FC2ブログ

軽さは正義。!!?・其の2

昨日2月27日は水曜日で定休日。

DSCF1544.jpg
お天気にも恵まれ・・・・

サイスポ様の記事に感化され・・・

DSCF1550.jpg
小生史上最軽量のタイヤを装着したRNC7で・・・

DSCF1573.jpg
大原近辺をうろうろしてまいりました。

今回投入したタイヤは、

DSCF1547.jpg
パナレーサー様のジラー23C
最高許容空気圧は10.5bar(゚д゚)!
(最近のリムには、7barが上限のものもあるので、注
意が必要です。)
前日に店の近所で、美味しいところを探ったところ、
53㎏の小生×しなやかなRNC7×手組ホイールには、
8barを少し下回るぐらいがイイ感じでした。

最近の製品にしては、かなり攻めた性格です。

で・・・所感です。

漕ぎ出しは・・・・
やはり、車輪外周部軽量化の効果は解りやすく・・・
誰でも感じ取ることができそうなくらい、ラクチンです。(*^^)v

DSCF1551.jpg
巡行は・・・
小生に最適化した車輪と、バネの効いたフレーム性能によ
るものと思われますが・・・
軽量化によるネガは、ほとんど感じませんでした。

DSCF1554.jpg
ちょっと短めですが、江文での登坂は・・・
本領発揮!!イチビリまくり・・・
カイッカン!!です。\(^o^)/\(^o^)/

DSCF1557.jpg
ちょっと短めですが、降坂は・・・
これも、
小生に最適化した車輪と、しなやかなフレーム性能によ
るものと思われますが・・・
軽量化によるネガは、ほとんど感じませんでした。

DSCF1562.jpg
いつものトレーニング場での高負荷走行は・・・

DSCF1568.jpg
いつもより、思いっきり漕ぎたくなります。
サイコーにイイカンジです。\(^o^)/

耐久性は??
ちょこっとしか走っていないので解りませんが、
この手の超軽量レーシングタイヤに求めることで
はないでしょう。(笑)?(;^_^A?(*^^)v?

グリップ高めのコンパウンドを採用しているので、
転がり抵抗が気になる場合は、気圧を上げて美味
しいところが探れます。
※上限10.5barは凄い余裕です。

パンク防止プロテクター採用のクリンチャーの中で
は最軽量で最強?

DSCF1558.jpg
トルク不足の小生にとってはありがたい高性能です。

以上「軽さは正義。!!?・其の2」でした。


PS:R1Xの23Cよりも、過激なタイヤです。
R1Sはさらに過激ですが、パンク防止プロテクターを
排しているので・・・・(;^_^A
タイヤのコンパウンド自体は、かなりハイグリップタイ
プですが・・・
高圧にして、転がり抵抗の低さ、物理的な軽さを味わい
たい・・・すんごいタイヤです。(*^^)v

PS其の2:この手の高性能タイヤ・・・最新欧米ハイエンドフ
レームとは相性が良くないかも??(;^_^A
縦方向の仕事を苦手とするフレームが、多数派になりつ
つあるので、ベストセラーにはなりにくいかな??(-_-;)
軽くて、高圧で、ハイグリップコンパウンドで、細めのタイヤ・・
縦方向の仕事をよくこなす、バランスの取れたフレームを
お持ちであれば・・・ヒルクライム以外でも・・・
サイコーの飛び道具になりえます。\(^o^)/
あッ、この手のタイヤに適切なホイールも必要になります。

PS其の3:ジラーは、装着方向の指定が前後で異なります。

PS其の4:走行時の音ですが・・・・
これまでに聞いたことのない・・・
硬質な走行音が、
やる気にさせてくださいます。(*^^)v


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/02/28 10:31

軽さは正義。!!?・

サイスポ様の表紙にバーンとっ・・書かれておいでです。

DSCF1256.jpg
フレームとか、コンポの軽量化にプライオリティーを感
じなくなっているオッサンにとっては、衝撃的表記(゚д゚)!
小生の感覚とは、真逆の表記に慌てて拝読したところ・・・

