FC2ブログ

タイヤのお話

いきなり閑話

♪どこま~でも♪ゆこう~♪
♪みちは~♪きびしくとも~♪
♪くちぶ~えを♪ふきな~がら♪
♪はしい~って♪ゆこう~♪

このフレーズで、トッポジージョの声を思い出された方、
小生と同じように筋力の低下と戦っているものと思
われます。
頑張りましょう!!

幼少のころから、タイヤは「イシバシさん」っと、刷り込
まれていたのか???

小学生の頃に乗っていた少年用スポーツ車には、
名作(迷策?)トリアルタイヤなるものが装着されてお
いででした。(゚д゚)!

レトロタイヤ
接地面積を小さくして走行抵抗を低減する仕掛けらしいの
ですが・・・(5%じゃなくて5割??どういう計算なのか?)

レトロブレーキ
リアに円盤制動装置が装着されていて・・・ロック&横滑り
を存分に楽しませていただきました。(;^_^A
(円盤は太いタイヤと合わせて使いましょう。)

ブレーキ
フロントの制動装置がちゃんとしたタイプだったので、大事
には至らず、小脳から延髄あたりに人間ABSを醸成させて
いただきました。\(^o^)/
三半規管も、かなり鍛えてもらえたので、やはり名作だっ
たのでしょう。(;^_^A アブナイ・アブナイ・アブ・・・

無駄に長すぎた、閑話休題

P1080670.jpg
カンパ様・クリンチャーリム内幅の主流が17ミリになり・・・
25C以上が推奨されるようになり・・・
巷では23Cよりも25Cの方が転がり抵抗が小さい?
とかいう謎の理論も書きたてられていて・・・
タイヤのファット化が浸潤しつつある昨今・・・

P1080533.jpg
小生も仕方がないので、25Cに馴化するよう努めており
ますが・・・

P1080720.jpg
23Cの方が軽快に感じることには変わりがなく・・・
なんでこんなことになっているのか???

小生なりに推察してみました。
で・・・太めのタイヤのメリットはというと・・・
やはり乗り心地の良さ!
エアボリューム増大の効果は絶大で、少々走行抵抗が
増していても、まーいっか?っと思えるほどコンフォート
性能が向上します。

コンフォートといえば、
最新の欧米ハイエンドフレーム・・・けっして、身体にや
さしい乗り心地ではないですし、ハイエンド完組ホイールも
硬いのばかりなので・・・
タイヤに帳尻合わせのミッションが発生している?

タイヤ太くして、空気圧下げれば、フレーム&完組ホイール
&円盤制動装置の七難を隠せますし・・・

レース用の機材としては・・・本末転倒???
大衆向けの商材としては・・・進化しているのかも??

P1080618.jpg
Eバイクのパワーに対しても有効なので・・・
太いのが主流になっていくのかもしれません。( ;∀;)

P1080731.jpg
25Cは、まーなんとか馴化できそうですが・・・
28Cだと、クロスバイクチックになるし・・・
32Cとか・・・もう、荷物を積めない高速ラ
ンドナーみたいな乗りモノになっちゃうし・・・
(ホンモノのランドナーは大好きです。)

P1080721.jpg
ホッソイタイヤで、人力だけ走るスポーツ自転車が
楽しい乗り物だと感じているので・・・

なんとかならないのでしょうか?

以上「タイヤファット化のお話」でした。

c64-2-600x400[1]
補足:新型RNC7&コルナゴC64、28Cタイヤに対応して
おります。
この手のフレームがファット化に対応しているというこ
とは・・・なんとかならないのかも( ;∀;)

25あたりで勘弁していただきたいものです。(;^_^A
ロードに、28Cとか32Cとか・・・

P1080680.jpg
軽自動車にコレつけても速くならないでしょ!(# ゚Д゚)

蛇足:最近の自転車雑誌・・・
円盤制動装置の大合唱!
ライターさんも生活があるから仕方がないのでしょ
うけど・・・(-_-;)

P1080735.jpg
本音を時々漏らしているのが・・・Y氏一人だけ
になっているように感じます。
(Y氏でさえ、本音のあとに、業界向けのフォロー入れてます。)

昭和レトロな子供ダMしが・・・
ロードレースに無理やり押し込まれないことを祈る
ばかりです。

○○はEバイク&トレッキングバイクで楽しんだ
らいいと思います。

蛇足其の2:昭和レトロといえば・・・
電気で変速するヤツも・・・ありました。
時代はどんどん進んでいるのではなく・・・
迷走している訳でもなく・・・
回っているだけなのかも・・・(゚д゚)!

