チネリ、カレラ、タイム、オルベア 2014

去る10月16日、ダイナソア(株)様の新製品展示会に
行ってまいりました。

P1020883.jpg
到着と同時に、チネリ レーザミアの試乗車の存在で
冷静さを失っていた小生ですが・・・・

試乗を終えて30分ほどで、興奮もおさまり・・・・

展示会場に視察へ・・・・

P1020893.jpg
チネリ スーパーコルサ

やっぱりこれは素敵です。
アテナもシルバーパーツがよく似合っています。
ボーラは???カンパの完組であれば、ニュートロンじゃ
ダメ?ですか?
ユーロ高(去年のユーロ安が異常だった)の影響もあり、
若干とは言えない値上がりがありましたが、まだまだお
買い得感のあるフレームです。
1年超えそうな納期を楽しむことができれば・・・・

P1020899.jpg
高剛性、高性能なストラ―ト、チネリで勝利を目指すなら
このフレームがお勧めです。

気楽な街乗りにぴったり

P1020900.jpg
ガゼッタ デラ ストラーダは嬉しい価格据え置き!!

本気で日本一周とかできそうな・・・・

P1020919.jpg
チネリのブートレック HOBO

タイムの旗艦

P1020903.jpg
ZXRSは…・ごじゅうまんえんをこえて・・・・

P1020902.jpg
NXSは昨年のNXより、コンフォートよりと思われるシートステー
に変更され、価格も・・・・・

P1020901.jpg
こちらも、かなり・・・・昨年の価格設定が戦略的すぎました。

P1020922.jpg
NXSベースのレモンはプロト、近日中に仕様が決定するとのこと・・・

P1020906.jpg
カレラのカレラSL

P1020883.jpg
試乗してみました。(左の黒い自転車)
試乗車はチョー反則(販促)アッセンブル(ボーラ、コンポも・・・・・)
ではありましたが・・・
レース用の機材としてはもう改良する余地が見当たりません。
ブランドを商品名に冠するだけあって、もー完璧!!
あとは、素材の大革命を待つしかないような完成度。
笑ってしまうほどの軽さを誇りながら、走りはキレキレ!
レース、ヒルクライム何でも来いって感じです。
(乗り手は選ぶかも・・・)

エウスカルテルの・・・・・

P1020913.jpg
オルカOMP

チョーユーメー自転車ジャーナリスト様が来場されていて、講演?
トークショー?で、とても高い評価を与えておいででした。
乗り味はコ○▽ゴのシー号泣に似ているそうです。
前作のオルカゴールドとの比較では、かなりシッカリした感じとのこと。
(シー号泣ってことは、これも乗り手を選ぶんだろうなー、きっと)

閑話
チョーユーメー自転車ジャーナリスト様のお話によると、円盤制動
装置は、「リアを積極的に使用可能で、姿勢制御に使える」とのこと、
「走り方が変わる」とまで・・・・やっぱりこれからのトレンドなのでしょ
うか?
ちなみに、2015年から「UCIがロードレースで円盤解禁するかも?」
っという話について、「白紙に戻ったかも?」という説も出ているとか・・・

チューブレスタイヤの進化も著しいとのこと・・・

あと、サンマルコの新型アスピデも評価が高かったです。
大変勉強になりました。

閑話休題

P1020894.jpg
今回の小生はレーザーミアの発売でノックアウト状態、なか
なか冷静に商品を見ることができなかったのですが・・・・

やはり、素敵な商品ばかり、吟味されたイイものばかり、ちょ
っと価格も素敵ですが、買って間違いないモノばかりでした。

ダイナソア(株)様の新製品展示会場内にはないモノ・・・・・
それは・・・

翼面形状のロードレース用フレーム
ダウンチューブの太いものはありましたが、薄っぺらいものは
皆無でした。(TT用は除いて)

やはり・・・・っと思ってしまう小生でありました。
メデタシメデタシ。

以上「チネリ、カレラ、タイム、オルベア 2014」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/19 10:43
コメント

管理者のみに表示