FC2ブログ

低重心化・・続報

昨日8月29日は水曜日で定休日。

DSCF0420.jpg
お天気にも恵まれ・・・

DSCF0421.jpg
サドルバック→ツールケースにしたRS9で・・・

低重心化の効果測定を行ってまいりました。

DSCF0363.jpg
先週・・・RNC7・・
小生の小脳・延髄・筋紡錘・三半規管等による効果測定では・・・
有意的なアドバンテージは・・・
感じることができませんでした。(;^_^A

DSCF0373.jpg
RNC7・・懐の深―い走行性能が、全てを飲み込んでいるような・・・
そんな感じ・・・

人間、自分にとって都合の悪いことは鋭敏に感じますが・・・
有難いことは・・・
小さな変化ですと、ほとんど感じなかったりするし・・(;^_^A
ツールケースしか使用していなかった方が、サドルバックにしたら
少しは感じ取れたかもしれません。

で・・・

DSCF0427.jpg
超軽量で、ボトルケージも低めなRS9で・・

DSCF0435.jpg
いつものトレーニング会場でインターバルを行った結果・・・

DSCF0437.jpg
ほんのちょっぴり、運動性能に変化があったかもしれない??
かもね??そんな気がする??

その程度でした。(;^_^A

DSCF0439.jpg
そもそも、2輪車・・・ロールセンターが、ほぼグランドレベルだし・・・
(四輪だとサスのジオメトリーとかで、多少上げることが可能。)
7㎏ほどの自転車で、ポンプ・簡易工具・チューブ・タイヤレバー
の質量を30センチほど低くしても、焼け石に水程度の効果し
かないのかも??

その前に、乗り手が50㎏超えているわけですから・・
有意的な差は生じないものと思われます。

スポーツの道具は、生身の感覚で感じ取って楽しむものですから・・・
感じ取れないのであれば・・・意味がないと考えております。

で・・エリートのツールケース・・・低重心化に絞れば無意味と断じ
てしまいましたが・・・

トゥミのコンピューターブリーフみたいな造りの良さ、

DSCF0413.jpg
使い勝手の良さがあるので・・・

DSCF0430.jpg
このままありがたく、使用し続ける所存でございます。(*^^)v

DSCF0418.jpg
ちなみに、色違いもございます。

以上「低重心化・・続報」でした。


余談:Z7&Z6

DSCF0480.jpg
Zといえばマジンガー
Zといえば日産の240
を連想してしまうオッサンですが・・・

P1070081.jpg
実は・・・Fマウントユーザーだったことがありまして・・・
(FM2・F3・F6・D80)
口径が大きくならざるを得ない技術的な事情は・・・
理解できるものの・・・
やっぱり寂しい・・・変更&進化でした。

レンズのマウントの口径・・キャノン様とかは、オートフォー
カス化の時点で、さっさと半径を大きくしておいででした
が・・・

ニコン様は、既存のレンズユーザーに忖度を働かせてく
れて・・・
ライバルブランドよりも小さめの半径で頑張っていらっ
しゃいました。

ブレーキトラックと、レンズマウントの半径は、大きい方が
有利なことは火を見るより明らかな事実
ですので・・・
閑話(リム半径>円盤半径)閑話休題

DSCF0470.jpg
Zマウント・・・今後の高性能化に貢献してくれるもの
と、期待させていただきます。(*^^)v

それにしても・・・
カメラのデジタル化とともに、写真を撮ることが趣味では
無くなってしまった小生が、あーだ・こーだ・言うことでは
ないのでしょうけど・・・

見た目が・・・

DSCF0473.jpg
ニコンのロゴマーク・・・大きすぎるレンズに、仰け反っている
ように見えるのは・・・小生だけでしょうか??

ブツブツとモンクが並んでおりますが・・・

DSCF0471.jpg
お金に余裕があったら、オールラウンダーな6番が欲しい
54歳です。

DSCF0478.jpg
今の小生がこれを買っても、宝の持ち腐れになることは
火を見るより明らかな事実ですので・・・

買えない・・・かな??( ;∀;)

余談:其の2

スペインの旅が始まってます。

契約の縛りが緩くなっているのか??
降坂区間が多いからなのか??
曲乗りの名手が、緑ジャージを血で染めたからか??

フランスの旅の時よりも・・・
真っ当な自転車が目につきます。

あッ・・・フランスの時も、下り区間では真っ当なヤツの率が
イッキに上がっていました。(笑)

ロードに円盤どうなの?っと、よく聞かれるようになって
まいりましたが・・・

当店では・・・街乗りなら大丈夫・・峠の下りは、いつもより
慎重な扱いをお願いしております。

大丈夫なのと、とても良いモノでは雲泥の差がござい
ます。


円盤は、次期ヂュラ以降に期待したいです。(;^_^A
(ヂュラに問題があるのではなく、車輪やフレームセット
が要改善な状況かと・・・T社のモノが、一番問題が少な
かったと感じております。)

余談其の3:

DSCF0456.jpg
市街地のど真ん中に・・・

DSCF0461.jpg
健やかに成長しておいでです。

DSCF0453.jpg
良く食べる・・・(*^^)v

市街地のど真ん中に・・・
リンゴ屋さん開店!