♪まわる~ま~わる~よ♪じだい~は♪まわる~♪

この調子だと、次世代ロードに、フラッシャーとか
付いていたりして・・・(笑)

前回に続き、蛇足は・・・
読み流していただければ幸いです。


スポンサーサイト



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/02/26 16:23

穴あきサドル&リア11段変速

P1080723.jpg
新型RNC7に装備した。

P1080730.jpg
穴あきサドル(アスピデ)

P1080631.jpg
&リア11段変速(R8000)

どちらも、ロード販売店スタッフとしては、かなり周回遅れ
な感がある採用ですが・・・(;^_^A

まずは穴あきサドルから・・・
20世紀終盤には普通に存在していた穴あきサドル・・・
アローヘッドとか、いろいろ呼び名もあって・・・

2003年ごろのエラ・アローヘッドを試して・・・
「これはあかん!」っと、3か月ほどでお蔵入りに・・・(;^_^A

穴あきが合わなかったのではなく、エラの形状が合
わなかっただけかもしれませんが、食わず嫌いだった
訳ではありません。(;^_^A

穴あきの効能は・・・尿道の炎症が防げる???
そもそも、サドルは座骨で座るものなので・・・
男性の場合、尿道が圧迫されるということは・・・
骨盤が前傾しすぎているか、フィッティングに問題がある
ということかもしれないので・・・

穴あきサドル→「フィッティングの間違い&フォームの崩れ
を教えてくれないサドル」という風に解釈しておりました。

ただ、最近は、アマチュア用ジオメトリーの型物強化樹脂製
フレームに、プロが乗せられているため・・・
長すぎるヘッドチューブを嫌い・・・
小さすぎるフレーム&危ない乗り方で・・・
極端なフォームが、プロツアーのトレンドになってしまいま
した。

サイズの合わないフレームで・・・おかしな(落車しやすい)フォ
ームで走らされているプロ選手・・・本当に気の毒です。( ;∀;)

「間違ったフィッティング&身体に良くないフォーム」を強要され
ているわけで・・・
そのフォームを真似るアマチュアの間で・・・

P1080641.jpg
穴あきサドルが主役になりつつあるのかも?

プロを目指す方は・・・現代のレース環境に合わせる必要があり、
そうすることがお仕事なので・・・
朱に交わるためには、赤くなりましょう。
命がけで迫力ある映像を提供して下さるのですから、ありがたく
拝見いたします。(;^_^A

でも、アマチュアでサイクリングを楽しむ方は・・・
身体に合ったサイズのフレームで、身体に有害ではないフ
ォームで、安全に走られた方が賢明かと思われます。(*^^)v

なので・・穴あきサドル・・・
フォーム&ポジションが定まっていない初心者の方には、お
勧めしません。

で、結局のところ、アスピデオープンフィット・・・
小生との相性は・・・どうだったのか?

P1080578.jpg
とても良かったです。快適です。
ポジションも、フォームもある程度固まってきている方には、
サドルの形状さえ合えば問題ないものと思われます。

P1080726.jpg
今年からフルフィットも選択できるみたい。(;^_^A

P1080729.jpg
これまで小生が大好きだったコンコールライト・・・廃盤?
後継モデルは・・・

P1080727.jpg
こんなお姿に・・・
時代はどんどん進んでまいります。( ;∀;)

続きましてリア11段変速。

77から78に・・・リア9段から10段に変わった時にも
感じたことですが・・・
ワイドレシオは嬉しいですが、・・・こんなにギア板数
いりますか?

141キロワットのこのお方でさえ・・・

1495420213317CBR1000RRSP2
6段変速なのに・・・

R8000番の出来栄え自体は超絶に素晴らしく、
2段~3段飛ばしでシフトダウンしても、気持ち
いいので問題ありませんが・・・
シフトアップの操作回数増加は・・・・
頑張って馴化してまいります。(;^_^A

時代はどんどん進んでまいります。
頑張ってついてまいります。(;^_^A

以上「穴あきサドル&リア11段変速」でした。


補足:R8000番、ブレーキの操作感も、シフトの操作感も非
常に上質で、気持ちいいライディングを楽しめます。(*^^)v
リアの段数につきましては、段数を減らして、リアハブのフリ
ー側フランジの位置を外に寄せた方が、ホイールの性能向
上になるのではないかと・・・思ったりもします。
まー、少ない段数に戻ることは、できないのでしょう。(笑)

