FC2ブログ

DOTOUT様&フィジーク様・2020

昨日7月24日は水曜日で定休日。
後のお祭り巡行に後ろ髪をひかれる思いで・・・(;^_^A

DSCF2502.jpg
阪急に乗って・・・

カワシマサイクルサプライ様の展示会に行ってまいりました。

今回は「DOTOUT様」と「フィジーク様シューズ&チョッピリだけサドル」の
2020モデル!

フィジーク様といえばサドル!
フィジーク様といえばバーテープ!
っと、思い込んでおりましたが、

DSCF2533.jpg
昨年から小生が使用し始めたシューズも優れモノ・・・

今回の真打はこのお方!!っと言ところでしたが・・・
情報解禁日はカナーリ先のお話・・・(;^_^A
今しばらくお待ち願います。m(__)m

情報公開可な新色は・・・

DSCF2529.jpg
リフレクタータイプ?や、


DSCF2530.jpg
イリュージョン?タイプ?

フィジーク様のシューズ・・・
シマノ様のより少しだけ幅が狭くて、少しだけ甲高?
な感じです。

続きまして

気軽なサイクリングに適した雰囲気を持つ「DOTOUT様」

DSCF2542.jpg
※写真は19秋冬モノ・・20春夏情報はご来店願います。m(__)m
2時間以内に帰還する・・・忙しい現代人向け?・・・
働き方改革で、1日2時間近いフィットネスタイムが確保
できる??のかどうか・・・小生には解りませんが・・・
とにかく、日常生活にサイクリングを取り込むことで、
健やかな身体を手に入れたいユーザー様に・・・使っていた
だきたい・・・という感じのコンセプトだそうです。

ガチで5時間漕いでも快適そうだし・・・
週末のロングライドにもイイカンジに見えます。(*^^)v

小生は、パール様の愛用者ですが・・・
おしゃれで、リーズナブルな「DOTOUt」・・・
これからの注目株かもしれません。(*^^)v
ちなみに、長袖初冬用ジャージ・・・

DSCF2521.jpg

小生用に一着オーダーしてまいりました。(*^^)v

以上「DOTOUT様&フィジーク様・2020」でした。

余談:速攻で戻ってきましたが・・・

DSCF2553.jpg

巡行は無事帰還済み・・・

DSCF2551.jpg
撤収作業も・・・いろいろと勉強になります。(*^^)v

余談其の2:新型スーパーカー
跳ね馬さんではなさそうですが・・・
なんと・・・

こるべっとC8
コルベット・スティングレーC8(゚д゚)!
ミドエンジンになるとは・・・噂では聞いておりましたが・・・
エンジン・・・前に積んで欲しかったなー( ;∀;)

C8うんてんせき
コックピットはアメ車のイメージ全開ですが・・・
マッスルカーが、ミドエンジンって・・・

C2.jpg
この手のアメ車が大好きな小生には・・・
馴染むのに時間がかかりそうです。(;^_^A

まー購入対象ではないので・・・
小生ごときがどうこう言うコトではありませんが・・・

C8
これも時代の趨勢・・・😱
時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

余談其の3:来年公開予定映画宣伝にビックリ・・・
ミッチェル大尉が・・・いまだに大尉のままで・・・

小生がまだ学生の頃・・・前作は確か・・・
ACMの教官になってメデタシメダテシ的なエンディ
ングだったように記憶しておりますが・・・
30年以上も昇進しないことに・・・
絶滅危惧種・・・😱・・というセリフもあり・・・
なんだか、オッサン世代には気の重くなる内容な
のかな?

すぱほ
F-18の映像がたくさん流れた後・・・
宣伝の最後・・・

退役したF-14のCG??映像が

どらねこさん
思わせぶりで・・
時代の趨勢・・・映画の宣伝にも・・・
時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

話は自転車に戻ります・・時代はどんどん進ん・・・
頑張ってついてまいります。
っということで・・・
小生も、「時代の趨勢」に乗っかります。
円盤は、現行品を長い下りで使う気になれそう
もなく・・・(コントロール性に難が・・( ;∀;)😱)
次世代のジュラがどの程度使いやすくなるのか??
を・・見極めてから判断することとして・・・(;^_^A
肥大化、ファット化するタイヤの趨勢に対応して、
25Cタイヤを全面的に使用してまいります。

DSCF2354.jpg
RSでは25Cをすでに常用しており・・

DSCF1763.jpg
RLでは、26Cも運用済み(現在は25C)

小生の一番機・・RNC7に・・・

DSCF2558.jpg
R1Xの25Cを装着!!今回は背水の陣?
不退転の決意?で・・・頑張ります。(*^^)v


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/25 11:57

進化?未来?

