FC2ブログ

ギア比

2004年頃のカタログを見返
しますと・・・

DSCF4627.jpg
完成車に付いてくるスプロケ&
チェーンリング・・・

DSCF4625.jpg
53-39×11-23T
53-39×12-25T
というのが主流で・・・

リア25Tとか、インナー39T
は登坂ギアとか、お○まギアとか
言われていました。

一昔前のライダーが豪脚ばかり
だったのかといえば・・・
そうでもなかったような気がす
るのですが・・・

ロードレーサーを購入する方が
レース思考といいますか・・・
スパルタンな嗜好だったかも??

一昔前の自転車の方が、重めの
ギヤ・・踏みやすかったし、
回しやすかったかも??

これは、気のせい?
ではなく、

高評価新型
イマドキバイクと、

DSCF4412.jpg
スーパーコルサで、プルービング
ごっこを行った際・・・

イマドキバイクよりも・・・
スーパーコルサの方が、重めのギ
アを踏めたり回せたりしたので・・

DSCF3481.jpg
バネの利いたフレームの方が、重
めのギアを運用しやすいようです。
(笑)

そして・・・
ネオコットがラクチンに走れるの
バネが思いっきり効いてくれるか
ら・・・

DSCF4605.jpg
ネオコットで走っている際のギア
比が・・・その他のバイク
で走っているときよりも・・
たくさん進むギアに入っている
ことが・・多いようです。
(*^^)v
※クランク一回転で進む距離が
長い・・

これって・・・
絶妙な湾曲と、斜めに仕込まれ
たカーボンシャンクのバネが効
いて・・
長めのストライドでガンガン走
れる・・
N社様の厚底と・・

ぴんくのくつ
似たような効果かも?
(笑)

以上「ギア比」でした。

PS:イマドキ円盤ロード・・
新興国向けセミロードバイク・
小生のような貧脚がまともに走
らせようとすると・・・

リア32Tとか・・・
チェーンリング48-32T
とかが欲しくなったりします。

硬すぎるフレーム&フォーク、
硬すぎる車輪、
太くてフワフワのタイヤ、
まともに走らせるためには・・
極端に軽いギア比or
モーターの介助に・・・
頼るほかないのか???
( ;∀;)

DSCF4620.jpg
普通のギア比を普通に踏めて
回せるネオコットフレーム・・
これからは貴重な存在にな
っていくのかもしれません。
(;^_^A(;^_^A(;^_^A


スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/09/03 12:23
コメント

管理者のみに表示