補足其の2:目新しいモノ、レースでの広まり方過去例
○ダブルレバー→手元変速システム
アシストクラスが短期間毒見したら、総合狙いのエースが飛び
ついておいででした。 メリット絶大だったのでしょう。

○ビンディングペダル
小生の記憶では、イノーが真っ先に使用していたような気が
いたします。 これもメリット絶大。

○チューブラータイヤ→クリンチャ―&チューブレス
これは・・・毒見しただけで終わったように思われます。
サイクリングにクリンチャータイヤは便利ですが・・・
パンクしたら、ホイール交換もしくは自転車交換する
選手にメリットがありません。(-_-;)

○リア変速の多段化・・・
新型がでるなり、すぐに使用されています。
やはり小生の所感が間違っているのでしょう。(笑)

さらに蛇足:
○変速の電子式化
有力選手がなかなか使用しませんでした。(笑)
カンチェ様&コンタ様
リスクは激減していると思われます。
TT用としてはメリットがあるかもしれませんが、
あとは、ノーコメント(;^_^A

○円盤制動装置
超有力選手は、引退前に走るビックレースで・・・
市販車は円盤のみの機種なのに・・・
リムブレーキモデルを作らせて使用しておいででした。(笑)

昨年のキッテル様は
契約の都合か?

STAGE11_29[1]
平地ステージで円盤を使用して勝ちまくり・・・
マイヨベールを着たら

山岳ステージは

STAGE12_47[1]
この通り(;^_^A

大事なものを守るためには・・・
使いたくないようです。
そもそも、平地・・・ブレーキ酷使しないし・・・

良く効くので太いタイヤがマスト・・・
(良く効くとは思いませんが)
ということは、繊細な調節が苦手ということで・・・
現在のところ、急で長い降坂に向いていません。
花脊南側降坂・・・カナーリ怖かった。(;^_^A
※北側はちょっとすっぽ抜ける感じがあったけど、問題な
かったです。
※シクロクロス用は南側でも問題なかったです。

数年前から毒見は散見されるものの、総合狙いの
エースが使用している画像等を、まだ見たことが
ございません。
(今年あたりノルマになったりして)

ルール大幅改定とか、コースの未舗装化とかしな
いと広まらないのでは???

そういえば・・・

ダート
先日、スペインのプロレースで、TTバイクを未舗装路
に突っ込ませていましたが・・・

グランツールでも未舗装区間が登場していたりします
し・・・

この業界・・・何を考えているのでしょうか???( ;∀;)

商魂を通り越した、悪意のようなものが・・・あったりして(゚д゚)!


蛇足は、読み流していただければ幸いです。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/20 17:31

新型RNC7&パール様

新型ネオコット・・・
P1080720.jpg
シェイクダウンから2週間余り・・・

P1080721.jpg
快調に走行距離を重ねております。(*^^)v

今年の冬は寒さが厳しくて・・・
P1050708.jpg
いつもの峠は、まだ登坂しておりません( ;∀;)
※写真は、一昨年RS9プロトで登坂した時のモノ。

P1080723.jpg
ただ・・寒さが厳しいと、RNC7の身体に対する優しさ
が、とてもありがたく感じます。

膝も腰も肩も絶好調!
齢を重ね、衰える一方だった筋力も・・・若干ではありま
すが、回復傾向にあるように・・・感じております。\(^o^)/

P1080489.jpg
前作もそうでしたが、乗り手に調子を合わせてくれる
優しさ・・・比較するフレームが思い当たりません。(^^♪

アジリティ命な方には向かないかもしれませんが・・・
長距離ライドを早く(速くではなく)走ったり、
健やかな身体の維持を目的にしているのでしたら・・・
最善の選択です。

P1080607.jpg
フレーム価格税別17万円とおやすくはありませんが・・
次期主力機に1本いかがでしょうか?
当店(小生)のイチオシです。

閑話

オリンピックの映像によく出てくる・・・
阿修羅男爵?キカイダー?を思い出す新色眼鏡

P1080725.jpg
ダブルオーグラスギアさんに現物が1本ありました。
この色・・・

P1080437.jpg
今年流行るのでしょうか?

閑話休題

続きまして、パールイズミ様来冬新型展示会。

今回の主役は・・・

P1080689.jpg
冬でもレースフィット!