全面降伏とはいかないものの、一理あるのかな??
っと思うところもあり・・・いろいろ顧みてみると・・・

最近の小生・・・

DSCF1181.jpg
RL6に履かせたタイヤをR1Xから

DSCF1215.jpg
RR2Xに増量・・・・

さらに・・・ニュートロンからR500の30㎜ハイトに増量
タイヤもRR2X25Cからグラベルキング26Cに・・・

DSCF1519.jpg
どんどん重量増のパーツを導入しており・・・

重量増・・・慣れてしまえば結構快適だったり・・・(;^_^A
巡航速度維持の容易さとか、高速域ではハンドルの高
さを跳ね返すぐらいの効能を堪能しておりました。

サイスポ様の記事とは真逆のことばかり・・・(;^_^A

業界人として、流行りの「ブットイタイヤ」「セミオフロード化」
に追随していたつもりでしたが・・・
「軽さは正義」っと、断言されると・・・ビビってしまい・・・

久しぶりに・・・

DSCF1534.jpg
所有している中では、最軽量のRS9を引っ張り出してしまいま
した。(笑)

DSCF1461.jpg
重量級で荷物が積めない高速ランドナーになれた状態で、RS9
の所感や如何に・・・

軽いと・・・やっぱり・・・加速が楽ですなー

減速も・・・やっぱり楽ですなー

曲がるのも・・・何も意識しなくても。思ったラインに
乗れますなー

たぶん、こちらのほうがお腹も空かないと思います。

DSCF1536.jpg
ロードレースに使用するなら、間違いなくこちらの一択!
フレームも、コンポも、車輪もタイヤもこちらの方が軽い
ので・・・
自転車全体の重量差はかなりのモノ‥(笑)

本気のレーシングバイクとしての評価に限れば、「軽さは
正義」なんでしょう・・・おそらくきっと・・・

でもね・・・何年か前に、某一流ブランドの5㎏超軽量えー
もん○で、兵庫県の山坂路を走らせていただいた際・・・
加速しにくい、巡行しにくい、登りにくい、下りにくい、曲がり
にくい、止まりにくい、・・・いいとこなし・・・(-_-;)
とーっても残念な所感に終わりましたので・・・
軽くするのにも限度というものが・・・
過ぎたるは及ばざるがごとし・・・だと思います。

乗り手の技量や、出力で扱える範囲で・・・
機材としてのバランスも担保したうえで・・・
行き過ぎていない軽量化は、正しいことなのかもしれ
ないけど・・・
重量も・・・やっぱり、都合がイイ範囲というのは存在す
ると思うし・・・

小生に最適なバイクは・・・やっぱり・・・

DSCF0901.jpg
これに落ち着くのかな?(8キロ超デス)

でも・・・今月のサイスポ様を読んで・・・
以前から気になっていた

P1090222.jpg
このお方を・・・

小生の一番機で試してみようと思っております。(*^^)v

以上「軽さは正義。!!?・」でした。

補足:RS9は軽いだけでなく、競技用フレームに求めら
れる性能が、全方位的に優れているので・・・
軽さだけが原因で文中のような所感が得られた訳では
ありません。

DSCF1515.jpg
あと、RL6で快適に走れた鴨川に、RS9で乗り入れる気
にはなれません。
何にでも、得手不得手はあるものです。
そもそも、用途の異なるフレームですので・・・

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/02/25 14:43

メータレスで感覚復旧のススメ

btn_bike_scub50.jpg
自動二輪でやったら、捕まります・・・(;^_^A

DSCF1524.jpg
これは、自転車乗りの特権かもしれません。(*^^)v

DSCF1526.jpg
同じコースを繰り返し・・・メーター付けた自転車で、速度を
意識しながら数回走って・・・
三回に一回ぐらいの頻度でメーターレスな自転車で走る・・・

上記のようなことを数週間継続すれば・・・
その後は、メーターレス自転車に乗り続けても
40キロ道路は40キロ以下で・・・
50キロ道路は50キロ以下で・・・
メータがなくても、感覚で走れるようになる方が多いと思わ
れます。

