FC2ブログ

RL6過激化!

先日、BSサイクル㈱の清水様から伺った・・・
RL系の販売実績に驚き!Σ(・□・;)・・・

DSCF1514.jpg
未舗装路が走りやすいとか・・・
ブットイタイヤと組み合わせると「荷物が積めない
高速ランドナー」的にイイカンジ!!・・・
といった・・・

DSCF1761.jpg
当店のプロモーションに問題を感じた小生・・・(;^_^A

DSCF2252.jpg
RL6をロードバイクとして過激化してみました。
当店の場合、過激化といいますと・・毎度おなじみの・・
高性能ホイール搭載といった・・・ベタで・・・
当たり前な常套手段に落ち着くことになりまして・・・

当たり前の様に、高性能化を実感できます。(*^^)v

DSCF2256.jpg
この仕様・・・

コーナリングは、徹底的に弱アンダーで安定した挙動を
示し・・・おおらかな走りにバッチリなのですが・・・
プロフォーマットによる設計の妙が功を奏し・・・

加速性能と、高速巡行性能で、ハイエンドを凌駕しそうな
感じになります。(゚д゚)!

観音
※小生の出力で漕ぐと、円盤付き超高額セミオフロート
よりもラクチンに速く走れます。(*^^)v

貧脚の小生がRS9で大丈夫・・・っということで・・・

DSCF2154.jpg
ロングライド系の方にも、RSタイプを選んでいただくことが
多めになっていた当店ではありますが・・・

バイクの挙動にキビキビ感を強く望まないのであれば・・・

DSCF2258.jpg
RL系に高性能ホイールという選択もアリだと思われます。

以上「RL6過激化!」でした。


PS:小生の場合・・・・
俊敏で機動性に優れたRS9で大丈夫なのは・・・
ガッツリ長い距離を走りたいときや、
ホッコリのんびり走りたいときは・・・

DSCF2208.jpg
RNC7というオアシスがあるから・・・
なのかもしれません。(;^_^A

正直なところ、RS9でホッコリ走っていて脚が跳ね返されることは
ありませんが・・
気分が・・ちょっぴり落ち着かなかったります。
RS9はビュンビュン走って、その美味しいところを堪能できるバ
イクだと思われます。(*^^)v


スポンサーサイト



未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/06/20 12:02
コメント
クランクの違い
記事をみてパーツの組み合わせで気になることがあり、本文とあまり関係のない質問で申し訳ありません。
私はrs9とr9100のデュラエースクランクで乗ってましたが私には剛性が高過ぎたのか脚の負担、踏み込み時の硬さを感じました。もう一台のアルミのrs6と105クランクのバイクの方が乗り味が優しく乗りやすくも感じます。
そこで試しにr8000のアルテグラクランクに換えてみたところペダリングの硬さがとれて乗り味が優しくなった気がします。ダンシングも適度にしなる感じがあり心地よく感じます。
やはりクランクの剛性は乗り味に関係するでしょうか?
一般サイクリストにはデュラエースよりアルテグラの剛性がバイクの性能を活かしやすいのでしょうか?
Re: クランクの違い
コメントいただき誠にありがとうございます。
クランク剛性は、乗り味に影響があると感じております。

ただ、クランクの仕事の性格を考えると、クランク剛性は高い方望ましくて、
身体への優しさは、シューズのソール剛性や、フレーム剛性、スポークテンション等
で調整した方が結果が良いように思えるので、R9100のクランクが、アマチュア向
きでないとは言えないような気がします。
(ソール、フレーム、スポークのしなりは、バネ的に利用できますが、クランクのしなり
はパワーロスだけになりやすいので、しならせるべき部品ではないと考えております。)
小生の考えは上記の通りですが、RS9にレコードのクランクを取り付けたところ、7900
よりも脚に優しいように感じております。
ギア比も大きく異なりますし、カンパのクランクは、ホローテックよりも・遊び・のある
固定方法なので、クランクのしなり方以外の原因によるものかも知れませんが、感覚的には
好ましいいので、乗り手にとって過剛性なフレームの場合、クランクで力を逃がすのも選択
肢の一つになるのかもしれません。

また、話はかわりますが、出力は常人並みでも、ペダリングスキルに優れた方の場合は、
過剛性なフレームにR9100のクランクで、アルミスポークのホイールでも「全くストレス
にならない」と感じる方もいらっしゃいますので、いただいたご質問に対する明確な答えを出
すことが難しいと考えております。

だいぶ昔のことですが、トレック5500のフレームに、オクタリンクの6400クランクから、
オクタリンク7700に換えたときに、最初は「クランクが硬い!」っと感じていたのですが、乗り
続けているうちに、硬い方が、フレームの性格を細かく感じることができるようになってきて、
フレームの性能を活かしやすいと感じるようになりました。
さらに、調子に乗って、ホローテックの7800を装着した際は、「さすがに硬すぎる」と思って
おったのですが、3カ月もしないうちに周囲から「ペダリングが綺麗になった」と言われるように
なったことがございます。半年もしたら、「クランクは硬いのが正義」っと感じるようになってい
ました。30代後半の身体での経験ですので、あてにならない経験かもしれません。
余計なことを長々と表記してすみません。
でも、クランクはしならない方が、効率の良い動きを探りやすいと感じておりますので、硬めの方
がスキルアップしやすいと考えております。

結論とは言えませんが、実際に乗り手が心地よく感じていることは、間違った選択であることは稀
だと思うので、RS9にR8000のクランクの組み合わせは、いろいろな調子も含めて身体に良
いことがあるのではないかと思われます。

R9100のクランクは、優しいタイプのフレームと組み合わせると、印象が異なってくるかもし
れません。

話にまとまりがなく大変申し訳ありませんでした。
今後も、コメントいただければ幸いです。


管理者のみに表示