カナーリ細身のシルエット!

P1080688.jpg
かっこいいけど・・・沢山走って・・・
次の冬までにシェイプアップする必要があるかも?

P1080690.jpg
これをカッコよく着るために今シーズン頑張って沢
山走るのもあり?かな?

そして・・・新型のオールラウンドパッド

P1080695.jpg
スリーディーアール
最近流行りの前乗りにも対応した新型だそうです。

P1080594.jpg
サドルも、こんなタイプが主流になりつつありますし・・・
パッドも・・・変化していくのかもしれません。

P1080697.jpg
パーツも、パッドも、時代の変化に対応しているようで・・

P1080633.jpg
RNC7フレームセットも時代の変化に対応するべく、
幅広リム&太いタイヤに対応しました。
伝統的なラグを用いたイタリアのc64も・・・同様の
対応がなされた模様。
時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A

以上「新型RNC7&パール様」でした。


蛇足:最近、欧米新型フレームのニュースをウェブ
で見るたびに・・・
カナーリ微妙な気分になっていたのですが・・・
(なんで、こんなことに・・・( ;∀;)なっているのか?)

c64-2-600x400[1]
今度の64番・・・久しぶりにワクワクさせていただ
きました。(^^♪

イタリアの新型といえば、このお方の動画で・・・

1-12-PANIGALE-V4-S-764x510[1]
エンジン音に痺れている53歳です。
(パソコンの音なので、たいしたことないはずな
のですが、走行中の動画とあわせますと・・・
気分が上がります。)


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/15 12:50

新型RNC7インプレ&展示会

P1080611.jpg
セブン~♪セブン~♪セブン~♪セブン~♪
セブン・セブン・セブン♪
セブン・セブン・セブン♪
は~♪るかな♪ほしが~♪

いきなり失礼いたしました。m(__)m

赤と銀でセブンとか・・・幼少のころの記憶が・・・(;^_^A

3分間という時間制限のあった前任者よりも、長く
戦えた???
乗車時間が長くなるほどアドバンテージを発揮する
RNC7と特性が似ているかも?

P1080630.jpg
シェイクダウンから一週間余り・・・
そこそこの走行距離になってまいりました。

現時点での所感としまして・・・
イマドキのパーツに対応したことによる、前作からの性能
劣化は全くございません。\(^o^)/

P1080633.jpg
で・・ものすごく進化したのか?っと問われれば・・・

P1080443.jpg
前作の性能がとても優れていたので・・・

太いタイヤ(25C)との相性が良くなっていること
以外・・・ほとんど変化はございません。( ^ω^)・・・

最新鋭機というより、近代化改修機といった感じでしょ
うか?

短時間・高負荷・高機動な走りでは、RS9にかないま
せん・・・

P1080529.jpg
RS9が突出した高性能機なので仕方がないかと・・(;^_^A

で・・・RNC7の美点で、RS9に対してもアドバンテージ
が感じられるところは・・

究極の人車一体感
RS9も、カーボンフレームの中では特に優れている分
野ではありますが・・・
きっちりフィッティングしたRNC7と比較すると分が悪
いです。

疲れにくさ
乗り手に優しいので・・・小生が長時間漕いだ場合、R
NC7の方が早く帰ってくることが可能です。
(最後まで脚が良く回って下さいます。(*^^)v)

小生の所感といたしましては、
RS9が最強最速のレース用フレーム
RNC7が最良最早のロード用フレーム
ということに・・・

P1080637.jpg
気持ちいい時間を過ごせるRNC7で・・・
持久的な運動を楽しめる健やかな身体を・・・
末永く維持していこうと・・・
企んでおります。(^^♪

※RNC7、アジリティ(敏捷性)の面で、RSシリーズに
一歩及びませんが、小生が漕いだ場合・・大きな差は発
生しておりません、ほんのちょっぴりの差です。
小生の出力&技量では、ツールレプリカより、はるかに
走りやすい
です。 (*^^)v

続きましてカワシマサイクルサプライ様展示会・・・

今回の主役は

P1080680.jpg
このお方!