これは・・・小生が陸上競技をやっていて、ペース感覚を刷り込
まれていたからできるものだと、思い込んでいたのですが・・・
お客様に試していただいたところ・・・
ほとんどの方ができるようになりました。(*^^)v

そして・・・こういった動物としての本来の感覚が覚醒された
方々は・・・
「花脊(長い登坂)でのペース配分が、解りやすくなった」っとお
おせです。

DSCF0914.jpg
無意識のうちに、自身の体と対話できるようになるみたいです。


感覚のスイッチを入れる・・・
人間本来の機能を復旧させる・・・
身体との対話を開始する
ための入り口としては・・・

解りやすいやり方だと思われます。

以上「メータレスで感覚復旧のススメ」でした。


追記:お仕事で、デジタルデータに頼らざるを得ない現代・・・
休日ぐらいは、デジタルデトックスに充てましょう・・・
脳も身体も蘇りますよ!
人間本来の感覚・感性を復旧できます。(*^^)v

追記其の2:感覚の復旧・・・
頭で考えだしたらいつまでたっても・・・
感じ取れるようになりません。
理屈はほっといて、やってみましょう。(*^^)v
小生にとっては、冥想やヨガより、ハードルが低かったかも??


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/02/21 12:34

パール様秋冬&未舗装修行

DSCF1463.jpg
昨日2月13日は水曜日で定休日。
今週も京阪に乗って・・・

DSCF1465.jpg
パールイズミ様の展示会に行ってまいりました。

DSCF1468.jpg
デザイン・・・すっきりしたのがトレンド??

DSCF1486.jpg
高級路線は冬物にも・・・

夏物は、いろんなブランドから、快適なウエアが発売
されておいでですが・・・
冬物は、パール様のウエアが一番寒くなくて、快適だと
感じております。
日本の冬はパール様に限ります。(*^^)v

DSCF1476.jpg
外見や、カタログからは読み取れない・・・

DSCF1482.jpg
ものすごく高機能・・・丁寧な造りこみ・・・文や写真で伝えるの
が困難なので・・・ご来店願います。m(__)m
来冬は、これ欲しいなー・・・

DSCF1490.jpg
これも欲しいな・・・

DSCF1500.jpg
これも欲しいな・・・

続きまして・・・邪道・・もとい、未舗装修行

DSCF1421.jpg
先週、未舗装路も走れるファットなタイヤをRL6に装着
すると、表記しましたら・・・

そんな邪道にはしるんか??っと・・・各方面から
ありがたーい教育的指導を賜りました。(;^_^A

海外ブランド様が、主戦場を新興国に定めて・・
その環境でベストなモノに、ハイエンドバイクを、セミオ
フロード化
しておりますので、ちょっと、お勉強といいま
すか、太めタイヤ馴化の修行を一歩進めてみようと思って
おるわけでございます。
ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。m(__)m

で、装着しましたタイヤは、

DSCF1456.jpg
パナレーサー様のグラベルキング
26Cデス。(25CRR2Xから1ミリしか太くなっておりませ
んが・・・)

舗装路も走れます。(というか、舗装路に適しています。)

この仕様で花脊とかは行く気にならないので、
12~25のスプロケを使って・・・ホイールもR500に・・・

DSCF1461.jpg
グラベルでの走行感や如何に??

DSCF1513.jpg
とは言っても、未舗装路・・・鴨川ぐらいしか思いつきません
ので・・・

グラベルと呼ぶにはあまりにも綺麗に整地されておいでで
すが‥(;^_^A

DSCF1514.jpg
風景が気持ちいいので、快適なサイクリングになりました。\(^o^)/

で・・・この手の仕様が、この先ポピュラーになるのか???

未舗装路を短い時間ちょこっと通行するのであれば、イイカ
ンジですが・・・グラベルを長い時間走るのであれば・・・

DSCF1521.jpg
素直にオフロードバイクで走った方が楽しいかも??(;^_^A

で、26Cグラベルキング装着したRL6はイマイチか?っと
いえば、そうでもなく・・・

荷物は積めないけど、無茶苦茶乗り心地のイイ・・・
超高速ランドナー・・・って感じです。
これはこれで、イイカンジですよ!(*^^)v
ただ、これをロードレーサーとして使用するのはナシかな?

