FC2ブログ

パラダイムシフト

石の上にも三年?

DSCF3073.jpg
石、もとい、強い意志をもって、
業界の方針?である?
タイヤ・ファット化に追随する
べく・・

DSCF2558.jpg
25Cタイヤ馴化の修行に努
めてきた小生・・・
28C・32C・38C・寿限無
寿限無五劫の擦り切れ海砂
利水・・・・
♪どこ♪まーでも♬ゆこおー♪
♪みちはー♬(;^_^A
厳しいのでしょう・・・
きっと。( ;∀;)

別に、業界方針に反旗を翻す
つもりはないのですが・・・
(;^_^A

DTスイスさんのカタログに・・
推奨タイヤ幅23~60㎜との
表記が・・・

DSCF3546.jpg
あと、PR1400ダイカット21
のユーザー様が23Cタイヤとの組み
合わせを絶賛されておいいでで・・

さらには、カンパ様もワイドリ
ムなWTO33に23Cで・・・

風洞最適33後
大丈夫とお墨付きを・・・

様々な誘惑?に耐えきれず・・・
(;^_^A

DSCF3581.jpg
リム内幅18CのRR411に23C
装着しちゃいました。
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

で・・・久しぶりの23C・・・
どうだったのか?

DSCF3585.jpg
クランクちょこっと回しただけで・・

「そうそう、この感じ」(*^^)v

・・「サイコーです。」\(^o^)/
加速は良くなるし、ライトレースも
精度がアップ!!

P1080607.jpg
ダンピングの利いたフレーム&

DSCF3194.jpg
高強度リムと組み合わせておりま
すので・・・
空気圧も強気に設定できるし・・
もう、いいことばかり。(*^^)v
やっぱりロードは、
こうでなくっちゃ!!
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

はじめて高性能ロードで、全開加速
した際の鮮やかな感動が蘇りました。
\(^o^)\(^o^)\(^o^)/

乗り心地は?・・フレームとスポー
クに依存していることは否定しません
が・・・
ノープロブレムです。(*^^)v

この開放感・・・
なんと表現したらよいのか??
いろんな、いろんな閉塞感に・・・
鬱屈とした気分だったのが・・・

DSCF3583.jpg
ぜーんぶ吹っ飛びました。(*^^)v
己の本能に素直になる・・って・・
とても気分がイイです。
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

以上「パラダイムシフト」でした。

※※補足:高圧幅細めタイヤを使
用するまえに・・・
推奨空気圧低めのリムが増殖中。⚠
製品ごとに、推奨値確認をお願い
いたします。m(__)m
同じリム内幅でも、推奨タイヤ幅が
異なるものがございます。⚠
こちらもご確認願います。m(__)m

余談:最近のフレームは、縦方向の
ダンピングをタイヤに依存したもの
が多くなっているように感じます。
細くて高圧なタイヤ・・・
高評価新型
イマドキトレンディーなフレームには
お勧めできません。m(__)m⚠

しつこく蛇足:
ここ数年、25Cが23Cより良く転
がるいという表記が目につくよう
なっていますが・・
「同じ空気圧であれば」とうい一言
が曲者で・・😱
23Cと25C・同銘柄のタイヤで
も、適正空気圧が異なります。
そもそも、走路環境によって、タイ
ヤの太さ、空気圧、素材・・形状
等々は、最適なモノが異なってま
いります。(-_-;)
小生が感じていることは、京都界
隈の舗装道路上でのお話。・・

DSCF3589.jpg
今となっては、貴重な飛び道具に
なりつつある、車輪や

DSCF3590.jpg
フレームを
使用しておりますので・・・
お察しください。m(__)m

弁解:
DSCF3571.jpg
※アルミのロングライドタイプ
は、25Cで楽しんでます。(*^^)v

スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/02/01 13:14
コメント

管理者のみに表示