ササリ峠 風は秋色

昨日(8月29日)は定休日ということで、毎度おなじみ
のサイクリングに出かけてまいりました。

表題の「風は秋色」で一世を風靡したアイドルを思い出した方、
そろそろ筋力の衰えと戦い始めているのではないでしょうか?
小生もこの数年、絶対的な筋力の低下をしみじみと感じておりま
す。
まだまだ老け込むわけにはいかないので、暖かい間は、せっせと
峠を登るようにしております。

運動不足気味の方は、より定期的な運動を行うことをお勧めしま
す。(休日のロングライドは超オススメ!)

競技に参加されている同年代の方は、そろそろ、無理な負荷をか
けすぎないよう、お気を付けくださいませ。(健康第一!)

さて、ササリ峠に向かう場合、美山側から回り込むコースと、花背
経由、広河原スキー場側のコースがありますが、小生はトンネルを
通りたくないので、花背、広河原側を愛用しております。

花背峠を登りきると・・・やはり気温はこのとおり
P1010531.jpg
(帰路ではさらに1度下がって22度!)
P1010532.jpg
花背農協前も薄曇りで快適!
P1010534.jpg
あまりに気持ちいいのであっという間にスキー場前
P1010535.jpg
この高低差を1回のターンで登ります。(踏みごたえあり!)

距離も短く、勾配もそれほど厳しくないので意外とあっさり登れま
す。
P1010536.jpg
登りきるとここから先は南丹市

さらに下ると美山方面へ、この先の景色は最高です。が・・・・
スキー場から登るとそれほど厳しくないこの峠、美山側からだと
長い長い(永い永い)、厳しい登坂となります。花背の南側並みの
気合と体力を必要としますので、折り返して帰る予定の方は、体力
と時間余裕と相談してから下ることをお勧めいたします。

小生はといいますと、最近の暑さに体重が減少気味でしたので、こ
こは下らず、スキー場側へ下山しました。
P1010537.jpg
スキー場から数キロは、なだらかな下りのワインディンロードになり
まして・・・・小生のような貧脚でもロードバイク本来の性能を満喫す
ることができます。
P1010538.jpg
気分はTTを走るカンチェラーラ!!

RFX8で走っていたのですが、この区間だけはRIS9で走ってみたい
です。(ここなら過剛性のバイクを楽しめるかも?)

とにかく刹那的な快楽に浸れる区間です。

ただ、まだ花背北側の登坂が残っておりますので、体力の余裕をもっ
て走ることをお勧めします。

以上、休日サイクリングの報告でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/30 10:45
コメント

管理者のみに表示