閑話

テレビで・・・堀江様が・・・おっしゃるには・・・
アイフォン普及成功にネーミングが大きく貢献して
いたのだとか・・・
新型携帯端末とか、携帯コンピューターとかの表現
ではなく、電話(フォン)と呼んだところがミソだった
そうです。
コンピューターとしてはイマイチかもしれないけど、
電話と思えば、恐ろしく革新的に感じる。\(^o^)/

たしかにそんな感じがします。(;^_^A

閑話休題

この手のセミオフロード・・・

ちょっと昔は「グラベルグラインダー」とか・・・
最近は「グラベルロード」とかいうのかな?
もっと、オフロードなタイヤ搭載して「アドベン
チャーロード」とか・・・

でも、どんどんタイヤ太くしていくと・・・
オールマイティーになり・・?
ヘビーデューティーになり・・・?
フラットバーが欲しくなり・・・?

出力不足を感じだすと・・・

19_ESCAPE_RX_E__icegray_angle_1000[1]
「Eバイク」になっちゃうのかな?(;^_^A(;^_^A(;^_^A

この業界・・どこに向かおうとしているのか?
あっ・・・新興国市場でしたね(笑)

ブツブツと、もん○ばかりになってきました・・・(;^_^A

小生の場合、未舗装路は滅多に走らない…かな??
タイヤのネーミングとは齟齬がございますが・・・
通勤に、銀行通いに、普段の足として活躍しているRL6に
は、最適なタイヤですので・・・

DSCF1519.jpg
冬場のサイロでは、少々足枷になりますが、このまま修行
続行の予定です。(*^^)v

以上「パール様秋冬&未舗装修行」でした。

PS:いい訳です。
今回の仕様変更・・・業界に追随しなければ・・・
っという、強迫観念もありましたが・・・

RL6にニュートロンって・・・飛び道具過ぎて・・・
①通勤にニュートロン使うのはもったいない。
②サイロでのロングライドでも、ニュートロンがラクチンす
ぎて充分な運動になっていない。
③通勤にニュートロン使うと、加速が楽過ぎて・・・最近
脚力が落ちてきているような気がする。
という、小生の気持ちというか、本音というか・・・
「ロードレーサー」としは邪道に走ってしまいましたが・・・
普段の生活習慣の中で、元気な身体を維持したい・・・
小生の都合によるものです。m(__)m

PS其の2:タイヤのファット化・・・
純粋なロードレーサーには邪道ですが・・・
運用の仕方、別のカテゴリーのバイクだと思えば
イイカンジっと思えたりします。

ただ・・・ネーミング・・・

DSCF1459.jpg
「グラベルキング」という名前ではありますが・・・
舗装路で高性能・・・未舗装も通行可・・
という感じですので・・・
これで、販売の助けになるのか???

あと、「グラベルロード」「アドベンチャーロード」と
いうカテゴリーの呼び方・・・
ハッキリ言って、「アイフォン」みたいな賢いネーミ
ングではないような気が・・・
「ロード」っ名乗ってしまうと・・・
商材を低性能に感じてしまうので・・・(;^_^A
なにかうまいネーミング・・・ないですかねー

新興国市場を目指した商品であっても、選択肢が
増えることは、イイことだと思うので・・・
ブランドマネジメント屋さんとか、企画屋さんとか、
マーケティング屋さんに頑張っていただきたいと
ころです。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/02/14 12:12

カワシマサイクルサプライ様19展示会

昨日2月6日は水曜日で定休日。

DSCF1402.jpg
あいにくのお天気のなか・・・

DSCF1404.jpg
京阪に乗って、カワシマサイクルサプライ様の展示会
に行ってまいりました。
今回は、各ブランドについてのプレゼンがあり・・・
様々な商品の特徴を勉強させていただきました。(*^^)v