DSCF2393.jpg
昨日7月17日は水曜日で定休日。
お祭りの巡行が、水曜日!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

DSCF2407.jpg
拝観してまいりました。(*^^)v

DSCF2475.jpg
何度見ても勉強になる・・・先人の知恵泉・・・

DSCF2455.jpg
ステキな光景です。(*^^)v

DSCF2433.jpg
ヒトの力で進んで行きます。

話は替わりますが・・・

DSCF1305.jpg
牛さんや、お馬さんの力を頼っていた時代を経て・・・

外燃機関や、内燃機関の力で進むように進化して・・・
現代にいたっている訳ですが・・・

未来は・・・電気駆動?なの?でしょうか?😱

みらいのくるま
このお方・・・エンスーに大人気な「グッドウッド・お祭り・OF
スピード」で、スーパースポーツカー、ヒストリックカー、
フォーミラーカーに混じって走行しておいででした(゚д゚)!
マジですか?

小生が小学生だったころ・・

しいぶいしいしい
マスキー法を一刀両断・・・もとい・・・
アメリカの法律に準拠したCVCCなシビックに似ているような??
今度は、ご近所大国様の法に従順・・・になるのかな?
♪まわる~♪ま~わる~よ♪じだい~は♪・・・

一方、国内向けには・・・
60年を超える・・歴史的名車!
新型スカイライン様!!

やざわさまおし
内燃機関400馬力・よつドア・セダンの市場規模がどれだ
けのモノなのか・・・小生ごときには解りませんが・・
内燃機関で走ってくれる・・・\(^o^)/
テールライトが丸目四燈・・・\(^o^)/
などなど・・オッサン世代には嬉しい新型・・で・・
そんなことより、進化の真打は・・・??
プロパイロット2.0 運転支援システムなのだそうで・・・(;^_^A

記者会見で、フェンシングの太田様が嬉しそうに
体験している動画が流れ・・・その・・幸せそうな表情
を見る限り・・
すてきな進化を遂げられている模様です。
さらに、CM動画で、ヤザワ様が・・
「こいつが未来だ!」との、ことなので・・・
「御意!」「仰せの通りでございます!」ですね。
スカイラインが未来です。\(^o^)/

高速道路上で追い越しをかける際には、「追い越せるけどやる?」
っと、コンピューターさんが提案してくれるそうで、運転手さんは
ハンドルのスイッチで「承認」して「ほな、よろしく」っと、意思表示
する必要があるそうです。
現行の道交法に準拠した「最新鋭の自動化」なのかな?
高精度なナビもコンピューターさんとグルで・・
高速道路の出口でも支援してくれるそうです。
時代はどんどん進んでまいります。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

自動四輪は、駆動力強化、駆動方式改善、電脳化、情報統合化・・・
様々な進化が加速中で・・・
次世代の主流がどうなっていくのか?
小生にはサッパリ予想がつきません。

翻って二輪は・・どうか??

無題
自動二輪は、内燃機関の高性能化と、制御の電子化がどん
どん進んでおりますが・・・
舗装道路上・人力で競争する自転車の進化は・・・

まどん2010
ヒトの力で走るものとしては、すでに効率化の極みに達していて・・・
やれることがないからか?・・
いろいろと難儀しているように見えます。( ;∀;)

空力の話も、「カムさんの戯言」を引っ張り出した頃か
ら、眉唾感がハンパないですし・・・
3年程前から普及させようとしている、セミオフロード的制動
についても・・・
現行のものは、(S様も、外国のS様も、マグラ的C様も)ま
だまだ改善してほしいことがいっぱいなので・・・
※デメリットいっぱい、メリット皆無( ;∀;)
再来年?あたりのヂュラに期待したらいいのか・・・
もう諦めたらいいのか?
判断の難しいところかと・・・(-_-;)

まー、諦めずに・・・次世代の進化に期待しましょう。(*^^)v
次のヂュラで何とかして欲しいです。

以上「進化?未来?」でした。

PS:自動四輪・・もう一つの未来・・
ゴードン様の・・・2022年モデル?

ゆめのすぽーつかー
H型の6速マニュアルトランスミッションを搭載し、
過給機すら排除した・・・夢のスポーツカー\(^o^)/
100台限定で・・・3億円は下回るかも??
超えちゃったりして?
スポーツ走行の道具として、正常な進化に見えます。
是非、走っている姿を拝観したいものです。

PS其の2:上記は既成概念から抜け出せていない
のかな???
最近・・・スポーツも・・・
液晶画面上で競う時代に・・

Eスポーツ
ズイフトさんとかだったら、クラッシュしても大けが
することないし・・・
ストリートFとかだったら・・・
目の過労と、腱鞘炎程度で済みそうだし・・
ステキな未来に進化するのでしょう。きっと(;^_^A

