ホイールのお話(今年5回目)

当店には珍しい・・・

P1030621.jpg
イマドキの完組ホイールが入荷して参りました。
※(売約済みです。)

カンパニョーロバレット
かなりのディープリムですが、
(最近では普通なのかな???バレットウルトラには105とか、コンポ
名かいな?な、リムハイトのモノがあったような気が・・)
その大半をカーボンがしめており、重すぎず、軽すぎず、「いい塩梅」
のリム重量におさまっておいでです。
見た感じより、かなり扱いやすい重量のようです。
(横風には注意が必要です)

当店近辺での使用であれば、3方向に峠がございますので、ブレーキ
トラックはアルミに限ります!!

P1030624.jpg
ニップルがカーボンを引っ張っていて・・・・

P1030623.jpg
警告が・・・・(取り扱い注意!!)

当店では、ホイールが入荷した際、振れとり台に乗せているのですが・・・
最近のシマノ様高額品、カンパ&フルクラム様のホイールは、すごーく
精度が高く、振れとり台に乗せること自体が無駄な時間になっております。
品質管理に感謝!!です。

P1030626.jpg
高額完組ホイールですので、当然のようにストレートプルスポーク・・・・

P1030629.jpg
コチラはそうでないタイプ・・・(要掃除・・・・)
このタイプのスポークの方が乗り心地が優しくなるのですが、加速性能
を追求すると、ストレートプルの方が有利なようで・・・

ネオコットとかに装着するのであれば、もう少し、リムハイトの低いモノ
を用意させていただくところですが・・・
装着されるフレームが、すごーくマッシブなので・・・・これぐらいリムハ
イトがある方が、調和がとれると考えました。

「カッコいい」こともロードバイクの重要な要素かと・・・・
あと、「バランス」も・・・・

以上「ホイールのお話(今年5回目)」でした。

PS:「6回目」辺りで、小生好みのホイールを用意しようかと企んでお
ります。かなり先の話になるかも・・・

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/06/30 13:07
コメント

管理者のみに表示