ロンシャンのお祭り終了!

昨日(10月6日)の夜は、テレビの中継にかじりついて
おりましたアラフィフです。

P1020855.jpg
※写真は淀で接客中の別のお馬さんです。

今年のダービー覇者キズナさんと武豊さん、昨年こ
の舞台で勝ちかけた、オルフェーブルさんの走りに期
待が高まっておりました。

結果はみなさんご存知のとおり、2着、4着・・・・
オルフェーブルさんを調教されていた方のコメントでは
「完敗」というフレーズが出ていました。

でも・・・日本の競馬界にかかわっていらっしゃる方々の
夢は、もう夢ではなく、目標になりかけているような感
じがしました。(遠征費用とか考えると、外野の無責任な
考えかもしれませんが・・・・・)
2年連続2位は立派なリザルト!!

オルフェーブルさん、キズナさん、お疲れ様でした。
体調など崩されないよう、無事帰還されることを祈
念いたしております。
(当のお馬さんより、搬送に携わる方々のほうが気を
つかうんだろーなー、大変でしょうけど、頑張ってく
ださいませ!)

突然話は変わりますが、以前に栗東のトレセンで、お馬
さんの蹄鉄製作を見学させていただいたことがありまして・・・

いわゆる、加治屋さん、職人技の世界!!
感動しました。やっぱり、本気の鉄は素敵!!

っで、見学記念にいただいたのが・・・

P1020851.jpg
蹄鉄ならぬ、蹄アルミニュウム??

P1010956.jpg
現代の競走馬は軽量化のためにアルミ製の蹄鉄で戦うそ
うです。(この世界にも軽量化の波が・・・・アルミ製の
蹄鉄も日本語として間違っているような・・・まあ、ゴル
フのメタルウッドよりまし?かな?)

P1020854.jpg
こちらは、型もので規格がたくさんあって、鉄製よりも現代的
な製法のようです。

ちなみに耐久性は鉄製に及ばないとのこと、

P1020852.jpg
激しくすり減っています。

そのうち複合素材の蹄強化プラスチックとかが開発されたりし
て・・・蹄鉄ならぬ蹄カーボンセラミックとか・・・すり減らなくても
割れちゃうのかな?

P1020773.jpg
最近、鉄製RNC7の「疲労しにくさ」に味をしめている小生などは・・・

P1020277.jpg
鉄製の蹄鉄(なんか変な日本語になってます)のほうが、お馬
さんの体に優しいような気がするのですが・・・・
やはり勝負の世界では軽さが優先されるのでしょうか?

テツの自転車、疲れなくてイイですよ~

以上「ロンシャンのお祭り終了!」でした。

追伸、今度の土曜日(10月12日)、究極のカーボンフレーム、
P1020796.jpg
RMZサンプル車、展示予定です。是非ご覧ください!!

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/07 11:43
コメント

管理者のみに表示