高性能カーボンロード

「何人たりとも逃しません・・・・」っとオーナー様
がおっしゃるかどうかは存じませんが、
そんな雰囲気の漂う高性能ロードRIS9。
P1020111.jpg

変速調整確認のため、ヒラぺで近所を流しただ
けで、非凡な高性能にあおられてしまいます。

あまりに反応が鋭いので、ついつい飛ばしてしま
いたく・・・・・自制心を試されて・・・・
お客様のものなので、なんとかこらえ・・・

ただ、この手の刺激は、長く乗っていると麻痺し
てしまうのが常でして・・・・・・
反応が鋭いだけでは長く愛することができませ
ん。

反応性が優れた高級車を買ったのに、1年ほどで
次のモデルが欲しくなった経験はございませんか?
この場合、より刺激の強いモデルに移行しがちで、
その結果、長距離を走るのがしんどく・・・(過剛性)
市場では、軽量で過剛性(ついでに超高額だったり)
なフレームがあふれております。

RIS9つきましては少々高額ですが・・・・

レース用として必要十分以上の剛性。

組むパーツが軽量すぎるとUCI規定を下回って
しまう軽量性。

路面からの情報がスポイルされることのない、絶
妙の乗り心地。(レース用としての)

長―い下りが楽しくなるコントロール性。
(高速コーナーも楽しい!!)

デリケートな感じのない質感。

※上記は、RIS9発売直後に79ヂュラで組まれた
試乗車で確認済みです。

全方位的に高性能なこのフレーム。

レースを目指す方には、最高の相方になるものと
思われます。
ながーく愛していただけるものと・・・・・

体重の軽い方や、ロングライド中心の使用でしたら
RL8がお勧めですが、高出力な乗り方、レース命の
方であれば、RIS9がお勧めです。
(えらく価格が異なりますが・・・コストに問題がある場合、
重量に少し許容をいただければ、RCS6がお勧めです。)

小生も、もう少し若かったら・・・・
これに乗りたかった・・・です。

以上「高性能カーボンロード」でした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/02/23 18:35
コメント

管理者のみに表示