PS其の3:ミライといえば…
燃料電池車って・・・最近聞かないですよね・・・
BMW様とホンダ様のプロト、トヨタ様の製品化された実車
を拝見したことがございますが・・・
水素ステーションが普及する見込みも怪しい??
どこかの国で普及する見込みは???
カーボン製の燃料タンクとか・・コストかかってそうでした。(;^_^A
コスト高といえば・・・
テレビの世界でも・・・
プラズマテレビって・・・どうなったのでしたっけ?
19モデル20モデル21モデルあたりのロード用新機軸・・・
プラズマ化??しそうな・・・
気がいたします。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

しつこく追記;お祭りを取材されていたプロの撮影機材・・
有鏡で光学ファインダー仕様のモノが主流でした。
大口径無鏡・・・まだまだ普及していないようです。
無鏡電子式写真機も・・・・
ニコンワンの頃は、「受光センサーがフイルムより高性能
なので、CXフォーマットで十二分な性能を確保できていて、
レンズその他も小型軽量化されて、どんどん進化する。」
って感じのメディア論調でしたが・・・

DSCF0471.jpg
去年はフルサイズセンサーが話題になり・・・

1億200万
今年は中判が話題になり・・・
何を信じたらよいのやら・・・

現行ロード用円版制動・・・いろいろなモノが連想されます。
APSフイルムカメラシステムとかいうのもあったし、
あと・・MDとか・・・マイクロカセットテープとか・・・
あっ、そうそう、自転車業界でも・・・
メディアが「ホビーライダーに最適!」っとのたまわれていた、
ロード用トリプルチェーンリングといのも・・
ありましたねー(笑)

もう、やめにします。m(__)m

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/18 11:00

所感&感覚

先日、ひょんなことから、欧州のレースで活動されている・・・
若手一流選手様のお話伺う機会に恵まれまして・・・

欧州のレース・・・距離が100キロぐらいの場合・・・
ずうーっと、クリテみたいな高負荷で走っているのだ
そうで・・・
もっと長い距離でのアベレージもメッチャ速くて・・・
噂には聞いていましたが、やはりエゲツナイ負荷の中で
戦っていらっしゃるようです。

そんな高レベルな活動をされている方の、機材に関する
所感を伺い、オッサン自転車屋は大変勉強になりました。\(^o^)/

なかでも、タイヤに関する所感は・・・
「なるほど!」っと、オッサンの感覚に自信が持てる内容と、
「えっ!マジ?」最新のタイヤは・・・凄いことになっている!!
っと、小生の既成概念(本気のレースはチューブラー一択)の修正
が必要になりそうな・・・(;^_^A

DSCF2378.jpg
井上ゴム工業様のタイヤ・・・
いつか試してみてみようと思います。(*^^)v

DSCF2009.jpg
その他、ブレーキに関する所感も伺い・・・
「いろいろと、試さんといかん!」っと、考えを改めることに
いたしました。
ただ、道具を使いこなす感覚、適応力・・・
若手一流選手と、オッサンでは雲泥の差が・・
同じように感じ取れるかは・・やってみないことには・・・(;^_^A
同じように使いこなすことはほぼ無理でしょうし・・・(-_-;)

まー・・・あきらめんと・・・
どんどん進んで行く時代に・・・追随してまいります。(*^^)v

話は替わりまして・・・

DSCF2374.jpg
小生が大好きな、コンコール・・・・

DSCF2370.jpg
この手のタイプはもう、在庫限りとなりますが・・・

新時代バージョンが入荷してまいりました。\(^o^)/

DSCF2368.jpg
とーってもコンフォートに・・・見えます。
これも近いうちに、小生自身の感覚で確かめてみたい
と存じます。

続きまして・・・

DSCF2360.jpg
「いつかはコーラス!」っと思っておったのですが・・・
身の程を弁えずレコード導入してしまい・・・

DSCF2354.jpg
いつかは・・・という望みを飛び越えてしまいましたが・・・

DSCF2357.jpg
コーラス・・やっぱりいい感じです。

DSCF2355.jpg
小生の感覚は・・・このレバー形状に・・・絶対的な使い
やすさを感じております。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

使いやすさといえば・・・

このペダル・・・

DSCF2365.jpg
ロードでツーリングする際に・・・
とーっても、気持ちいい時間が過ごせそうなイメージが
沸いてまいります。
まー、このペダルを使用する機会は当分の間なさそうな
ので・・・
使用された方に、色々と所感を伺いたく存じます。(;^_^A

話はまたまた変わりまして・・・(;^_^A
見た感じ・・・触った感じの所感と・・・
運用してみた際の所感・・・
最近は、ロードに関するものであれば、大きく乖離すること
が少なくなってきております。・・・

