ツール使用機材、2013年モデルについて

昨日、帰宅途中に寄った本屋さんで衝動買いした某有名
自転車雑誌を見ながら、2013年モデルの傾向について・・・

P1010519.jpg
※小生が愛用し、当店でも販売しているアンカーの広告が、背表
紙!

ロードバイクに乗ることが楽しくて、楽しくて、自転車屋まで
開業してしまった小生・・・・、この季節の本屋さんはツール
ものの雑誌がフトコロを軽量化してくれます。

ウエブでもっと詳しい情報が入りそうな昨今ですが、紙メディ
アで育った世代なので修整できそうにありません。

さて、ロードバイク 2013年モデルではブレーキとフレームのエア
ロ化が話題になっているようで・・・・
油圧ディスクブレーキ、一体型?直付けエアロブレーキ、
※そうそう、リアブレーキがBBへ移動したモデルも・・・
※油圧ディスクはUCIのレギュレーションに引っかかるとか・・・

仮想テールのこれまでよりは熱帯魚っぽくないフレームのエアロ化、
エレキ変則対応フレーム、
ユーロ安をちょこっとだけ意識した価格の高級フレーム

かなり派手な変更(進化?)を行っているメーカー様が多々見受けら
れます。

で・・・黄色いジャージを獲得された方のバイクは・・・
主に使用されたのが2012年モデルの度熊二、
シャンゼリゼでは2013年型だったそうで・・・

緑色は・・・スーパー六江簿

赤い水玉は・・C五九

???どのモデルもエアロについてはそれほど強く主張していない
フレームにブレーキもオーソドックスなもの・・・・・

やはり勝負がかかると使い慣れたものがいいのでしょうか?それとも
エアロ効果は重視していないのか?
※度熊二はその前のモデルよりもフラッシュサーフェース化により空力
が改善されていました。
※スーパー六江簿は、スーパーオーバーサイズ化されていたヘッドパー
ツの下ベアリングを小さくして最適化を図り、空力を改善したとか・・・・
元に戻ったともとれますが・・・

ちなみに山岳が始まる前に黄色いジャージを着用されていた方は、悪路
でのアドバンテージを目途に開発された度真―弐
同メーカーの真度ンと比較すると目方と空力でほんの少し(若干)劣り、乗
り心地でかなり優れているモデルをチョイス!
※3週間も競争するのですから、疲れないことも重要な性能なんでしょうね。

オーソドックスなものが大好きな小心者の小生は、大胆な変化に面食らうほ
うなので、頂点を極めた方々がこのような選択をしていると、ちょっと嬉しく
なります。

でも・・・ロードバイクはルックスも重要! 究極のエアロ化を施したマシンは
カッコいいものが多々あり、とても魅力的です。
当店で取り扱いのあるものでは、タイムのロード、オルベアのTTフレームあ
たりが、「宝のもちくされ」「猫に小判」といわれることは覚悟で所有してみ
たい・・・走ってみたい・・・一品です。
ただ・・この手のフレーム・・・・サイズが大きいと恐ろしくカッコいいのですが、
小生のサイズですと・・・・悲しい・・・

話は変わりますが、空力の話で驚いたのがヘルメット!!
空力を重視して通気口の少ない(前は穴のないモノも)ヘルメットをTTでない
ステージで使用していたのには驚かされました。
頭部の温度上昇と、空力、・・・どっちをとるのが有利なのか?日本とは気候が異
なるので想像もできませんが・・・欲しくないなー  でも、冬のサイクリングロー
ドでは暖かいかも?
TT用のヘルメットも少し現実的な形状になっていて、こらなら下を向いても大丈
夫!
昔のモノは後部にとんがった長いテールが存在し、ちょっと下を向いただけで強
力なエアブレーキと化していましたが・・・・
最近のTTはフォームも前乗りが進んでいて、ヘルメットのテールも短いほうが
いいのかもしれません。

理由はともあれ、TT用ヘルメットの形状変化はホビーライダーにも扱いやすい変
化なので、一度試してはいかがでしょうか?

長々とまとまりのない感想ばかり書いてしまいましたが、最後に小生の店で一番空
力の優れたフレームは?と、見回してみますと・・・・
これでしょうか?

P1010507.jpg
RNC7
チューブが細いので、前から見た面積が小さいことはもちろん、横からの風に対して
も優れた空力性能を発揮します。(冬場に木津川、桂川サイクリングロードを走る小生
にとって横からの突風対策は重要です。)

P1010508.jpg
ネオコットの特徴的なヘッドチューブ接合部はちょこっと整流効果が期待できるかも?
できませんか?

ここまで最新型に消極的なことばかり書いてしまった小心者の小生ですが、ツールの
画像にもほとんど登場していないような最新型を仕入れます!
「9000系ヂュラエース」※ヒモ引き変速のほうです。
初回導入分は年末ごろ展示される予定です。
今回はリアホイールも必要になりますので、購入予定の方は早めにご予約を!!

以上、2013年モデルに関する店主の独り言でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/21 12:13
コメント

管理者のみに表示