もとい、

P1080664.jpg
このお方、OGKカブト・フレアー
無茶苦茶軽いです。
フレーム&コンポの軽量化には無頓着なくせに、
ヘルメットが軽いと、とても嬉しいのは・・・
小生の首が弱いのでしょう・・・( ;∀;)

プロレースのペースではゼナートの方が涼しい
けど、ロングライドとか、ヒルクライムのペースで
は、フレアーの方が快適なのだそうです。
小生用にオーダーしました。
入荷が楽しみです。(*^^)v

23Cユーザー様の救世主

P1080644.jpg
デダゼロ2・健在です!

25Cで行く方には・・・

P1080649.jpg
新型レーシング3
幅広リムによる性能劣化を最小限にとどめるため
リムの切削を左右から(゚д゚)!
ちょっぴりコスト増になりましたが、幅広リムの中で
は、当店のイチオシです。
※15C仕様も急げば、少しだけ手に入るそうです。
急ぎましょう!!!

幅広リムでよろしければ・・・

P1080659.jpg
このお方という選択も(^^♪

プラスチックリムの中では・・・

P1080670.jpg
このお方がお勧めです。

P1080655.jpg
白いパーツ???流行るのかな??

この新型(真ん中のゼロオフセット2本)・・・

P1080661.jpg
スゴーク魅かれます。

P1080641.jpg
こちらの新型もいい感じで・・・

P1080594.jpg
当店にテストサドルがありますので・・・
是非お試し下さい!

以上「新型RNC7インプレ&展示会」でした。

PS:新型RNC7インプレにつきましては・・・
もう少し暖かくなってから、いつものコース等で
再検証して、続報を掲載する予定です。
この冬・・・いつもの峠・・・カナーリ走りにくく
なっております。( ;∀;)

PS2:来週はパールイズミ様来冬モデルを拝見し
てましります。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/08 12:56

新型ネオコット&セミナー

P1080614.jpg
最新鋭機(RNC7)一昨日にシェイクダウン!

top_sec_img02[1]
25周年記念モデルが発表されるようなモデルで、
最新鋭といっても・・・とっ、思われるかもしれませんが・・

貧脚の小生が走らせた場合・・・
ツールレプリカフレーム×カーボンクリンチャー+ブット
イタイヤよりも、良く走ってくださいます。
※ツールレプリカには、小生の出力が不足( ;∀;)
25年も経過して・・・進化しているのか?退化しているのか?
微妙な気分に・・・(-_-;)

気を取り直しまして・・・(;^_^A
DI2内装に対応&幅広リム+28Cタイヤにも対応・・・
イマドキなコンポ&ホイールに対応しております。\(^o^)/
やっぱり最新鋭!!

P1080624.jpg
ダブルレバーの台座がなくなってしまいましたが・・・
さすがにもう、需要が見込まれないのでしょう。

P1080616.jpg
昨日が自転車日和でしたので、いっぱい走らせたかった
のですが・・・

P1080621.jpg
シマノ様のありがたーい御講義が中百舌鳥でありました
ので・・・

小一時間ほどの走行しか行っておりません。(;^_^A
以下は、チョイノリを済ませただけのファーストインプレッ
ションになります。

P1080607.jpg
この手のフレーム、太いタイヤに対応すると、繊細さを失
い、大味でガサツな乗り味になることが多々ございますが・・・

P1080619.jpg
何の問題もなく、ネオコット特有の上質な乗り味は健在で
した。\(^o^)/

P1080612.jpg
BBが先祖返り&穴をあけたところを補強?
ペダリングフィールは若干の変化がありました。

P1080482.jpg
こちらのモデルのころは、体重やパワーがリッチな方で、
ペダリングスキルのきほんの・き・ができ○○ない方々から、
「剛性不足」とか「パワーロスがある」とか、誤った評価を
下されることがあったようですが・・・
誤解されにくくなったかも?

RNC7・・・芯のあるしなやかさなので・・・前作でも・・・
思いっきり漕ぐと、バルセロナオリンピックを走ったレーシ
ングバイクとしての本性が現れたりします。
(ロングセラーになるのには、理由があるんです。)

新型は・・・その本性を見つけやすくなったかもしれません。

詳細は、もっと走らせてから書きたいと存じます。m(__)m

続きまして、シマノ様のテクニカルセミナー

講義内容はウェブ掲載不可?のようなので、当たり障りな
い程度に・・・

P1080618.jpg
主に、このお方のお話。

ちょっぴり、油圧のブレーキとパワーメーター付きクランク
のお話。

P1080623.jpg
しっかり勉強してまいりました。(*^^)v

以上「新型ネオコット&セミナー」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/02/01 11:44
 | HOME |