DSCF0467.jpg
行列はできていませんでしたが・・・
スゴーク・・・流行っておいでした。

かっこいいけど・・・小生は・・・
窓たち・・・とか・・・グーグルチームの方が・・・
とっつきやすいかも??(;^_^A

時代はどんどん進んでまいります。
頑張ってついて行く所存でございます。

ただし・・・最近の新しいもの中には・・・
昭和レトロな子供だましの焼き直し・・みたいなのが
いーっぱいあるので・・・
また・・
そんなのをメディアが絶賛していたりするので・・・

感性を・・感覚をフル稼働して・・・
良し悪しをしっかり吟味して・・・
選択する必要があると・・・
痛感している昨今でございます。(;^_^A


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/30 12:05

低重心&シンメトリー

昨日8月22日は水曜日で定休日。

DSCF0355.jpg
お天気にも恵まれ・・・

DSCF0356.jpg
低重心化を図ったRNC7で・・・
低重心化の効果測定を行ってまいりました。

低重心化&シンメトリーというと、スバルの
ボクサーエンジン&ドライブトレーンを連想しますが・・・
運動性能に影響のある要素だと思われます。

まずは、低重心のお話から・・・

何か特別な改造を行ったのではなく・・・

DSCF0365.jpg
サドルバックの中身を、ツールケースに移しただけ・・・(;^_^A

DSCF0359.jpg
で・・・サドルバックの位置には充電式のテールライト・・・

DSCF0363.jpg
見た目がいい感じかも・・・

DSCF0367.jpg
市街地よりもかなり涼しいトレーニング会場でインターバル!!

DSCF0377.jpg
ロードバイクの性能を感じ取るのには絶好の環境でしたが・・・

DSCF0373.jpg
小生の小脳・延髄・筋紡錘・三半規管等による効果測定では・・・
低重心化の有難みは・・・解りませんでした。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

DSCF0375.jpg
ホリゾンタルフレームのボトルケージが、極端に低くないから
なのか?フレーム重量が大き目だからなのか???
原因は特定できませんでしたが・・・

DSCF0051.jpg
近いうちに、低い位置にケージが付けられて、軽量なRS9で
試してみようと思います。
(軽量なカーボンフレームの場合、サドルバック分の重量でも
大きな影響があるかも???)

続きましてシンメトリーなジオメトリーのお話。

某米国ブランドの19モデルで、フロントセクションが
シンメトリーな構造になっていない、ハイエンドモデル
に試乗させていただいた感想です。
(Cのレフティーじゃないです。TのMです。)

円盤のネガティブな要素を、高い技術力で何とかして・・
どうにかこうにか、大丈夫なレベルに達しているように
感じました。(ものすごい技術力(゚д゚)!)

それでも、従来の制動システムと比較すると・・・
下位互換でしかなく・・・
上位互換に感じさせるためには・・まだまだ時間がか
かりそうです。( ;∀;)
※次期ヂュラに期待しましょう(*^^)v

まー、峠の降坂とかに使用しなければ問題ないので・・・
峠の降坂でも、いつもよりゆったりしたペースで、一割
ほど手前から制動すれば、大丈夫だと思われます。

シンメトリーの話は読み流していただければ幸いです。(;^_^A

続いてシンメトリーのお話其の2

DSCF0354.jpg
イイカンジに素直に育ってくれたハブ・・・

DSCF0348.jpg
シンメトリーなスポークジオメトリー

テンションホイールの場合、スポークはダンパーの役割
を担っているので・・・ここは・・・前輪だけは・・・
おちょこを避けるべきだと考えております。

オフロード車の場合、スポークが変形する前に、サスペ
ンションフォークが働いてくれるし、シクロクロスの場合は
太くて低圧なタイヤが働いてくれるので問題ないですが・・・

リジットフレーム×リジットフォーク&ホッソイ高圧タイヤの
高性能ロード・・・

あるべき理想の姿から、かけ離れた19モデルの多さに・・・
辟易としております。( ;∀;)

嘆いていても仕方がないし・・・
今年のトレンドが、新興国向けのモノだったので・・・
現行モデルを今のうちに買っておくとか・・・
おかしなことになっていないブランドのモノを選択するとか・・・
もしくは、先進国向けニューモデルの登場を待つとか・・・

アッ・・・先ほどのTのM・・・

トレックマドン19
先進国仕様で、高性能なモノも・・選べるみたいです。(*^_^*)

