黒いけどアルミです

迫力満点の・・・・

P1050486.jpg
シャマル・ミレ
リムが真っ黒ですが・・・・

P1050494.jpg
ご安心ください、アルミ製のリムです。
でも・・・このアルミ製ブレーキトラックには・・・

P1050510.jpg
このお方のみ、使用が許されておいでです。
※カーボン用の赤いお方は使用できません。
※※当然ですが、アルミ用の黒いお方も不可!!

P1050487.jpg
ブレーキトラックにワーニングのシール!!

P1050490.jpg
使用前に剥がしましょう!

そのほかにも

P1050509.jpg
ワーニング

P1050506.jpg
ワーニング

P1050496.jpg
警告だらけです。
使用に際しましては、最上級の警戒を・・
もとい・・細心の御注意をお願いいたします。

肝心の走行性能につきまして・・・
以前に、ちょこっと試乗してだけで、走りこんで確認した訳では
ありませんが・・・

P1050482.jpg
23Cの高性能クリンチャータイヤと組み合わせた場合・・・
ボーラ50クリンチャー×25Cとほぼ同等かな?
凌駕しているかも??(たぶん凌駕していることでしょう・・)
※※※乗り心地はちょっぴりスパルタンで、カーボンリムのもの
ほど体に優しいわけではありません。


すごーく走ります。
・・・しかし・・・
フレームと乗り手を選ぶ飛び道具です!
(しつこいようですが、ブレーキシューも選びます。)

以上「黒いけどアルミです」でした。


おまけ:

最近、ウエブでこんな写真をよく見かけます・・・

P1050502.jpg
ご安心くださいませ・・・

P1050476.jpg
当店でも、目くじらを立てて、検品、点検、整備を行ってからの
納品となります。

カンパ&フルクラム・・・ゾンダとかレーシング3以上のグレード
になりますと・・・点検後の自転車屋の仕事が極端に少なくなります。

P1050484.jpg
とくに、アルミリムモデルの場合・・・点検・検品のみで終了してしまう
こともあり・・・品質管理の高さに感心してしまうことも少なくありま
せん。

精度が高く、硬いリムだと、ホイールは組みやすくなりますが・・
それでも、「すごいなー」っと、見上げてしまいます。

P1040437.jpg
ただ・・・カーボンリムの場合は・・・というか、カーボンを直接ニップル
で引っ張っているタイプの場合・・・点検後のお仕事が多くなっている
のは・・どちら様のモノでも・・ボーラ様&ヂュラ様でもお仕事が・・

走行性能のわりには、乗り心地が優しくなるモノが多いので・・・
組むの大変なんだろーなー
(やっこいリム×少ないスポーク本数+ハイテンション・・・お察しいたし
ます。)
まあ、キッチリと整備(調整)するのも、自転車屋の「お仕事」と思って
おります。やりがいのある楽しい仕事です。

以上「おまけ」でした。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/10 12:43
コメント

管理者のみに表示