FC2ブログ

メトロン30SL所感

昨日9月4日は水曜日で定休日。

DSCF2737.jpg
お天気は微妙でしたが・・・

メトロンの性能確認のため・・・

DSCF2743.jpg
いつもの山坂路に行ってまいりました。

得意科目と思われる登坂は・・・

DSCF2745.jpg
クリンチャータイヤ用完組ホイールとしては、一級品!!
これに勝る完組は・・・

P1060300.jpg
これぐらいでしょうかネ??
25Cを履いたコンフォートなホイールとは思え
ない高性能!!
貧脚の小生にはありがたい外周部慣性の小ささです。(*^^)v

DSCF2748.jpg
そして・・北側降坂や如何に??

接地感が独特ですが、ライントレースは容易で、懸念してい
た制動のフィーリングもいい感じです。
RNC7フレームセットによるものと思われますが、何でも
できちゃいそうなコントロール性は健在!!

DSCF2747.jpg
制動時、チューっとか、ピューっとか、ピィーっとか、
失笑してしまうような、かわいらしい鳴き声が聞こえて
きますが、気にしてはイケマセン・・(;^_^A
高級仕様の証として、ポジティブにとらえましょう。(*^^)v

DSCF2754.jpg
北側降坂ぐらいであれば、小生の稚拙な技量でも、気持
ちよく下って、リム温度が上がりすぎることもなく、いつ
も通り、悦楽の降坂でした。\(^o^)/

コーヒーブレーク後、平地巡行・・・

DSCF2758.jpg
乗り心地の良さ、軽快な加速感を楽しめますし、リム慣性
の不足分を太めのタイヤ質量で補っているのか・・・???

速度維持もヒジョーにラクチンです。

小生が試したことのある完組の中では・・・

旧型ライトウエイトに次ぐ走行性能ではないかと・・・
(幅広新型は、イマドキハイエンドフレーム弱点に合
わせて、デチューンされておいでです。( ;∀;)残念。)
旧型ライトウエイトを凌駕するコンフォート性能は・・・

DSCF2777.jpg
C24CLに匹敵しているかも?

DSCF2762.jpg
最高のコンフォート性能と、トップレベルの走行性能・・
もう言うことなし!!

DSCF2765.jpg
素敵な休日になりました。(*^^)v

以上「メトロン30SL所感」でした。

補足:おそらく、皆様が気にしているであろう・・・
ここから先・・花脊南側の降坂・・・

DSCF2770.jpg
稚拙な技量の小生が、ナメクジのように、ゆっくり
下りますと・・・
それなり以上のリム温度になってしまいそうで・・・
小心者の小生、降坂途中で2回、リムを冷まし休憩を
いただきましたが・・・(;^_^A(;^_^A(;^_^A
さほど高温にはなっていなくて・・・

DSCF2755.jpg
リム温度の上がり方はレイノルズ級?
カンパ様とか、シマノ様のプラスチックリムと、同等の
扱いが可能と思われます。
円盤制動みたいに、フェードして制御不能になる事
もなく・・・
良識をもって運用すれば・・問題ないかと思われます。
※ラテックスチューブ使用はNGです。

補足其の2:
花脊南側の降坂・・・むかーしむかーしのお話・・・
アルミリムにチューブラータイヤで下りますと・・・
リムセメントの温度が上がりすぎて・・・
固定力が弱まり・・
バルブ傾き現象・・・が、起こることがございました。(;^_^A
タイヤがズレ過ぎて、バーストした猛者もいらっしゃったとか・・😱
そんな道具でも・・使用する側が、良識で対応しておりました。
自転車の扱いに慣れた方が運用していたロードバイク・・
高性能クリンチャーの普及とともに大衆化し・・・
1990年代から、2010年頃まで・・どんどん安全な乗り物に進化
していたように感じていましたが・・・イマドキハイエンド・・
どうなのでしょうかネ?

PS:来週・・・シマノ様展示会は・・・

DSCF2775.jpg
グラベルタイプが主役なのかな??
東京の後に開催されることの多い関西の展示会・・・
シマノ様は大阪が最初です。\(^o^)/かなり嬉しいデス。
既定の方針に大きな変更は望めそうもありませんが・・・
新興国市場も、マーケティング担当者様が思い描いた
ような、パラダイスではなかったみたいですし・・・(-_-;)
ガラパゴスかもしれないけど・・・
日本のユーザー様を重視した仕様の新製品にも・・
もう少し・・注力していただきたいものです。

蛇足:ユーロバイク第一報・・・ウェブメディアを拝見した
ところ・・・Eバイクまみれだそうで・・・(;^_^A
ドイツがEバイク先進国との表記も見かけたことがご
ざいますが・・・
ドイツに出張したことのある方によりますと・・
「走ってるの見たことがない」とのこと・・・
フェイクニュースって訳ではないのでしょうけど・・
笛吹けど踊らず・・・な感じが否めません。
欧米ではすでに・・とか・・中国ではもう・・・
的な情報・・・眉唾・・印象操作的なものも・・・
かなりあるように感じております。(;^_^A


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/09/05 12:02
コメント

管理者のみに表示