RS9・ひと夏乗ってみて・・

P1060554.jpg
小生には「猫に小判」なRS9

6月に乗り始めて・・・

P1060306.jpg
乗り慣れるまでは、異常なほどの加速&登坂性能に
しびれまくっていたのですが・・・

ものすごい加速性能というのは・・・

P1060326.jpg
小脳がそれに慣れてしまうと・・・・

「ものすごい加速にびっくり」→「効率よく凄く進むの
が当たり前」っと、人間、一度贅沢を覚えてしまうと、そ
れが当たり前になってしまい・・・
強烈な刺激の類はだんだん刺激的ではなくなって参り
ます。

強烈な刺激による興奮が収まってまいりますと・・・

P1060309.jpg
このフレームの真骨頂がコントロール性の高さであることに気
が付き始めて・・・
また、疲れにくさでも、現代のカーボンレーサーのなかでは抜群
に優れていて・・・

こうやって、冷静にRS9の高性能ぶりを思い返してみますと・・・

グランヴェロ・レイダック・ネオコット・RCP・RHM・RMZ・・・・

P1060226.jpg
何十年も前からブリヂストンサイクルの製品に受け継がれてきた、
「全方位にバランスよく高性能な性格」を現代の技術で極めた・・・

P1020855.jpg
「生粋のサラブレット」といった感じです。

最近の市場を席捲している、「無意味な角を持ったユニコーン」と
か、「張りぼての翼をもったペガサス」みたいなハイエンドフレーム
とは一線を画す、ロードバイクのあるべき姿というか、真善美とい
うか・・・・

P1060313.jpg
小生にはもったいないけど、非常に優れた、正常進化を遂げたバイ
クにひと夏乗ってみて・・・
「市場の正常化」を願うようになりました。

以上「RS9・ひと夏乗ってみて・・」でした。

蛇足:ブランドマネジメント屋さんも、OEMメーカーさんも、霞を
食べて生きている訳ではないので、「売れる製品&儲かる商品」を頑
張って作っています。
消費者がおかしなものを喜んで買い続けていると、さらにおかしな
ものばかりカタログに並べてしまいます。
※安くてイイモノなんてありません!(安いのには理由があります)
※変わった形のものでイイモノはありません!今はおかしなものの全盛期かも??
消費者が我に返って「良い製品」が欲しいと思っても・・・手に入らない・・・
そんな時代が、もう、すぐそこまで来ているような気がいたします。
※欧州で、こだわりのフレームを作っていた工房・・ほぼ壊滅状態だも
んなー・・あー恐ろしい・・
ものづくりのグローバル化は残酷です。

PS:来週、アンカーの新型が東京で発表されます。
小生は大阪の展示会に参加予定でして、一週間遅れの情報になりま
すが、お楽しみに!
来週はシマノ様情報他をお届けいたします。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/01 12:27
コメント

管理者のみに表示