ゆーしーあい・スポンサーに屈す?

ロードバイク用円盤制動装置・・・

8月から「試験的」にロードレースでテストされるそうで・・・・
あれまー!
ユーザーや選手にとっては「悪夢?」が現実になりそうです。

ここまできたら、メーカー様の思惑通りになるんだろなー
きっと・・・涙・・・
(さんどいっちまん&もるもっと・・・かわいそう)

ロード用円盤制動装置・・・技術者様の涙ぐましい努力によって・・
だいぶ良くなってきているとは思いますが・・・・

テンションホイールで・・・タイヤがアスファルトをグリップした状態で・・・
ロードバイクの速度域で・・・
ハブの部分で制動をかけるのは物理的に不利な構造です。
(リムの温度変化が少ないことは、タイヤの空気圧を考えると有利
かも?しれませんが・・・)
制動性能劣化は避けられません。なので・・ホイールの方にも大きな
変化が必要と思われます。(昨今の完組、無茶苦茶硬く組んである
から、小生の体重なら、大丈夫だったりして・・・・汗・・・)

バネのきいた乗り心地や加速は、気持ちいいモノですが・・・
テンションがかかったスポークのバネが効いた制動って・・・背筋に冷
たいモノが・・・あぶないでしょ!
(神業の持ち主や、そうではない方でも、のんびりサイクリングするだけ
なら、問題ないかも・・)
テンションホイールを捨てれば問題は解決します!・・・が・・・
昨今の高性能フレームは、硬くて跳ねるものばかりなので、トラクショ
ンはかからんし、乗り心地も劣化するし・・・もうタイヤ太くして、電子制
御サスでも付けちゃいましょうか?

あっ、タイヤ太くなってますねー(サスもどきもチラホラ・・)
意味不明なギミックの数々・・・円盤制動にピッタリ!・・メーカー様、準
備万端!流石だー!恐れ入りました。

小生のようなおっさんがいくら嘆いても、時代は進んでいくのであり
まして・・・・「ゆーしーあい」が「屈する」のであれば、「販売店」は「順応」
するしかありません・・・(っていうか、有償整備の回数が増えるので、
お店的には、商売として嬉しいかも?トラヌタヌ・・・失敬・・・)

9000番のノーマルキャリパー並みとはいいません、せめて、ティアグ
ラノーマルキャリパー並みの性能まで向上させてから、発売していた
だきたいと・・・・あと・・・・高級なコンポにもノーマルキャリパーブレーキ
の継続生産を・・・願うばかりです。
(XTRがディスクオンリーになったのって・・・・ディスク化から何年たって
ましたっけ?)

この次のヂュラエース・・・・DI2のみで・・・液圧円盤ブレーキのみで・・・
ホイールもディスクブレーキ専用品のみ、だったりしたら・・・
悲しいなー(そう・・なりそうな・・気がします。)

ロードバイクは「アート」ではありませんし、「伝統工芸」でもないので・・・
市場が大きくなって大衆化している以上、メーカー様も「工業製品的」な
「たくさん売れる新型」を作り続けるしか・・・・しかたのないことと・・・思う
ことにしております。っと、日記には書いておこう。

以上「おっさんの独り言」でした。

PS:「アート」で、「伝統工芸」的なロードバイクも・・・・製品として生き残っ
て欲しいなー


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/04/17 12:56
コメント

管理者のみに表示