ブリヂストンアンカー工場見学会 その1

昨日(10月10日)は秋晴れのいいお天気!!
P1010729.jpg
サイクリング日和ですが・・・かねてから見たい見た
いと、思っていたブリヂストンアンカーの上尾工場を、見
学させていただけるとのことで、喜び勇んでお江戸方面へ!!
P1010731.jpg
普段は京阪、阪急を愛用している小生にとって久しぶりの
新幹線、京都駅を出発して山科のあたりまで来ると、自転
車屋には理解不能なほどのスピードに達してしまいます。
あまりの高性能ぶりに、「日本のモノづくり、運用管理の
レベルの高さ」に驚嘆です。

そんなジャパンクオリティーの自転車製作現場を見学でき
るのですから、期待はふくらむばかり。

あっという間に、名古屋を・・・
P1010732.jpg
静岡を・・・通過し・・・
P1010740.jpg
P1010736.jpg
気が付けば東京駅!!(ほんとにあっという間)

IMF総会がご近所で開催されておりました。

P1010742.jpg
JRを乗り継いで目的の北上尾駅
P1010743.jpg
改札を出るとブリヂストンサイクル(株)のハッチが展示され
ておりました。(赤い子供車)
P1010745.jpg
早めに家を出たつもりが、入り口に到着したのは集合時間の
5分前、遅刻にならなくてよかったー
P1010746.jpg
入り口まで出迎えていただいた方が、超一流選手!!
三流競技者(陸上競技です。)だった小生は一流アスリートのオ
ーラに非常に弱く、むちゃくちゃ緊張して顔が引きつってしまい
ます。
(重ね重ねチコクシナクテヨカッター)

ブリヂストンアンカーの販売課の方々は超一流のアスリート
集団、担当していただいている渋谷さんのオーラに最近少し
慣れ始めてきたのですが、これだけたくさんの一流どころがそ
ろうと、小心者の小生は借りてきた猫状態、緊張しました。

まずは、新製品の技術講習。
アンカーユーティリティのモデルチェンジ、RL8,CX6に関する
商品の説明。
とくに、RL8についてはカットモデルも・・・
このカットモデル、大阪の展示会でも見せていただいていたの
ですが、今回はよりゆっくり、しかも個別に説明付で改めて理解
を深めることができました。

そして、いよいよ工場見学。
※工場内は撮影禁止となっております。なおアンカーラボはご
英断により一部撮影可!
P1010748.jpg

○競輪選手用フレームの製作エリア
工場というより、工房っといた状態。
まさに職人によるハンドビルト、匠の技の迫力に圧倒されます。
1ミリ単位のオーダーに対応しているそうです。

○フォーク製作エリア
精度を細かく確認しつつ、職人の技により、恐ろしく難しそうな
作業を、何事もないかのように進めていきます。

○防錆処理施設
防錆は水にひたし、酸にひたし、水ひたし、そして最後に中和剤
(アルカリ性だそうです。)ひたすとのこと。
この施設はかなり大がかり、入念な防錆処理はマスプロメーカー
の強みかと思われます。

○ネオコット用チューブ製作エリア
P1010764.jpg
写真はカタログのモノです・
スピニングバテッド、バルジ加工の見本と説明
チューブの厚みを無段階で変化させる特殊な技術と、両端
にふくらみを持たせて、ラグを兼備させる技術です。

このエリアはハイテクと匠の技が同居しており、RNC7が特
別なクロモリフレームであることを認識いたしました。

○塗装エリア
量産塗装でもかなり入念な手作業が行われていましたが、ア
ンカーの塗装は、全て人の手によるもの。
下塗りの後、500番のサンドペーパーで磨いてゆき、その後本
塗装。
1本1本、入念な手作業の繰り返しで、ハイクオリティーな塗装を
実現されておりました。
※このエリア、昔テレビでみたNSXの高根沢工場をの様子を思
い出しました。(アンカーってこれだけ手をかけてるのに、かなり
リーズナブル。お買い得な商品です。) 

○RMZフレーム製作エリア
最新の技術で製作されるRMZですが、製作現場は、まさに工房。
ファインカッター等最新のハイテク機器もあるのですが、匠の技
によるハンドメイドの世界でした。
ここは、競輪用フレーム製作エリアのカーボン版といった感じで
す。
※サイクルモードフェスタでRMZにのって欲しくなっていたので
すが、製作現場を見て、さらに欲しくなってしまいました。

○アンカーフレームにパーツを取り付けるエリア
完成車で購入した場合、工場から販売店へは7分組という状態で
出荷されます。
7分組はメーカーによってまちまちですが、ここではフレームに、
BB,クランク、後輪、FRディレーラー、チェーンの取り付けを行って
いました。

1台を一人の作業者が担当し、手際よく、しかし恐ろしく丁寧に組
み上げられています。

製作工程を見学させていだいて「期待以上の丁寧さ、さらに匠の技
とこだわりぬいた製作方法」に感動しました。

店頭での組み立て点検時に、製品のクオリティーの高さは感じてお
りましたが、ここまでやっているとは・・・

ここまででもかなーりびっくりしていたのですが、この後に見学し
たアンカーラボと、製品の試験ではさらに驚くことに!!
P1010752.jpg
内容は、ブリヂストンアンカー工場見学会 その2に記載させてい
ただきます。

以上「ブリヂストンアンカー工場見学会 その1」でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/11 12:38
コメント

管理者のみに表示