RNC7過激化計画 其の3

P1020964.jpg
昨年、「理想のロードバイクを求めて」(其の1から其の8)で「不毛な思考」の末、
カタログモデルのRNC7エキップとよく似た仕様にたどり着いた小生、今回は
「焼け石に水?」を覚悟して「いちびって、賢くない考え」に徹しております。
したがいまして、「不毛な思考」に陥ることなく、結論が早いです。

っというか、ロードバイクは、シンプルで部品点数が少ないので、「過激化」
「軽量化」、といっても、できることは限られております。

っで、今回実施したのは・・・・

1.ハンドルバーをアンカー純正の軽量なものに交換

P1030296.jpg
RL8エキップ等に純正で使用されているニットーの軽量ハンドルバー。
形状がほぼ同じ?なのかな?・・・ポジションに影響なく、ちょこっとだけ
軽くなります。

2.BBの9000化(ヂュラ化)

P1030300.jpg
軽量化というより見た目が・・・・・素敵・・・RNC7にあつらえたみたいです。

3.今回の真打、コンポの7900化(ヂュラ化)

P1030310.jpg
これは、効果があるかも?手持ちの79を使用したのですが、新規
購入で、この価格のものを選択できたかどうか・・・・(汗)
※ペダルは7810、名前を変えて再発売してほしいなー

重量差、性能差より、価格差が大きすぎるような気がしますが・・・
やっぱり軽いなー「ヂュラエース」。

P1030301.jpg
このデュアルコントロールレバー
レバーにカーボンなんか使わなくても・・・・とか、取り付けバンドにチタンな
んか使わなくても・・・・っと、ブツブツ言っていたアラフィフですが・・・

P1030306.jpg
先日スーパーコルサから取り外したこのお方と比較しますと、悪い冗談のよう
に軽いです。(凄い軽さ…・恐れ入りました。)

P1030305.jpg
クランクも軽いなー(9000のクランクなんかはもっと軽くて小生などには理
解不能なほど。)


でっ、できあがったバイクがこんな感じ・・・

P1030309.jpg
カッコイー○▽□!・・・

そして、花背峠登坂仕様がホイールを軽くしたコチラ!

P1030313.jpg
んっ?なんか・・・どこかで見たことが・・・

アンカーのロゴがもしも赤かったら・・・・
アニバーサリーモデルが、「よく似たアッセンブル」だったような気が・・・・
※限定車だったので、フレームもスペチアーレだった?のかな?

小生ごときの頭で思いつくことなど、メーカー様がとっくの昔に
実施済みでした。何年も前の話ですなー・・・
(今回もBS様完成車とよく似た仕様・・・)

まだ、ちょこっとしか走っておりませんが、持った感じはそこそこ
軽くなったような?気がします。

P1030315.jpg

以上「RNC7過激化計画 其の3」でした。

PS 79ヂュラ、とてもよくできたコンポですが・・・・
パンダみたいなカラーリング・・・どうにかならんでしょうか?

79ヂュラのまま、カラーをシルバーにして、カーボンレバーはアルミに
して、チタン部品はスチール製にして、ちょっと(できればめーいっぱい)
安くしてくれたら・・・・

クロモリ用高級コンポとして人気のある、カンパアテナみたいな売れ
方が想像できるのですが・・・・

シマノ様が開発されている「次世代ヂュラ」はDI2が主流でしょうから、ヒ
モ引きで、79みたいなシルバーなコンポ・・・・製品化してくれないかなー

以上、おっさんの独り言でした。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/03/14 13:21
コメント

管理者のみに表示