FC2ブログ

低重心&シンメトリー

昨日8月22日は水曜日で定休日。

DSCF0355.jpg
お天気にも恵まれ・・・

DSCF0356.jpg
低重心化を図ったRNC7で・・・
低重心化の効果測定を行ってまいりました。

低重心化&シンメトリーというと、スバルの
ボクサーエンジン&ドライブトレーンを連想しますが・・・
運動性能に影響のある要素だと思われます。

まずは、低重心のお話から・・・

何か特別な改造を行ったのではなく・・・

DSCF0365.jpg
サドルバックの中身を、ツールケースに移しただけ・・・(;^_^A

DSCF0359.jpg
で・・・サドルバックの位置には充電式のテールライト・・・

DSCF0363.jpg
見た目がいい感じかも・・・

DSCF0367.jpg
市街地よりもかなり涼しいトレーニング会場でインターバル!!

DSCF0377.jpg
ロードバイクの性能を感じ取るのには絶好の環境でしたが・・・

DSCF0373.jpg
小生の小脳・延髄・筋紡錘・三半規管等による効果測定では・・・
低重心化の有難みは・・・解りませんでした。(;^_^A(;^_^A(;^_^A

DSCF0375.jpg
ホリゾンタルフレームのボトルケージが、極端に低くないから
なのか?フレーム重量が大き目だからなのか???
原因は特定できませんでしたが・・・

DSCF0051.jpg
近いうちに、低い位置にケージが付けられて、軽量なRS9で
試してみようと思います。
(軽量なカーボンフレームの場合、サドルバック分の重量でも
大きな影響があるかも???)

続きましてシンメトリーなジオメトリーのお話。

某米国ブランドの19モデルで、フロントセクションが
シンメトリーな構造になっていない、ハイエンドモデル
に試乗させていただいた感想です。
(Cのレフティーじゃないです。TのMです。)

円盤のネガティブな要素を、高い技術力で何とかして・・
どうにかこうにか、大丈夫なレベルに達しているように
感じました。(ものすごい技術力(゚д゚)!)

それでも、従来の制動システムと比較すると・・・
下位互換でしかなく・・・
上位互換に感じさせるためには・・まだまだ時間がか
かりそうです。( ;∀;)
※次期ヂュラに期待しましょう(*^^)v

まー、峠の降坂とかに使用しなければ問題ないので・・・
峠の降坂でも、いつもよりゆったりしたペースで、一割
ほど手前から制動すれば、大丈夫だと思われます。

シンメトリーの話は読み流していただければ幸いです。(;^_^A

続いてシンメトリーのお話其の2

DSCF0354.jpg
イイカンジに素直に育ってくれたハブ・・・

DSCF0348.jpg
シンメトリーなスポークジオメトリー

テンションホイールの場合、スポークはダンパーの役割
を担っているので・・・ここは・・・前輪だけは・・・
おちょこを避けるべきだと考えております。

オフロード車の場合、スポークが変形する前に、サスペ
ンションフォークが働いてくれるし、シクロクロスの場合は
太くて低圧なタイヤが働いてくれるので問題ないですが・・・

リジットフレーム×リジットフォーク&ホッソイ高圧タイヤの
高性能ロード・・・

あるべき理想の姿から、かけ離れた19モデルの多さに・・・
辟易としております。( ;∀;)

嘆いていても仕方がないし・・・
今年のトレンドが、新興国向けのモノだったので・・・
現行モデルを今のうちに買っておくとか・・・
おかしなことになっていないブランドのモノを選択するとか・・・
もしくは、先進国向けニューモデルの登場を待つとか・・・

アッ・・・先ほどのTのM・・・

トレックマドン19
先進国仕様で、高性能なモノも・・選べるみたいです。(*^_^*)

以上「低重心&シンメトリー」でした。

蛇足:
先ほどのホイール・・・・

10段変速のハブだと・・・

DSCF0350.jpg
シンメトリー(センタープル)なリムが後輪にも使えたりし
ます。

蛇足其の2:
ニコンの新型・・・
本日13時に正式なアナウンスがあるみたいですね・・・
リーク情報等の写真を拝見しますと・・・・

ボディーだけの写真は・・・アンバランスなほど開口部
が大きいようですが・・・
レンズつけるとイイカンジなのかもしれません。

9月5日に大阪方面に用事があるので・・・
現物を拝見してこようと思っております。

スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/08/23 11:39
コメント

管理者のみに表示