オススメバイク2016

冬になると毎年楽しみにしていた・・・・

P1050602.jpg
八重洲出版様のロードバイクカタログ・・・・

今年はいつごろ発行になるのかと思っておりましたら・・・
ロードバイク選びのために進化した、新しい企画の本に
なるみたいで・・・
2月上旬ごろ発行のようです。

昨年版で行われていた
「ショップ店長が選ぶオススメバイク」
の企画は継続されるとのことでしたので、小生も
アンケートに参加させていただきました。

2015年版では下記価格帯ごとの選別でしたが・・・
15万円以下、25万円以下、25万円以上

2016年版は進化していまして・・・
価格帯が若干インフレ傾向?な区切りに・・・
20万円以下、20~40万円台、50万円以上

P1050604.jpg
用途も選択させていただけるようになり・・・

バイヤーズガイドとして、より解りやすい企画になったも
のと思われます。
(っというか、答えやすいアンケートに進化しておいででした。)

で、小生がお勧めする2016年のロードバイクは・・・

20万円以下(レース用)

P1050578.jpg
よく進む・・「推進力最大化解析技術」駆使して開発された
アルミフレームに・・・

P1050605.jpg
新型ティアグラを搭載したRS6スポーツ


20~40万円台(ロングライド用)

P1050264.jpg
小生が使用しているRNC7のフレームに、105搭載の

P1050249.jpg
RNC7エキップ
オプションのレーシング3を選択されますと・・・
サイコーのバイクになります。


50万円以上(レース用)

P1050044.jpg
小生がフレームを予約した
RS9

P1050424.jpg
9000番ヂュラで組んだ完成車価格は・・・
ホンダCBRの400CCを上回る77万5千円!!(税別)
※フレーム価格は税別35万円
自動二輪より高価格!!っと思われるかもしれませんが・・

プロ用機材の製品版である、RS9の成り立ちを勘案しますと、
自動二輪で比較の対象になるのは

pct-top01[1]
2千万円超のこのお方・・・RC213V-S
コレとの比較であれば・・・エンジンが付いていなくても・・・
リーズナブルといえるかも?・・汗・・無理かな?

ロングライド用であれば、エントリーグレードはRNC3、ハイエン
ドはRL8で、昨年お勧めしたものと同様なのですが・・・

2016年のRSシリーズは、久しぶりにワクワクさせられるレース用
フレームです!

以上「オススメバイク2016」でした。

PS:ロードバイクカタログに代わる、八重洲出版様の新しいバイヤーズ
ガイドの題名は「ロードバイク・コンシェルジュ2016」になる模様。
・・・・・・・発行が待ち遠しいです。・・・・・


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/14 12:52
コメント

管理者のみに表示