FC2ブログ

高嶺の花チューニング

DSCF1713.jpg
宝の持ち腐れ・・・

P1060247.jpg
猫に小判・・・

DSCF1617.jpg
日本代表に丁度いい・・・
その本領を窺い知ることが困難なほど・・・
手に余る(脚に余る)超高性能。

DSCF1687.jpg
貧脚で50代中ほどの小生がどうやって、超高性能
なRS9と、折り合いをつけているのか??

まずはフィッティング・・・

DSCF1723.jpg
目くじら立てて、小生に都合のいいように、綿密に
ポジションを出しております。

DSCF1706.jpg
無理目なフレームほど、ここはこだわらないと・・・
えらい目に合うかも??(;^_^A
※えらい目:スポーツ障害とか、コントロール性に
難が出て事故るとか‥(;^_^A

続きましてサドル・・・

DSCF1689.jpg
永年使いなれた、形状の合ったモノを使用しております。

そして、体重、パワー、技量不足な小生と、バケモノフォ
ーク&フレームとの、ギャップを埋めるため・・・

DSCF1693.jpg
小生と調子の合った車輪を選択しております。
※調子・・・外周部慣性とスポーク素材&テンション。

閑話
以前、小生とフレームのギャップを埋めるために、

P1080108.jpg
手組ホイールを使用しましたら、関係各方面より、
ありがたーい教育的指導を賜りましたので・・・
完組の中から、最も調子の合ったモノを選択しており
ます。
閑話休題

さらに、空気圧・・・
走行環境等も考慮して、美味しいところを探って、気持ちよ
く走っております。(*^^)v

最後に、ミモフタモナイオチですが・・・
超過激な高性能を楽しむために・・・
体調を整えて乗るようにしております。(;^_^A(;^_^A(;^_^A
小生自身の体調を、高性能なフレームにチューニング
せざるを得ません。(;^_^A

具体的には、一生懸命仕事をして疲労した日の翌日には
乗らない・・・(そんな日はRNC7で出動)

日ごろから筋力低下を防ぐために・・・

DSCF1519.jpg
通勤車のRL6に、26Cグラベルキング×R500を装
着・・・頑張って、効果的フィットネスに励んでおります。
※RS9を楽しむための身体維持に努めております。(;^_^A
自転車のチューニングというより、乗り手の焼き直し
になっております。(;^_^A(;^_^A(;^_^A(*^^)v

以上「高嶺の花チューニング」でした。

PS:フィッティングに拘り、最適なサドルを使用し、
調子の合ったホイールで、最適な空気圧のタイヤ・・・
体調を整えて乗る。
全て、当たり前のことを、当たり前にやっているだけ
だったりして??(;^_^A

ただ、これは・・・
プロフォーマットによる綿密な設計による許容範囲
の広さ、懐の深さがあるRS9だから、小生でも楽し
めるのであって・・・
同等の走行性能を持っていそうなOMRとか785
とかだったら、小生などは門前払いって感じです。
プロフォーマット(推進力最大化解析技術)いろい
ろな意味で恐るべし。(゚д゚)!

PS其の2:フロント52と39・・・

DSCF1710.jpg
リアのローが27・・・
エネルギー効率が良いフレーム性能に助けられて、
花脊の南側とかも余裕で登坂できていますが・・・

DSCF1697.jpg
あと何年、小生の貧脚で対応できるのか???(;^_^A
頑張るぞー(*^^)v

PS其の3:フレーム自体の調子も小生に合ったもの
を選択し・・・
その他も、小生に都合が良いようにチューニングし
ますと・・・

DSCF1663.jpg
こんなのになります。
ネオコット(新形状最適化理論)、現代のハイエンド
に勝るとも劣らない・・・素敵なフレームです。(*^^)v


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/03/28 11:46

小山鳴動して鼠さん一匹も出ず。

先週、藤田様のネオコットに感化され・・・

DSCF1612.jpg
既成概念を取っ払うほどの意気込み?で・・・
小生のネオコットも、もっと攻めた仕様に・・・
っと、思い・・・

試みてみました。

DSCF1629.jpg
やっぱり、自転車の攻めた仕様と言えば車輪の
過激化!(既成概念ソノモノ??)

DSCF1632.jpg
最新の高性能完組・・ビジョン・トライマックス25KB
を装着!

登坂軽快!
降坂のコントロール性も良好!
平地巡行も快適!
加速もいい感じ!
もう、走行性能については、言うことなし。\(^o^)/

DSCF1644.jpg
何の不満もない高性能を、満喫し続けることになる
のかと、小生自身も思っておったのですが・・・

やっぱり元の仕様が恋しく・・・

2日試しただけで元に戻してしまいました。(;^_^A

結局・・小生自身の感覚で、理想を求めて組んだ
自転車でしたので・・・

DSCF1651.jpg
小生の本能は・・・この仕様を選択しました。(笑)

何で元に戻したのか???

やっぱり乗り味でしょうか?

