アートデコールカラー 懐かしい!

2014年モデルの情報がウエブ上にたくさん出
るようになりました。

当店で取り扱いのあるブランドは比較的のんきな
のか?っというより良心的なのか?2014年モ
デルの最初の展示会は9月上旬、

P1010605.jpg
写真は昨年のモノ
さらにゆっくりしたブランドの展示会は10月ごろ?

P1010805.jpg
これも昨年の

の予定ですので、他人事のように、興味本位で20
13レートモデルともいえそうな最新型の情報を、指
をくわえて眺めております。

※商品が入荷しないのに情報だけ早く開示されても困
るので、もっとゆっくり・・・・・
サイクルモードの頃に初公開でもいいと思いますが、
マーケットは日本だけではないので、そうもいかない
んでしょうねー

このところの情報の中で、小生がビッビッビ、っとき
たのは、シー五九の、「アートデコールカラー」

かの、ブランドが最も輝いて見えた(小生にそう見
えただけかもしれませんが)時代、憧れの感情をも
って、眺めていた(これも・・・・)頃のデザイン復活!!

素敵だー!!!!

アートデコールカラーや、真ペ井カラーにビッビッビ、っ
とくる年代の方は、小生のように筋力の低下と戦ってい
る最中の方が多いものと思われます。

願わくば、シー四丸美―ステー、とか、江区巣戸里―ム
シーあたりを復刻版で出していただけると嬉しかった。

上記2機種、ホビーサイクリストには乗りやすいモデルで
したので・・・・

まあ、この手のバイク、小生などは眺めて喜んでいる
だけなので、フレーム剛性が過剰でも全く問題ありま
せん。

※花背峠とか、木津川にこんなデザインのバイクがた
くさん走っているとウキウキしてしまいそうです。

サンロニカラーのような、ドウヌキタイプのカラーリング
や、アートデコールカラーが、シー五九に似合うのは、真っ
当なフレーム形状のおかげ・・・・他ブランドも見習ってい
ただきたいものです。(おっさんの個人的な見解)

※ロードバイクマーケット、中高年の財布も、かなりのモノ
と思いますよー、いかがでしょうか?メーカー様。

RMZもオプションでドウヌキ!!とか、出ないだろうか?
シートチューブの形状がエアロなので、似合わないかなー

P1010723.jpg

あっ、小生の愛機、ドウヌキでした。(チルチルミチル)

P1020515.jpg

以上「アートデコールカラー 懐かしい!」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/08/02 11:56
コメント

管理者のみに表示