、かなりいい感じです。

P1070144.jpg
チネリ・ジデコ

P1070134.jpg
フラットバーバージョンもあります。

P1070145.jpg
オフロードはフラットバーのほうが安全かも??

ポデュウム社様は、チネリのホンマモンもオーダーを
受けてくださいますが・・・
XCR
レーザーミア
スーパーコルサetc.
ホンマモンの納期は8カ月から1年超・・・
気長に待っていただく必要がございます。
(スーパーコルサは、若干数の在庫がポデュウム社様に
あるそうで、引き当たったら超幸運です。)

輸入モノのホンマモンは、大変貴重になりつつある昨今・・・

こんな御時勢で・・・

P1070156.jpg
今回一押しのOMRは・・・

P1070160.jpg
大枚をはたく価値があるものと存じます。

以上「ポデュウム社様17モデル展示会」でした。

PS:ひさーしぶりに・・・

P1070113.jpg
こんなのを稼働させてみました。

P1070115.jpg
EN規格以前のフォークは、とても乗り心地良く・・・
23Cのクリンチャーでも、25Cを履いたカーボンエンデュラ
ンスバイクより優れた乗り心地です。

P1070114.jpg
さすがにダブルレバーは不便ですが、アウターストッパー
を装着してSTI化も可能です。

P1050198.jpg
スーパーコルサフレームセット・・若干数ですが・・・
ポデュウム社様に在庫があるそうなので・・・
今が購入のチャンスかも!

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/02 12:22
 | HOME |