DSCF1686.jpg
あと、このホイール・・・見た目よりよく走るので・・・
これよりも過激なホイールにメリットを感じにくか
ったりします。

それでも、少しは何かしたかったので・・・

スポークのテンションを調律し直し・・・
パナさんのジラーも空気圧を少し高めにして・・・

既成概念を取っ払うどころか・・
むかーしの常套手段で・・
ちょっぴり攻めた仕様にしてみました。(;^_^A

そしてその成果は・・・

DSCF1656.jpg
登坂はより軽快に・・・

DSCF1658.jpg
降坂は超絶に気持ちよく・・・

DSCF1667.jpg
平地巡行

DSCF1672.jpg
&全開走行も悦楽の世界!!

DSCF1673.jpg
やっぱりこの仕様・・・やめられませんでした。m(__)m

以上「小山鳴動して鼠さん一匹も出ず。」でした。


補足:先週、ホンマモン中のホンマモンに感化され、攻め
た仕様を検討しようと、大騒ぎしたにもかかわらず・・・
元仕様の焼き直しを楽しんでいるのですから・・・
何をやっておるのやら・・・
小生、様々なフレームを、いろいろな仕様で乗ってきて
おりますので・・・
温故知新・チルチルミチル的なオチになる事が多く・・・
(;^_^A(;^_^A
何だか刺激のないことになっておりますが・・・

DSCF1663.jpg
現行仕様の気持ちよさを再認識できたので、
これはこれでOKかな?(;^_^A

ただ、DT様の440はもう手配できないし、ヂュラ
のハブも、いつまで作り続けてくれるのか怪しい
ので・・・(-_-;)
次の策は考えておかないと・・
難儀なご時世になりました。( ;∀;)

補足其の2:トライマックス25KBですが・・・

DSCF1684.jpg
超高性能なRS9と組み合わせた方が、本領を発
揮して下さいます。
幅広リム完組の中ではトップクラスの走行性能を
満喫できます。\(^o^)/

別途追記:4月の案内で・・・

DSCF1648.jpg
2020って言われても・・・って感じですが・・・
悪夢のような19トレンドから脱却して下さるよう・・・
強く希望いたします。(*^^)v
日本はもちろん、矛先の新興国でも思惑通りに
行っていないみたいですし・・・😱
早く真っ当なホンマモンに戻した方が・・・
いいような気がいたします。

追記其の2:花脊峠がお預けに・・・( ;∀;)

DSCF1671.jpg
復旧が待ち遠しいです。

追記其の3:河原町バルの3階に

DSCF1681.jpg
スタバが開店・・・
内装が面白かったし、
コーヒーは相変わらず美味しかったけど・・・
周りのお客さんがおしゃれな方ばかりで・・・
小生・・・かなり浮いていたかも??(笑)

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/03/21 11:52

19アンカー説明会

昨日3月13日は水曜日で定休日。

DSCF1591.jpg
河原町から阪急に乗って・・・

DSCF1592.jpg
梅田へ・・・

DSCF1600.jpg
ブリヂストンアンカー説明会に行ってまいりました。

会場の展示・・・

DSCF1603.jpg
藤田様のネオコット&鈴木様のレイダック

DSCF1601.jpg
田代様のは・・・
アルミ×カーボンバック?
マグネシュウム?・・・溶接痕を見る限りアルミに見える
けど、マグネシュウムでグラインダーかけたのかな??
不勉強ですみません。
※アンカーでは、一時期マグネシュウム製フレームがあ
ったような気が・・・アルミっぽいですね。

あと・・・撮影不可な・・・2020モノ・・・
サイスポ様のページに一部掲載されているようです。

プレゼン内容も撮影禁止でしたので、詳しくはご来店
願います。m(__)m

プレゼンの動画内容・・・
レイダックでソウルを走られた鈴木様に確認し・・た・・
web上に表記してもいい範囲でちょこっとだけ・・・

DSCF1626.jpg
この手のフレームで・・・

特別仕様
世界の舞台でリザルトを残しているユーザー様の感想
を聞いている限り・・・
他のフレームと対等の剛性を確保していながら・・・
「軽い」みたいです。
あと、この手のフレーム・・・乗り手に最適化され
たものが供給されると、かなり有利に働くみたいです。

twc04.jpg
トラックレース・・・
2000ワット越えのパワーで・・(゚д゚)!
コーナーの横Gは2G越え?(゚д゚)!
※超高性能スポーツカーで、1G旋回すると横に飛びそ
うで・・・というか、飛んじゃうかも?(;^_^A
フレームには200㎏を超える負荷がかかることがある
そうで・・・
パワーロスを防ぐため・・・
操縦性を確保するために要求される剛性って・・・

もう、異次元の性能過ぎて・・・イメージすらわきません。

こういったものの開発で得られたノウハウやデーター
は、今後の市販品にも生かされるそうです。

色々と勉強になる説明会でした。(*^^)v

ただ、ネオコット大好きな、小生にとってのハイライトは・・・

藤田様のネオコット!!

