ホイールのお話(今年2回目)

当店で人気の、っというか、市場で人気のホイール
が入荷してまいりました。(売約済)

9000番ヂュラホイールのなかでも、もっともバランスに優れた
究極のオールラウンダー

P1030267.jpg
WH9000-C35CL

P1030136.jpg
ヒルクライム命!な使用方法でしたら、C24CLに軍配があが
りますが・・・・

P1030265.jpg
登坂、降坂、平地巡航、タイトなコーナー、高速コーナー「何で
も来い」な高性能・・・・頼もしい素敵なホイールです。

ハブはヂュラなので、気持ちいいほどよく回ります。

重量も1400グラム台(カタログ値)とかなり軽量ですが、
ハブが軽く、リムが「とてもいい塩梅」の重量でして、恐ろ
しくよく走ります。(軽すぎるリムのホイールは速度の維持が
苦手だったりしますが、C35CLは絶妙)

昨今の高性能完組ホイールの例にもれず、スポークテン
ションは高めなので、乗り心地はフレームの方で・・・・・

小生、このホイール初体験は、一昨年のダイナソア様新製
品展示会でのことでした。

試乗したフル9000番武装のタイムZXRSに装着されて
おいでで・・・

P1010834.jpg
フレーム性能もかなりのモノでしたが、ホイールの性能
もすごかった!
何とも言えない痛快な走りが楽しめました。

「アルミのブレーキトラックを持つクリンチャーモデル」の
なかではこれが最高!っと小生は感じております。

P1030220.jpg
※コスパを考え出すとレーシング3とどちらがいいのか?
判断が難しい・・・。まーヂュラはコスト度外視(汗)で最高!
バイユーザーテキ感覚・メーカー様はコストも考慮されている?
んでしょうねーきっと

実際、C35CLを購入された方々の感想は、総じて「絶賛状
態」で、ネガティブなはなしを伺ったことがございません。

P1030264.jpg
11速化でスポークのおちょこ量がうんぬんかんぬん・・・
理科と算数程度の知識で考えても、10速より不利な条
件のような気がしますが、実際に走ってみて感じるのは、
いいことばかり。

そも、そも、フルクラム&カンパのホイールはもとから11速
に対応できるフリー幅で問題なかったのですから、「おちょこ」
の話は問題ないんでしょう。(きっと)メーカー様が問題ない
ように作ってるのだと思われます。

「ホイール」については、賢い人たちが物理や数学の知識を
駆使していろいろな理論を展開しておいでですが・・・

有名人の名セリフ「考えるな、感じろ!」でいいんじゃない
でしょうか?

完組の場合、ホイールの「特性」を感じとって、それが、使用する
方やフレームと「相性」がいいかどうか?「使用方法」に対して「適
切」であるかどうか?は考えるべきですが、
その特性が、どんな技術や理論で成り立っているかは・・・・・っと
思います。

以上「ホイールのお話(今年2回目)」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/02/14 11:05
コメント

管理者のみに表示