舌の根も乾かぬうちに?

25C・・・「乗り続けようと存じます。」っと、
書いておきながら・・・

P1060758.jpg
今朝のプチサイクリングに、23Cを引っ張りだし
てしまいました。

P1060757.jpg
23Cを履いたRS9の、切れ味鋭い走行感、というか、
乗り味が恋しくなったので・・・

で、乗ってみた感想は・・・

P1060759.jpg
「やっぱり23Cのほうがよく走るわ!」(゚д゚)!

操作性でも、23Cのほうがいい感じ・・・

25Cの方は、よく言えば「おおらか」・・
正直に本音をもらすと、「大味」

P1060723.jpg
空気圧を低めにした際、乗り心地に素晴らしいもの
がありますが、速く走ろうとすると・・・
ほんのちょっぴりですが、「足枷」になります。(”^ω^)・・・

ただ、上記は、23Cに乗りなれたオッサンが、RS9に乗った
際の感想ですので・・・

25C仕様を前提に設計されているかもしれない・・・
ツール走ってるフレームとかは、23Cだとポンポンはねて
危ないのが、少なくないので・・・

25Cに慣れるしかないんでしょう・・・きっと・・・( ;∀;)

P1050358.jpg
おおらかな乗り味が売りのRLとかは、25Cもいい感じですが・・

P1050732.jpg
レース用高性能車には23Cがいいかも?

3日かけて東京までツーリングとか・・・
参加するイベントも、耐久性を競うものとか・・・
そういった用途には25Cを推奨してまいりました。
25Cの美点が発揮されることと思われます。

ワンデーレースとか、ヒルクライムの場合は、23Cがよ
ろしいのではないかと・・・

あッ・・・ツールって・・3週間で3千数百キロ走るので・・・
プロにとっての3週間3千数百キロって、アマが3日で東
京まで行くのと似たような耐久性が、求められているの
かもしれません。

P1050780.jpg
あと、最近は、新型試乗の際・・・
ブットイタイヤが装着されていることが多くなっている
ので・・・

P1060761.jpg
業務の都合上・・・25Cを乗り続けてみようと存じます。

以上「舌の根も乾かぬうちに?」でした。

PS:最近、新型試乗で、「ハイエンドなのに、走らないフレー
ムが増えた」っと、嘆いていたのですが、ひょっとしたら
「太いタイヤのせいかも?」っと思いまして、25Cを常用す
る必要性を感じていました。

25Cを日常的に乗ってみて・・・・
「走らないフレームが増えた」と感じたのは・・・
タイヤのせいだけではなく、

P1060247.jpg
極端によく走るフレームに、小生の小脳が慣れてしまって
いたことが、原因のようです。


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/08 12:25
コメント

管理者のみに表示