DSCF1612.jpg
攻めてますよねー

DSCF1604.jpg
このホイール・・・コンプレッションホイールです。
ネオコットフレームは、縦方向のダンピングが効いているの
で、ポンポン跳ねかねない車輪も履きこなせるのかも??
※乗り手の技量で乗りこなしているのかもしれません。
※現在とはレギュレーションが異なります。

DSCF1613.jpg
このバイクを生で、至近距離で拝見して・・・

小生のネオコット・・・

DSCF1620.jpg
理想的なファイナルアンサーだと思っておりましたが・・・
もうちょっと攻めた仕様も検討してみよう・・・
小生の「こころ」にもっと攻めないと・・・っという思いが・・・
Kさんに「精神的に向上心のない者はバ○だ」っと
言われたわけではありませんが・・・

♪せめていこう おっぜぇ~♪
♪まーもりはごめんだァー♪
斎藤様の歌声が頭の中でグルグル回り始めております。

現行仕様が、お気に入りパーツの集合体ですので、難しい
ところもありますが・・・

DSCF1624.jpg
思い切って攻めてみたいと思います。

以上「19アンカー説明会」というよりは・・・
「藤田様ネオコットに感化されました。」でした。

PS:ネオコットの攻めた仕様・・・

P1030979.jpg
何年か前にも一度敢行しておりますが・・・
今度は、もっと既成概念を取っ払ってみようと、
意気込んでおります。
どうなりますやら・・・(;^_^A

PS其の2:最近整備させていただいたホイール・・・

DSCF1587.jpg
物凄く攻めた設計になっておいでです。
めっちゃ速いです!!\(^o^)/
今どきの、縦方向に仕事しない羽根型カーボンハイ
エンドに装着すると、下りコーナーでえらいことにな
りそうです。

こういった、攻めた仕様の車輪を履きこなせるフレーム
が少数派になっているため・・・
タイヤが太く・・気圧が低く・・
鈍重なモノに・・・
なるのかな?なるのかも?
市販品が遅くなるのは・・・安全性が向上するので・・・
良いことかもしれません。

それでも・・・
よくできたフレームで・・・
攻めていきたく存じます。(*^^)v

PS其の3:
鈴木様のレイダック
攻めたスプロケの写真を撮ったら・・・

DSCF1609.jpg
物凄く攻めたチェーンステーが・・・
もしかして、シートステーも??
30年以上前のフレームですよ・・・
スゲー(゚д゚)!(゚д゚)!(゚д゚)!

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/03/14 13:01

軽さは正義。!!?・其の3

今月のサイスポ様表記にびっくりして・・・
ちょこっと感化され・・・
一理あるかも?っと思い・・・

DSCF1536.jpg
こんなの(全部軽いヤツ)で走ってみたり・・・

DSCF1558.jpg
こんなの(タイヤが軽いヤツ)で走ってみたりして・・・

前提条件はあるものの、軽いに越したことはない・・・
ことも・・・多々あるかもしれない・・っと、
思いはしましたが・・・

DSCF1575.jpg
最近、この仕様の気持ちよさが病みつきになりつつあり・・・

ラグジュアリーさを求めるなら、「軽さは正義ではないなー」
っと、再び悟りました。\(^o^)/

DSCF1585.jpg
無駄に重いのは勘弁していただきたいですが、最近の製品は
それなりに、意味のある重さのモノが多いので・・・
「軽さは正義ではない」と書きたいけど・・・
そう断言するのも難しく・・・
悟った割にはモゴモゴと・・・(;^_^A

ただ、軽さに限らず、剛性にしても、強ければ強いほどい
い訳ではなく、乗り手の体重や、出力、スキルとのバラン
スがとれた、「丁度いい」ものがいいのであって、剛性が
低すぎても、高すぎても素敵なことになりません。
軽すぎても、重すぎても、ろくなことになりません。

DSCF1133.jpg
スポークのテンションや、本数もしかり・・・

DSCF1135.jpg
タイヤの太さ、空気圧もしかり・・・
車輪の径や慣性もしかり・・・
ギア比もしかり・・・

○○は正義とか、正義ではないとか、ステレオタイプ的な
思考では見つけられない「いい塩梅」とか、「調子の合っ
たモノ」とかの方が、素敵な結果にたどり着けるような気
がいたします。

なので・・・

乗り手や使用環境に合った「最適なものが最良」この辺り
を結論とさせていただき・・・
「軽さが正義とは限らない」で終わりにさせていただきます。m(__)m

以上「軽さは正義。!!?・其の3」でした。


PS:「最適が最良」では刺激がないですし、つまらない
ので・・・
現代の「商材」としてはイマイチかもしれません・・・(;^_^A
それでも、普遍的な「機材」としての理想なのでは??

PS其の2:最適で、丁度よくて、調子のあったモノ・・
見つけるのが大変で、めんどうくさいかもしれません。
でも、それを見つけることも楽しみの一つ。
趣味なのですから楽しみましょう。
見つけられる感覚の持ち主になりましょう。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/03/05 13:06
 | HOME |