ネオコットの良いところ

小生の知る限り、市場で最も優れた競技用フレーム・・

P1070253.jpg
RS9を所有していながら・・・

自転車日和に、自由な時間がながーく取れた際・・・

P1060231.jpg
こちら(RNC7)に乗りたくなることが多いのは
何故か?

それは・・・
気持ちいいから、乗り味が優れているから・・・(*^_^*)

P1070263.jpg
プロフォーマット(推進力最大化解析技術)を用いて
製品化されたRS9の機動性は、他社製品を圧倒して
いる・・・っと、小生は感じております・・が・・
ネオコット(新形状最適化理論)により製品化された

P1070256.jpg
RNC7と、乗り味で比較しますと・・・
いろいろと・・・でして・・・

P1060182.jpg
純粋に競技に要求される性能を高めたRS9と、

P1060823.jpg
長距離ライドに適した剛性のRNC7を、乗り味で比較
すること自体、ナンセンスなことなのでしょうけど・・・
カーボン製のロングライドモデルであっても、ネオコ
ットとの比較では、コテンパンな評価に・・・

P1070264.jpg
※写真は化粧カーボンシート
「カーボンは乗り心地がいい」っと思い込んでいる
フシがありますが、
それは・・・
2000年ごろの、ガチガチに剛性を高めた極太アルミ
フレームとの比較、しかも、当時の細身カーボンチュー
ブでの比較であって・・・

P1070266.jpg
※写真ではよくわかりませんが単一方向のシートです。
現代のカーボンフレームは、当時(2000年ごろ)の
アルミフレームを軽く凌駕する剛性の高さを実現してお
り、最新の設計により乗り心地も考慮されてはおいでで
すが・・・それでも・・・当時(2000年ごろ)評
価の高かった、アルミスポークの高剛性ホイールと組み
合わせますと・・・
長い時間乗っていられないモノが市場を席巻しておいで
です。( ;∀;)
剛性を高めた欧米ブランドのレース用カーボン、
乗り味なんて悠長なことは・・・

P1070270.jpg
※カーボンの進化とは相反しまして、最近のアルミフレームは、
乗り心地に優れたモノが、多くなりつつあります。(*^_^*)

閑話

P1060818.jpg
ブットイタイヤが、市場に拡がりはじめており・・
軽くて、硬くて、ポンポン跳ねる高性能フレームの問題点
を緩和するために、エアボリュームを増大させているの
か???
あと、輸入代理店様の方がタイヤメーカ様から聞いた
話の・・マタ聞きデハアリマスガ・・・
オンロードでディスクブレーキのメリットを生かそうと
すると、タイヤのサイズは25Cでは不足気味・・
最低でも28C・・できれば32C(゚д゚)!ぐらいは欲しい
とか・・・そういえば・・・
T社様のエンデュランスディスクブレーキモデルには、32C
が標準装備!!・・(゚д゚)!
さすがT社様!合理的!・・・でも・・・
32C・・もっとパワーが欲しくなりますよね~( ;∀;)

ブットイタイヤに対応するためか・・・
リアセンター("^ω^)・・・マッドガードとか、キャリア
とかつけたくなるような・・・
これ、ロードですか??(;^_^A
他ブランドでも、ディスクロードのリアセンター430とか(゚д゚)!
・・・・マジですか??( ;∀;)

買い替え需要を刺激し、利益最大化を目指す、ブランドマ
ネジメント会社様、OEMメーカー様、メーカー様等々の
方針に、追随せざるを得ない弱小販売店としましては・・・
もう少し、エンドユーザー様のメリットを、重視していた
だけると嬉しいのですが・・(;^_^A
この業界は、どこに行ってしまうのでしょうか?
ある程度普及したところでまた・・ハシゴを・・
されたりして???( ;∀;)

長すぎる余計な閑話・・休題(;^_^A

フレームの乗り心地の話から、えらく脱線してしまいまし
たが・・・
ロードバイクの市場が大衆化している昨今・・・
モノ造りがグローバル化してしまっている昨今・・・
いたし方のないことと、理解しております。

それでも・・・ホンマモンを味わえる、貴重
な製品が、今ならまだ手に入ります。\(^o^)/

P1070259.jpg
チューブの成型から、上尾工場で加工される、極
上の逸品・・

フレームサイズも細かい刻み、フォークも細かく
適正化されていて・・・乗り手にフィット!!

P1070251.jpg
カタログスペックからは読み取れない上質さ・・・
週末のお供にいかがでしょうか?

P1070258.jpg
以上「ネオコットの良いところ」でした。

PS:ユーチューブで「ネオコットテクノロジー」
と入力して検索しますと、RNC7製作工程の動画
を見ることができます。
なーんと・・ホントーに・・
上尾工場で撮影されておいでです。(゚д゚)!

広告代理店が、スタジオや倉庫で、製作現場風、実験
室風に模した、異常に綺麗なイメージ動画(アジアメー
ドなのに、何故かアングロサクソンな方がいっぱい映っ
てる)とは異なり、ホンマモンの現場が映っています。
実際の製作現場は、イメージ動画のように煌びやか
ではありません。
ぜひご覧ください!!(*^_^*)


スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/26 16:54
コメント

管理者のみに表示