FC2ブログ

最新鋭機降臨!

イマドキホイール&コンポに最適化された・・・

DSCF0035.jpg
新型RNC7・・・・

DSCF0048.jpg
イマドキタイヤの太さと

DSCF0036.jpg
最新のコンポを装着して・・・
最新鋭機と化しました。\(^o^)/

で・・その走行性能の程は・・・・

ナカハナカーボン
ツール直前に発表された・・・かの国や、勢いのある国の富豪
向けに開発された、○○○風ビジュアル系高速ランドナーを軽く
凌駕していると思います。
※綺麗に舗装された、日本道路に限ったお話です。(;^_^A

余計な話:
ツール直前に発表された最新型・・・
欧米ブランドマネジメント会社が目指す最大の市場は、
ランドナー全盛期の日本よりも、条件の良くない道路
状況だそうで・・・
そういった環境に、最適化された新型が開発されており・・・
ファットで低圧なタイヤ&オフロード用制動装置・・・
条件の良くない道路上では、とても高性能なのではないか?
っと、推察いたしております。

venge06.jpg
S社様とC社様のやつ・・・○○年前のナカハナカーボンに
そっくりなんですけど‥カナガタ・・・オープンモデル
だったり・・するのかな???
最近は、OEM先の方が立場が強く・・・??(;^_^A

欧米ブランドの中では唯一?貴重な?メーカーでもある?
とりあえず自社生産も行っているらしい・・・T社様
T社様のは、オリジナルっぽいですね・・・

トレックマドン19
SLR8番を選べば、日本の環境でもイイカンジ??
日本の道路環境にも配慮いただき・・・
ありがたく存じます。m(__)m

余計な話休題:

余計な話は、特別に恵まれた環境で、高圧&ホッソイタ
イヤを楽しんでいる・・グローバルな商売に疎い・・・
世間の狭い・・・視野の狭い・・・オッサンの戯言ですので・・・
聞き(読み?)流してください。m(__)m
ただ、欧米ブランドマネジメント会社は、いろいろな意味で
容赦がないので・・・勢いのある国々のインフラ整備が進むと・・・
「高速ランドナーはもう古い!!これからは純粋なロードだー
とか言い出して、平気でハシゴを外してくることも・・・
ありえないことでは・・ないかも・・・おそらく外してくる・・・
っと、世間の狭いオッサンは、推察(希望)いたしております。(;^_^A

ブツブツいう、オッサンの戯言はこれくらいにしておいて・・・

DSCF0031.jpg
新型マルゴですが・・・

5800も良くできたコンポでしたので・・・ものすごく進化したの
か?っといわれると・・・ものすごくとは言いにくいかも?
ただ、業界が進めているタイヤのファット化と、リムの拡幅に
は、充分対抗できているので・・・
新型完組ホイールとの相性が良くなっている・・・市場の変
化にうまく対応できていると思います。
※メカニック目線では・・・フロントディレーラーの組付けと調整
が楽になりました。(首長竜はコツが必要でした。)

DSCF0040.jpg
ブレーキにブースターがないから、うんチャラかんチャラ的な
メディアの表現は・・・無視していいと思います。
やはり、R9100やR8000よりも、ニクヌキが少なめのR7000・・・
ブースターは不要です。\(^o^)/

DSCF0045.jpg
最近、この手の素敵な自転車を組む機会に恵まれることが多
くなっていて・・・とても幸せな自転車屋です。(*^^)v

以上「最新鋭機降臨!」と・・・・
「欧米ブランドOEMロード、オフロード化もとい、グラベルロード化
が止まらない」でした。


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/09 13:47
コメント

管理者のみに表示