RMZインプレッション

P1020875.jpg
すーごーいバイクで走ってみました。

小生などには「猫に小判」なアンカーRMZ。

サイズは小生にドンピシャ!!
P1020871.jpg
剛性は・・・・SEL4・・・・小生にはどう考えても過剛性・・・涙

P1020858.jpg
カラーはレーシングイエロー。(タイガースカラー?)

P1020868.jpg
コンポは9000番のヒモ引きヂュラ。

P1020869.jpg
ホイールは飛び道具
※試乗車にこれをつけるのは反則?×(販促○)

P1020873.jpg
タイヤも飛び道具
※「一番いいやつ持ってきて」みたいなアッセンブル・・贅沢だー


ギアはフロント52-38 リア12-25
※京都の峠ならどこでも行けそうなセッティング(選手が
乗るという前提であれば・・・)

時間の都合もあり、雲ケ畑方面と、静原、江文峠、大原方面を
うろうろしただけなのですが・・・・

このフレーム・・・欲しい、欲しい、欲しい!!!

なんせ、平地、登坂、降坂、どこでも気持ち良く、コントロール性
抜群!

P1020590.jpg
RNC7の「何でもできちゃう感じ」を、カーボンで実現していま
す。(RNC7のコントロール性の高さは、カーボンフレームでは
実現不可能と思っておりました。)

フレーム剛性のバランスも、とても自然な感じで、違和感の全く
ない・・・・
乗ったその日から、高いレベルの人車一体感を堪能できます。
しかも、しかも、実際に購入する場合は、剛性も、ジオメトリーも乗
り手にドンピシャなものが手に入るのですから、さらに気持ちいいモノ
になることでしょう。(これはオーナー様だけの特権)

P1020872.jpg
RMZ、「レースで戦うための機材」ですので、のんびり、ほっこり
ロングライドになりにくく・・・・
乗り心地がレース用としては良いほうなので、琵琶イチに使用しても
問題なさそうではありますが・・・・
ゆっくり走っていると自転車に「もっと速く走ろーよー」っとせかされそうで・・・
そもそも、これに跨ってしまうだけで・・・身の程を忘れていちびってし
まい・・・っというか、アドレナリンが悪さをして・・・・いつもより多めにクラ
ンクをぶん回してしまいます。

っで、2時間ほどの試乗でしたが・・・・かなり高負荷なトレーニングになっ
てしまいました。(明日の朝は間違いなく筋肉痛)

以上「RMZインプレッション」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/13 11:49
コメント

管理者のみに表示