まずは、
小生も愛用のフィジーク様のシューズ・・・

DSCF0897.jpg
小生のは、アマチュア向けのちょっぴり優しいソール仕
様でしたが、このアッパー、プロ選手からも好評だったそ
うで・・・

DSCF1406.jpg
プロ仕様のスパルタンなソールバージョンが、発売される
そうです。(゚д゚)!
(価格もプロ仕様になるみたい・・・(;^_^A・・・)

DSCF1420.jpg
凄く細分化されたバーテープ・・・
何を目途に細分化されたのか・・・について、原理原則を
勉強させていただきました。(*^^)v

続きまして・・・

ウインドトンネル・・・

DSCF1436.jpg
TTとか、アイアンマンでの巡行性能を高めているそうです。

DSCF1431.jpgリムハイト60の方・・・
ボーラ35よりも横風でラインが乱れにくいのだとか・・・(゚д゚)!
凄いですね・・・
ボーラよりラインが乱れないのなら欲しいかも??

幅広リムなのに、23CタイヤOKだそうです。
※推奨は25Cだそうです。

新型カンパ・・・正直なところ、12速はいらないと思うけど・・・

DSCF1433.jpg
リアエンド幅を130㎜のまま多段化された・・・
カンパニョーロ様の、ユーザーライクな良心的設計に拍手!

DSCF1443.jpg
カンパ様の新型は、やっぱり欲しいです。

続きましてピレリ様から

DSCF1438.jpg
プロレース用タイヤ・・・

DSCF1437.jpg
やっぱり・・・

DSCF1439.jpg
勝ちたければ・・・一択ですな(*^^)v

続きまして、プロファイルデザイン様

この業界に数ある・・・エアロを名乗る製品のうち・・・
有意的なエアロ性能を有する唯一のパーツ・・・

DSCF1417.jpg
お腹パラシュートを無効化できるので、効果は絶大
です。
ただ、公道で使用するのは・・・

DSCF1415.jpg
使用する方の社会性が問われる飛び道具です。
推奨:交通規制されたクローズドコースで使いましょう。(*^^)v

続きまして・・・

DSCF1423.jpg
エボ4って(゚д゚)!・・・

他にも多数情報を集めてまいりましたが・・・多すぎるので・・
説明は・・・ご来店願います。(;^_^A

あと・・・ハンドル、シートポスト、サドルレール等・・
この手のパーツは軽量化にプライオリティーを感じておら
ず、強度や、フィーリング重視で、金属製品を推奨しており
ましたが・・・

DSCF1385.jpg
最近、組んだこのバイクで・・・
考えを改めようと思いました。

DSCF1389.jpg
炭素繊維強化プラスチックのパーツ類・・・
扱いさえ間違わなければ、大丈夫なものが多くなってきて
おります。

DSCF1412.jpg
コストは嵩みますが、フィーリングが合うのであれば・・
アリかな??

DSCF1386.jpg
ネオコットにはナシかな?

RS9には・・・相性がいいと感じる方もいらっしゃるかも
しれません。

以上「カワシマサイクルサプライ様19展示会」でした。


PS:せかく大阪方面に行ったので・・サロン見に行ってきたけど・・・

DSCF1453.jpg
展示はまだでした。( ;∀;)

DSCF1454.jpg
沈胴式レンズ装着のレンジファインダーみたいな形状が魅力
的で・・1台で何でもできちゃう!!
小生のブログ用にはオーバースペックすぎますが・・・
新型カンパ同様・・・趣味で使うのであれば・・・
やっぱり欲しいなー

PS其の2:新興国向けの低圧ファットタイヤに有効な・・・

DSCF1410.jpg
一気に空気が・・。

DSCF1409.jpg
入るやつとか・・・

ガタガタ道でチェーン落ちしいくい??・・・

DSCF1408.jpg
いろいろな商品が展開されておいでですが・・・

日本で本当に有効なのかしら・・・

DSCF1399.jpg
業界全体が・・♪迷い路♪く~ねくね~♪って感じです。

とりあえず、業界人である小生・・・・

DSCF1421.jpg
少々ファット気味な、未舗装路も走行できるタイヤ
をRL6に装着して・・・
お勉強(修行??)してまいります。(;^_^A

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/02/07 12:03
 | HOME |