打倒ニュートロン?

P1030686.jpg
昨年は、手組ホイールで、「打倒レーシング3」を
めざし・・・もとい・・・・レーシング3のようなバランスに
優れた「全方位的高性能」をめざしまして・・・

P1030688.jpg
アラヤ様のリム

P1030697.jpg
真鍮ニップル

P1030693.jpg
プレーンスポーク(前1.8後2.0)

P1030691.jpg
10速の頃のヂュラのハブ

という贅沢(超オーバースペック)なホイールを組んで、濃厚な
トラクション性能、極上の乗り味、スポークアシスト機能を楽しん
でいたのですが・・・

このところ、筋力の低下が著しく・・・・弱った出力に合せるために・・・
ホイールを、デチューンすることにいたしました。

リムとハブはそのままに・・・・

P1040923.jpg
アルミのニップルと

P1040931.jpg
パテットしたスポーク(前1.8‐1.6‐1.8後2.0‐1.8‐2.0)
で、組み換えて・・・

P1040915.jpg
ニュートロンみたいな、軽快さを目指してみました。

P1040924.jpg
タンジェント組の場合、スポークはプレーンの方が、コシがあるとい
うか、弾力が逞しくなるというか、味わいが深くなるというか・・・
(なんだか、うどんの話みたいですなー)

ニップルも真鍮のほうが、望ましいと思うのですが・・・
(アラヤ様の超軽量リムを使用した場合、常人なみの脚力があれば、
真鍮の方が走るような気がします。)

で・・・・理屈は余所に置いておいて、組み換えたホイールの走り心
地や如何に?

P1040938.jpg
手間をかけた割に、ビジュアルの変化が全くなく、気分が消沈して
いたのですが・・・

漕ぎだしの軽さは、期待どおり、・・・・・ニュートロンを凌いでいるとは
言いませんが、外周部(ニップル)の重量差による、性格の変化は、
予想よりも大きかったです。(ニップルは64個もあるので、チリも積
もればなんとやら・・・)

心配していた乗り心地は・・・・小生の貧弱な体重&出力の場合、ほとんど
悪影響ナシ!(あーよかった)

ただし・・・濃厚なトラクション性能&乗り味は・・・・
ちょっぴり薄味になったでしょうか?
(慣性が小さくなっているし、スポークのクロスしているところの近所が、
細くなっているのですから、当たりまえ・・・ですなー)

これまでのモノが、「ロースにチーズをのせて、バターで炒めたような、
これでもか的」な感じだとすると・・・・今回のモノは、「アジの干物的」な・・・
旨味は十二分にあるけど、かなりあっさりした「味わい」です。
(アジの干物は小生の好物ですので、決して悪口ではありません。・・・
アジの干物でも、高価なものは油がのっていて・・・・)

P1040942.jpg
「打倒ニュートロン」は無理でしたが・・・・筋力低下が著しい小生・・・
これまでの手組より軽快で、完組ホイールより優しい乗り味が、ヒジ
ョーにありがたく・・・・(巡航性能の低下や、贅沢な乗り味若干劣化には、
目をつむって・・・)

P1040940.jpg
「薄味手組ホイール×RNC7」の出番が多くなりそうです。

以上「打倒ニューロン?」でした。


PS:「軽量化は正義ではない」・・・・数年前(10年ぐらい前かも?)まで、よく
雑誌等のインプレ記事で、見かけた言葉ですが・・・最近は・・・「軽量化して失
うものがなければ軽い方がイイ」的な表現を見かけるようになりました。
が・・・・しかし・・・・「軽くすれば、確実に何かを失います。」
軽いということは質量を失っているわけで・・・質量を失うということは、
慣性を失うことになります。慣性モーメントが小さくなるということは・・・・
いろいろ・・・様々なネガが発生するわけで・・・・性能劣化につながることも
ございます。(無駄に重すぎるものは、除外で考えております。)
※自転車軽量化による、お財布の軽量化・・・・かなりのリスクかも?

P1040704.jpg
ホイール外周部については、乗り手の体重&出力や、走行するコースのレ
イアウトによって、チョウドいい塩梅の質量が変わってまいりますので・・・
自分に合ったものを選択できるようになると、楽しい時間を過ごせる(レー
ス等でも、良い結果をめざせる)ようになります。

P1040865.jpg
どんな性格のホイールを選ぶべきか・・・乗り手の嗜好にも、左右されるとこ
でもありまして、絶対的正解があるわけではありませんが・・・・

P1040780.jpg
体重と、走り方と、走るコースのアップダウンの程度を、伝えていただければ、
許容範囲の車輪を、ご提案させていただくことは可能です。

以上「やっぱり、軽量化が正義とは限らない」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/07/25 12:53
コメント

管理者のみに表示