暖かい・お花見サイクリング

昨日、4月22日は水曜日で定休日

P1040650.jpg
お天気にも恵まれ・・・

2週間前は4度と、思いっきり寒かった峠の下も・・・

P1040651.jpg
暑すぎず寒すぎず快適な温度に(これは路面の温度?)

P1040606.jpg
2週間前に度肝をぬかれたシステムは・・・

P1040652.jpg
ミッション完了のようでした。

こんな気温ですと・・・50のおっさんでもいちびってしまい・・・

P1040653.jpg
きもちよーく登坂を終えることができました。

P1040659.jpg
ここから先は悦楽の世界が・・・ネオコットでの降坂は、気持ち
いいことこの上なし!
思い通りに走れるので、小生のようなヘタッPでも楽しく下れます。

閑話
雑誌で、RNC7のヘッドチューブを現代風にオーバーサイズ化
して欲しいとか・・たわけた記事を読んだことがありますが・・・
EN規格対応の強化型クロモリフォークと、強化された形状のネオ
コットのヘッドチューブ・・・・ノーマルサイズで十二分な性能が確保
されておいでです。
現代風のバイクは、コラム&ヘッドチューブのアルミ化カーボン化で、
強度&剛性が落ちるから、太くなっているだけなので・・・・
閑話休題

P1040660.jpg


P1040661.jpg


P1040663.jpg
気持ちよーく峠下の農協様に到着。

だた・・・下りで少し体が冷えましたので・・・

P1040662.jpg
暖かい缶コーヒーで一休み。

P1040666.jpg
悦楽の世界パート2

P1040670.jpg
ツバメさんが歌い。

P1040671.jpg
トンビさんも・・・

P1040667.jpg
気持ちよさそうに宙を舞い・・・

P1040668.jpg


P1040674.jpg


P1040676.jpg
体調も良くクランクがよく回り。

P1040677.jpg
コチラの桜はもう散っていましたが・・・・

ここちよい春を満喫できました。

以上「暖かい・お花見サイクリング」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2015/04/23 12:05
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 歯飛びについて
RNC7京丹後 様
いただいた内容につきまして
現物の状態を確認していないので、確かなことはわかりませんが、可能性の高い原因とし
て、変速ワイヤーの初期伸びが疑われます。
変則ワイヤー周辺の汚れ等を確認して、摺動抵抗になるものがなければ、リアディレーラー
のワイヤーが装着されている部分の黒いプラスチックの部品を、八分の一回転等少しだけ
(外側を上方に)回して、ワイヤーのテンションを調節することで症状が改善することが
ございます。(ワイヤーが伸びた分だけ引っ張る)
ただし、大きく回し過ぎると調節が難しくなりますので、少しずつまわして、調子よく変
速するポイントを探るようにしてみてください。
遠方ですので、たいへんかもしれませんが、点検させていただければ幸いです。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ワイヤ初期伸びにつきまして
返信が遅くなり大変申し訳ありませんでした。
変速ワイヤの初期伸びは、伸びてしますと安定します。
リア側がこれで収まるかもしれませんし、まだ、少し
伸びるかもしれません。
同じことがフロントでおきますと、シフトアップが鈍く
なってきます。
フロントディレーラーには、ワイヤのテンションを調
節する仕組みがなく、フレーム側ダウンチューブ前方
のアウターストッパーに調整津するための仕組みがご
ざいます。
RNC7の場合、リアのテンションもフレーム側で調節可
能になっています。
ふつうのネジを緩める方向に回しますと、ワイヤのテンシ
ョンが上がるようになっています。
こちらも、八分の一回転等、少しずつ調節していただく
必要がございます。

変速ワイヤのほかにも、ロードバイクにはデリケートな
部分がございますし、ネオコット独特の乗り味の感想も
伺いたく存じますので、点検でご来店いただける日を、
楽しみにしております。

管理者のみに表示