以上「低重心&シンメトリー」でした。

蛇足:
先ほどのホイール・・・・

10段変速のハブだと・・・

DSCF0350.jpg
シンメトリー(センタープル)なリムが後輪にも使えたりし
ます。

蛇足其の2:
ニコンの新型・・・
本日13時に正式なアナウンスがあるみたいですね・・・
リーク情報等の写真を拝見しますと・・・・

ボディーだけの写真は・・・アンバランスなほど開口部
が大きいようですが・・・
レンズつけるとイイカンジなのかもしれません。

9月5日に大阪方面に用事があるので・・・
現物を拝見してこようと思っております。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/23 11:39

新旧・今昔

永―く続いている送り火

DSCF0334.jpg
昔ながらの伝統的な方法で行われているから
なのか?・・・
とても神妙な気持ちで、ご先祖様をお送りする
ことができます。

これが、火災予防等の理由で、最新式の安全な
明かりとかになったら・・・どのような気持ちにな
るのか・・・・

良いものは、昔のままであってほしいと望むこと
が多くなっているオッサンです。

が・・しかし・・

お休みの間に、最新の「スパイ大作戦」を鑑賞し
て・・・感想が・・・

DSCF0346.jpg
このシリーズ・・・トム・クルーズ様主演の1作目で
は、空調ダクトから宙づりになって、端末から情報
を盗む場面で使用されていた記憶媒体が・・・

フロッピー
なーんとフロッピーディスク!!(゚д゚)!

フロッピー・・・使いたくないなー(;^_^A
昔のままでなくて・・・・よかった。(*^^)v

最新作では、薄くて軽そうなPC&タブレットがいっ
ぱい出てきて・・・
接触対象人物や、プルトニュウムの検索にスマホ(゚д゚)!

時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A

それでも・・・アクションシーンでブイブイ言わせている
のは、内燃機関・・・やっぱり素敵だ。\(^o^)/
(自動運転のEVだと面白くもなんともない・・別の意味で
怖ろしい場面がつくれるかも???)

オープニングで届いた指令・・・
紙袋に入った本の中に、オープンリールの磁気テープ・・・
用が済んだら煙になるとか・・・
レトロな感じが嬉しかった昭和生まれです。(*^^)v

エンディングにも導火線とか・・・
50代向けの映画なのでしょうか??

話が・・自転車と関係のない状態が長すぎましたが・・・

お盆でホッコリしていると・・・

DSCF0339.jpg
こんなのを引っ張り出したくなり・・・

久―しぶりに走らせますと・・・
とーってもコンフォート

円盤搭載&ビジュアル系の新興国向け最新鋭機より
も良く走ります。(非力な小生が漕いだ場合の話です。
パワフルな方が漕いだら、結果が異なるかも?)

DSCF0337.jpg
こんなサドルや・・

DSCF0338.jpg
ホイールも相まって、乗り味も抜群
です。\(^o^)/

レース用機材としては・・・

DSCF0055.jpg
このお方にかないませんし・・・(;^_^A

サイクリング用としても、

DSCF0340.jpg
最新鋭のこのお方にはかないませんが・・・(;^_^A

先の東京オリンピックも走っていた(50年以上前)の
機種なので・・・(;^_^A

DSCF0335.jpg
おおめに見てあげてください。

以上「新旧・今昔」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/17 12:37

避暑&ハイエンドキラー

表記と異なり誠に恐縮ではありますが・・・
8月14日~16日、お盆のお休みをいた
だきます。
ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

昨日8月8日は水曜日で定休日。

DSCF0284.jpg
お天気にも恵まれ・・・

DSCF0286.jpg
身体に優しいRNC7で・・・

DSCF0290.jpg
避暑サイクリングに行ってまいりました。

DSCF0289.jpg
温泉の少し先の気温・・・運動に適した気温です。(*^^)v

DSCF0292.jpg
いつも山坂路も

DSCF0295.jpg
快適に登坂完了!

峠は北からの風が強めで・・・

DSCF0293.jpg
長居は無用の気温・・・汗かいてると寒いぐらい。(;^_^A

ここから先は避暑地で自転車天国!

DSCF0298.jpg
気持ちよく降坂し・・・

DSCF0313.jpg
綺麗な景色を楽しみ・・・

DSCF0308.jpg
楽しい休日になりました。

DSCF0312.jpg
能見峠・・走れるみたいです。

お客様情報によると・・・
「どうもない」っと、おっしゃる方と・・・
「パンクして往生した」っとおっしゃる方が
いらして・・・

小心者の小生・・・迷わず転進いたしました。


話は変わりまして・・・

走行性能だけならハイエンドカーボンフレームを
蹴散らしてしまいそうな・・・

RS6フレームセット・・・
性能が性能だけに・・・シンプルスタイルでも・・・

DSCF0282.jpg
迫力満点!

