RNC7 VS RS9

P1060429.jpg
小生の愛機2台の比較です。

P1060237.jpg
この組み合わせで・・・VS・・・っといっても・・・

P1060418.jpg
レース用の機材としての評価であれば、比較するまでもなく・・・

P1060182.jpg
最新のアンカーが圧勝するわけですが・・・

P1060427.jpg
サイクリングのお供とか、スポーツ走行の相方とか、いろいろと
評価の軸を・・・しますと・・・

どちらも、ブリヂストンサイクル様の魂がこもった「ホンマモン」
なので、比較の対象にできるかも???

自動二輪の

1[1]
ホンダNR VS・・・

pct-top01[1]
RC213V-S

ミッドシップスポーツカーの
NSX VS ハイブリットNSX

ヨンク×ターボの
R32 VS R35最新型

しつこく・・・
AE86 VS BRZ

みたいな、新旧対決!っといった感じで・・・

閑話

86は「ドラテク養成ギブス」のように、豆腐屋さんの漫画で
神格化されておいでですが・・・
小生どもの「ドラテク養成ギブス」はKPの方で・・
AEを峠で振り回すだけの経済的余裕は・・・ありませんでした。

閑話休題

えーっと、なに書いてたっけ??
あーそうそう、RNC7対RS9でした。

登坂性能は・・・

P1060259.jpg
RS9 > RNC7
もう、これは比較の対象にならないところで、
数十年分の進化の結果なんでしょう。
※平地での加速性能も上記の通り。

降坂性能は・・

P1060315.jpg
RS9 ≧ RNC7
降坂・・・性格は異なるし、フィーリングは別物なのですが、
法定速度以下であれば、ライントレースの正確さ、減速が容易
なことも、ほぼ互角です。
ネオコットの、「路面に張り付いているような安心感」は別格で、
なんでもできちゃいそうな錯覚に陥りそうです。

P1050789.jpg
濃厚な接地感はネオコットの美点です。

RS9の方は「絶対的な余裕」とでもいうのでしょうか?「正確無比」
な感じがして、こちらも人車一体感は一級品!
軽くて硬くて、ポンポン跳ねる、太いタイヤ&ギミックでごまかす最
新ハイエンドフレームとは、次元の違うコントロール性能です。
カーボンなので、跳ねないとは言いませんが、充分な接地感があ
ります。

平地巡行は・・・

P1060262.jpg
RS9 ≧ RNC7  かな?

体調とかその日の気分にもよるのでしょうけど・・・
RS9の方が楽に速度を維持できます。
どちらも気持ちいい巡行なのですが、ぺダリングフィールが全く異な
ります。
時速30キロを超えたあたりから、踏みなおした際の、フレームが助け
てくれるバネ感は、RNC7の方が解りやすいかも??
(体重、パワー等により、感じ方は人それぞれかと・・)

フィットネスの道具として・・・

RNC7 > RS9
「消費カロリーが大きいから」とかのギャグではなく、身体
に対する優しさ・・・とくに「骨や関節を傷めない」という
ところでRNC7が圧勝しています。

P1050851.jpg
「末永くサイクリングを楽しめる元気な身体」を、お求めであ
れば・・・ネオコット(元気な身体養成チャリ)がお勧めです。

以上「RNC7 VS RS9」でした。

PS:
どちらか1台のみ所有が許されるとしたら・・・
小生の場合・・・RNC7かな?
年齢、出力、乗り方等々・・冷静に考えれば考えるほど、ネオ
コットの方が合っていると・・・
しかし、RS9の刺激的な走りも捨てがたいというか・・・
賢くない選択の魅力というか・・・
刹那的な歓びも諦められない・・・
大人になり切れていないオッサンです。
小生は悟りきった賢者ではないので・・・
開き直って、2台体制維持ということに。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/07/21 12:09
コメント

管理者のみに表示
« 銀色 | HOME | 車輪装着!! »