それでも、「これって大丈夫?」っと懐疑的に感じてい
たモノを使ってみて・・・
かなり大丈夫だったりすることがあるので・・・
いろいろと試してみる必要性を感じております。

見たり聞いたりして「これって大丈夫?」って感じて
いたものを使ってみて・・・
「大丈夫」だったことはありますが・・・
「凄くイイ!」っと、感じるようになったことは1度たりとも
ございません。m(__)m
見たり聞いたりして「すごく良さそう」っと期待していたモノは・・・
ハズレを引くことが稀になってきています。

最近の新商品・・・構造や原理に、合理性を欠いたもの
も多々発売されておいでですが・・・
どうにかこうにか「大丈夫」なレベルにまでまとめ上
げられているモノがほとんどなようなので・・・

用途とか、サイズとかを間違わなければ・・・
「大丈夫」なのかな?いい時代になっているのかも??
しれません。
ただ・・
原理原則に忠実で、合理性の塊みたいな・・・
最良なモノと比較した場合・・・
どちらが幸せな時間を提供してくれるのかは・・・
考えるまでもないと存じます。

以上「所感&感覚」でした。

PS:業務連絡です。
コーラス・・・一部入荷してまいりましたが・・・
クランクとブレーキがまだです。


未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/07/09 14:08

規格変更追随?

昨日7月3日は水曜日で定休日。

DSCF2340.jpg
この季節にしては雨に降られることもなく・・・

DSCF2334.jpg
ちょっと、主流ではなくなりつつある23Cを履いた・・・

DSCF2337.jpg
小生の一番機で・・・

DSCF2343.jpg
インタバル・トレーニングを楽しんでまいりました。

骨や関節に優しい小生の一番機で・・・
強度高めの負荷で走り回ったところ・・・

心臓にも、肺にも、血管にも、筋肉にも、
イイカンジの刺激を与えることができました。(*^^)v

体調・・・良い感じです。\(^o^)/

DSCF2347.jpg
自転車も、この仕様がサイコーです。

話は替わりまして、

DSCF2352.jpg
ご近所では、お祭りの季節を迎え・・・

この季節になりますと、フランスでのお祭りが近く
なっていて・・・業界的にも次世代ハイエンド機の
動向というか傾向が興味の対象になるころですが・・・
フランスの旅・・小生は、長い降坂でどんな機材が
主流になるのか・・・注目しております。

DSCF2299.jpg
20モデルの新型フレームがグラベル系になっている
ようなカンジがする昨今・・・
ロードもオフロード化するのかな??
今年のユーロバイク・・・何故か秋になるみたいです。

自転車の業界も変動が激しく、難儀なことになり
つつありますが、自動車レースの世界でも大きな
規格変更が予定されているようで・・・

きかくへんこう
ついに・・・扁平化??・・するみたいです。(゚д゚)!

自動車の方は、正常進化するみたいですな・・・
シャーシーやサスペンションが高性能になると、タイヤの
エアボリュウムを削減できる訳ですが・・・
フレームやホイールの縦方向のダンピングが効か
ないハイエンドが主流になるつつある業界では・・・
エアボリュウム増加傾向に・・・あーあ・・( ;∀;)

13ねんぶりの
あっ、ホンダさんのPUが13年ぶりに勝ったそうです。
最近は、F1の情報に疎くなっておりましたが、
やっぱり日本のブランドが活躍してくれると嬉しい
55歳です。

でも・・F1も、ルマンでのトヨタさんの連覇も・・・
巷ではあまり話題に上らないようで・・・
世の中、変われば変わるものですねー(;^_^A

フォーミラEとかいうのも、イマイチ盛り上がってい
ないようですし・・・
自動車に速さを求める方は少数派になりつつあるよ
うです。(-_-;)

ころころと話が右往左往しますが・・・

苦節3年半・・・石の上にも3年?・・・
DSCF2258.jpg
25C馴化の修行が成就して、ブットイタイヤが苦にな
らないようになってきた小生・・・
各方面から、色々とありがたい教育的指導を賜り続け
ておりますので・・

一番機に・・・25C搭載を決意いたしました。
※現行の23Cジラーをもう少し楽しんだ後の話で
すが・・(;^_^A
小生自身も、自転車に絶対的な速さを求めなくなり
つつあります。(;^_^A

以上「規格変更追随?」でした。

PS:23Cが手に入らなくなるわけではないので、一般
のユーザー様は、使い続けてもイイのではないか?
っと推察いたします。
ただ、リム幅も拡張傾向が続いておりますし、RNC7の
リニューアル時に、装着可能タイヤが28Cまで可能に
なっています。
25C、もしくは28C辺りの普及を目指しているイヤーな
気配・・・ひしひしと感じるところですので・・・
業界人の小生・・・追随することにいたしました。(;^_^A


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/07/04 13:44
 | HOME |