小生専用機!

昨日8月23日は水曜日で定休日。

暑さのせいなのか?歳のせいなのか?

朝からダル重な体調( ;∀;)
(アリナミンのコマーシャルで女優さんが沈
んでいくやつのような・・)(;^_^A

P1080107.jpg
それでも、おっさん用チューニングを施したRS9で・・・
花脊北側降坂をやってみたかったので・・・
ゆっくり行けば問題ないだろうという甘い気持ちで(;^_^A

P1080108.jpg
いつもの山坂路に行ってまいりました。

RS9のチューニングですが・・・

P1070331.jpg
燃える商魂に従うのであれば、カーボンクリン
チャーホイールを投入し・・・
「花脊の南側を降坂しても大丈夫!(*^^)v」っと、
やるべきだったのかもしれませんが・・・

小生専用機ですので・・・小生の好みに・・・
小生が走りやすいようにしてみました。
※性能重視のチューニングです。
※専用機といっても、赤くペイントしたり、ツノ?
を生やしたりはしません。

っで、何をしたのかといいますと・・・

スポークの数を増やして・・・

P1080103.jpg
前後左右ともタンジェント6本組で28本
元はFラジアルで22本、Rフリー側タンジェント
反フリー側ラジアルで24本

P1080106.jpg
ハブをヂュラにして・・

25C馴化に励んでいたのですが・・・

P1080120.jpg
今回は、小脳の要求に従い23Cを選択。

P1050713.jpg
実はこのチューン・・・昨年2月にRS9のプロトタイプに
接した時点で・・・このようなホイールと組み合わせて
みたいと、強く渇望しておりました。

で、その成果は???

南側を登坂し始めてすぐに気が付きました
「今日は登るべきではなかった。」っと・・(;^_^A
花脊南側、体調が優れない日に登坂するのは大きな
間違い!(あたりまえですなー)
でも・・・良いこともありました。(*^-^*)

ただでさえ稚拙なダンシングが、グラグラと醜い
立ち漕ぎになって、止まりそうな状態でも・・・

P1080117.jpg
バケモノフォークとタンジェント組の前輪が功を奏し・・
結構進んでくれたりします。

無茶苦茶進むフレームと、身体にやさしい車輪に助けられ・・・

P1080113.jpg
なんとか登坂完了\(^o^)/

涼しい環境で休憩してから・・・

P1080112.jpg
北側を降坂!(*^^)v

P1050866.jpg
RNC7×前後32本組の次に気持ちいい降坂を楽しめま
した。\(^o^)/

P1080115.jpg
スピードのコントロールも、ラインに乗せるのも思いのま
ま、何でもできちゃう感じです。

P1080116.jpg
平地巡行は、思いっきり漕がなくても望外な速度にもっ
ていけますし、速度の維持もラクチン・・・そのうえ・・・
景色を楽しむようなポダリングペースでは・・・
ラグジュアリーな乗り味を楽しめます。\(^o^)/
♪なー♪んて♪滑らか~♫

チューニングすることで、良くなることは知ってお
りましたが・・

P1080119.jpg
想定した通りの性能を確認できました。(*^^)v

以上「小生専用機!」でした。

蛇足:帰りの花脊南側降坂

P1080122.jpg
急勾配、うねうね路、路面が荒れたゆっくり降坂で
チューニングのありがたみが・・・
想定をはるかに超えておりました。\(^o^)/
乗り手のパフォーマンス以外は・・・(;^_^A
いいこと尽くめな一日でした。

蛇足其の2:今回のチューニング・・・
ビジュアル的なネタを一つ仕込んであるのですが・・・
誰も気付いてくれません( ;∀;)
先輩から「みっともない」という教育的指導を
いただいたので・・・

近いうちに、真っ当にいたします。(;^_^A

スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/08/24 12:43
コメント

管理者のみに表示