過激なバイクできました。

P1030505.jpg
このところ、仕様がイメージできましたとか、書いていた
過激なバイク、完成いたしました。

何が過激化というと・・・・

P1030498.jpg
まず、このクランクっというか、インナーリング!!
39Tです!!!

競技をたしなむ方には当たり前のことでも、へたれアラフィフ
の小生にはチョー過激!!
※ちなみにアウターは52Tです。・・・・ちゃんとリアに27Tを装備
して、花背登れるようにしてあります。

そして、このフォーク!!!

P1030475.jpg
アルプスでもピレネーでも降坂できそう!!

軽量なフレームに、超軽量なC24CL・・・・

P1030501.jpg
もう過激で過敏で、小生などにはオーバースペックな一台です。

P1030504.jpg
今朝(5月18日)ちょこっと試乗してまいりました。

登坂については期待をはるかに上回る軽快さ!!

これに乗っていて、登坂でおいて行かれたら、相手の走力が
一枚上!っということです。

P1030506.jpg
ヒルクライム用と考えれば、模範解答のようなバイクです。

降坂は・・・・・・
これだけ軽くしたらねー

チョー高性能フォークをもってしても、スキルの低い小生には・・・・
な感じが・・・

P1030460.jpg
この区間、RNC7の人車一体感と比較しますと・・・・
RNC7が特別なのでしかたがないかと・・・・RL8は、市場の高性能カー
ボンフレームの中でも、トップクラスだと思われます。

P1020875.jpg
このパートでRNC7と比較できるカーボンフレームはRMZぐらい
でしょうか?(ホイール等飛び道具だらけでしたが、このバイクは凄かった・・・)

平地巡航については、軽量ホイールによるネガをちょっぴり感じ
ますが、フレーム自体の素性はよさそう。

P1030220.jpg
「何でも来い}なレーシング3とか装着すれば、カナーリ走りそう
です。

P1030507.jpg
乗り心地、BBの横剛性も手におえない感じは全くなく、小生にピッ
タリなタイプRになりそうです。

以上「過激なバイクできました。」でした。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/05/18 11:11
コメント

管理者のみに表示