25C慣れてきました。

ぶつぶつと文句を言いながらも・・・
乗り慣れてきた700×25C

P1060817.jpg
今朝もプチサイクリングに使用してまいりました!

R1Xの23Cと比較すると、微細なデメリットがあり、
微妙なメリットのあるR1X25C

P1060818.jpg
でも・・・ほとんどの23Cクリンチャータイヤよりも良
く走るので、R1Xの23Cと比較しなければ、なんの不
満もない、良いレーシングタイヤということになります。

P1060456.jpg
今回、小生が使用しているリムは、23Cにも対応可能な
ものなので、23でも、25でも気に入った方を選択可
能ですが・・・

P1060595.jpg
ゾンダ・シャマル・れーゼロ辺りはリム幅が広がってし
まい、カンパ様推奨タイヤは25C以上とのこと!!

BS様にうかがったところ、れーゼロ幅広リムに、エ
クステンザシリーズの23Cは、篏合テストに合格して
いるとのことですが、乗り心地がどうなりますやら・・・

もしもの話・・・23Cを選択できないと、仮定しますと・・・

P1050836.jpg
パワー不足な小生は、ボーラ35クリンチャーが欲し
いと思うようになりました。
(25Cの乗り心地良さはそのまま、外周部が軽くなります。)

カンパ様・・・アルミリム幅広化・・見事な戦略のような
気が・・しないでもないような??

P1050844.jpg
カーボンリムクリンチャーホイールのメリットが、解りや
すくなったかも??

シマノ様のクリンチャーホイールは、日本市場を重視して
くださったのか?
R9100シリーズでも700×23Cが装着可!!

どちらの路線が主流になるのか?

フレームが硬くなって・・・完組ホイールが市場を席捲する
中で消えそうな、21Cチューブラータイヤみたいに・・・
700×23Cが極端に少なくなるとは思えませんが・・・

2016_Giant_Road_E_Plus_1_update[1]
ディスクロードとか、電動ロードとかも増加しているよう
ですし・・
さらにフレームが硬くなって、乗り心地が悪くなる昨今・・・
タイヤは28Cとか、32Cとか650b??とかが増え
てくるんでしょうか?

以上「25C慣れてきました。」でした。

PS:先日、店内が素敵なことになっていたので・・・

P1060815.jpg
嬉しくなって写真を撮ってしまいました。

P1060816.jpg
さらにもう一台レーススタイルが入荷予定でして・・・
小生が大好きな良品・・・是非、多くの方々に使用して
いただきたいものです。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/10/16 12:05
コメント

管理者のみに表示