FC2ブログ

ヴィットリアコルサ

小生の一番機に・・・

DSCF4436.jpg
イマドキのコルサを装着!

DSCF4422.jpg
ド定番中のド定番だった
オープンコルサの現代版。

DSCF4428.jpg
この縦溝が・・・
F1のコーナリングスピード抑
制のために採用されて、
ビルニューブ様がムカつ
いていた、グルーブドタイヤ
を連想させて・・

溝の見た目・・・イマイチなイ
メージがなくはないのです
が・・・

空気をメーイッパイ入れた際
の転がり抵抗の低さや、
乗り味の良さは、オープンコル
サSCや、オープンコルサエボ
CXツーを彷彿とさせる・・

高性能&好性能は健在でした。
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

今となっては、飛び道具になっ
てしまった23C

高圧にして履きこなせるフレ
ーム&ホイールの新型が少
なくなっているので・・・・
販売数は伸びないのかな?

DSCF4425.jpg
R1Xの23Cと比較すると・・・
軽いわけではないし・・・
グリップもR1Xの方が上か
な?

転がり抵抗の低さは・・・
良くできたタイヤ同士では・・
グリップとバーターなので・・
とても優れています。(;^_^A

DSCF4429.jpg
コットン&アラミドを用いた
ケーシングも上質な乗り味
に貢献してくれていて・・

高圧な23Cを履きこなせる
高性能なフレーム&ホイール
を所有されている方には・・
お勧めのタイヤです。
(*^^)v

以上「ヴィットリアコルサ」でした。


PS:グラフェンとか採用後のコ
ルサ・・

DSCF4435.jpg
デビュー当時は価格が・・・
とんでもなく高価でしたが・・
だいぶこなれてきました。(*^^)v

PS其の2:今年の正月に試みたプ
ルービングごっこで・・・

DSCF4412.jpg
チネリスーパーコルサが・・・

高評価新型
イマドキディスクロードを・・・

DSCF3645.jpg
このお方の液晶画面上で撃墜で
きたのは・・・

DSCF4421.jpg
このタイヤのおかげかも知れま
せん。
(*^^)v
適正空気圧8から10㍴って・・・
※現行型は7から10㍴
素材でコストダウンしたワイドな
カーボンリムを破壊できそうで
す。(笑)(笑)(笑)
※ファット化低圧化はコストダウ
ンの常套手段。

メタボ低圧なチュー○レスれ
でぃって、非力が漕ぐと、かな
り遅いです。( ;∀;)

PS其の3:
ASTM規格のカテゴリー2に適応
のブレーキ&ホイールを搭載した
新型ロードバイク(ディスクロード)
を試乗する機会が増えてきてい
て・・
みなさま・・・うすうす感づいて・・
きているとは思いますが・・・
ディスクブレーキって・・・
現状では、まだまだハンデキャ
ップになっていて・・
だいぶマシにはなっているのか
もしれませんが・・・
ほんのちょっとだけど・・・
良くできたリムブレーキロードより
遅い・・いやいや・・
貧脚の小生が漕ぐと・・・
かなーり遅い・・・( ;∀;)

ただ・・それは・・・
カテゴリー1(舗装された走路)専
用機の方が・・・

DSCF4289.jpg
日本の舗装道路で有利になる・・・
当たり前のことで・・・

舗装状況によっては・・・
(新興国市場とかでは・・)
ファットで低圧なタイヤがマス
トだったり・・
リムが汚れるかもしれない
し・・
オフロード用制動装置でも改
良して、つけとこか?
ってことで・・
ブランドマネジメント的には、
京都界隈の道路で、非力が漕
いで少々遅くてもOK!
問題ない!!(笑)

あと・・円盤制動・・・
長くて急な降坂で・・・
へたっぴーな小生には・・
熱容量が不足?しているよ
うな気がします。

上級者&プロの方はブレーキ
引きずらないので大丈夫な
のでしょうけど・・・

DSCF2770.jpg
花脊の南側とかで、ブレーキあ
て効き(引きずり)して、ゆっく
り安全に下りたい方にはお勧
めできません。

へたっぴーな小生でもフェー
ドしない円盤制動装置・・・
次世代コンポで対応してくれ
ることを強く望みます。

無理ですかね??
無理ですね。
(笑)(笑)(笑)

しつこくPS其の4:ディスク
ロードで、トルク不足を感じ
た方には・・・
ちゃーんと対策が・・・
電気でアシスト・・・

たーびんれすたーぼ
Eバイクが救世主になって
下さいます。(;^_^A


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/07/21 17:55
コメント

管理者のみに表示