質実剛健な逸品です。

以上「避暑&ハイエンドキラー」でした。


余談:
ニコンのFマウントは、ずう~っと不変なままで
あってほしいと望んでおりましたが・・・

時代はどんどん進んでいるようで・・・(;^_^A

口径の大きな・・・フランジバック小さめの・・・

nikon新型?
新型マウント規格が・・・もうすぐ・・・出てくるみたいです。

そもそもFマウント・・・35ミリフイルム&フォーカル
プレーンシャッター&クイックリターンミラーに最適化さ
れたシステムの一部だったわけで・・・

デジタル化・・・ミラーレス化・・・の波・・・もうFマウント
では、αシリーズに対抗できなくなったのか???
いろいろと無理を重ねて、旧レンズオーナーに気を
使い続けていたのでしょうけど・・・(-_-;)

そもそも、最近のデジタルカメラ・・・
防塵性能を考えると・・・あんなにでっかい開口部・・・
無いほうがいいような気が・・・

でも・・・プロの世界ではレンズが交換できることに
越したことがないのかな??

小生は・・・カメラのデジタル化に伴い・・・
D80とか、一時は使用しておりましたが・・・

P1090245.jpg
コンデジに逃げました。(;^_^A

自転車屋の間では・・展示会等の写真撮影機材は・・・
スマホが主流になりつつあります。

時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/09 11:55

ハイエンドキラー&19春夏パール様

DSCF0267.jpg
表題と異なり誠に恐縮ではありますが・・・(;^_^A
8月14日と16日・・・お休みをいただきます。
15日が水曜日で定休日ですので3連休になります。
ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

続きまして本題に・・・

DSCF0238.jpg
昨日8月1日は水曜日で定休日。

京阪に乗って

DSCF0240.jpg
天満橋へ・・・・

DSCF0268.jpg
パールイズミ様19春夏モデルを拝見してまいりました。

今どきの生地で・・・・

DSCF0241.jpg
シンプルかつ爽やかなデザインに(*^^)v

DSCF0258.jpg
女性用もシンプルかつ爽やかな感じ(*^^)v

で・・・・今回(来年春夏)の主役は・・・

DSCF0245.jpg
ビジョンシリーズ!

パールイズミ様といえば、高性能で高コスパなことが
売りというか・・・性能重視で、かつリーズナブルな
イメージでしたが・・・

高級路線に舵を切っているのでしょうか??(゚д゚)!

DSCF0254.jpg
高価な素材を、シンプルなデザインで・・・
カナーリ大人向けの高級感・・・

大人向けではありますが・・・身体の線がハッキリ
出るタイトなカッティング!

大人向けでかっこいいけど・・・来春これを着こなすた
めには・・・

今から走りこんで、シェイプアップした身体を創り上げる
必要がありそうです。(;^_^A(;^_^A


DSCF0244.jpg
インナーも超高級

DSCF0242.jpg
小生はグローブを購入する予定(^^♪

そして・・・・

DSCF0260.jpg
小生愛用のビブショーツですが・・・・

パットが

DSCF0261.jpg
3DRにモデルチェンジするようです。(゚д゚)!
3D‐neoはもうすぐなくなるのかな???

DSCF0251.jpg
シューズ用レインカバーもスタイリッシュに!!

DSCF0253.jpg
プリントジャージもモダンなデザインに!!

DSCF0248.jpg
フリージもおしゃれ!

性能は文句なしのパール様・・・小生どもオッサンも
着用しやすいデザインが増えていて・・・

来春が楽しみになる展示会でした。(*^^)v

続きまして、ハイエンドキラーのお話・・
RS6フレームセットにR7000

DSCF0235.jpg
これにハイエンドホイールとか装着すると・・・・

ほとんどの、新型欧米ハイエンドロードを凌駕する走行性能
を発揮して下さいます。

税別9万5千円のフレームにこんなに走られると・・・

ハイエンドキラーというより・・・
販売店キラーになりかねません(;^_^A(;^_^A(;^_^A

ナカハナカーボン
新型欧米ハイエンドが、新興国の道路事情&嗜好に最適化
されてきていて・・・・
京都界隈での走行に限定すると、性能劣化(ファットで低
圧なタイヤ×中途半端にオフロードもどき、昭和レトロな
子供騙しの制動装置×デザイン優先で○○も悪く応力の出方
がおかしなフレーム・・・三重苦)が激しいことも影響して
いて、相対的な評価が逆転している訳ですが・・・

プロフォーマット(推進力最大化解析技術)を駆使して
開発されたRS6フレームセット・・・
シャレにならん高性能で・・・競技用機材としては最高の
選択かもしれません。(;^_^A

以上「ハイエンドキラー&19春夏パール様」でした。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/02 11:57
 | HOME |