サイコーに気持ちいい!!RNC7

昨日(5月22日)は水曜日で定休日。

毎度おなじみの花背峠他を走るべく、サイクリングに行ってまいり
ました。

P1020335.jpg
花背峠のような、そこそこ登りごたえのある登坂はスチール
フレームのRNC7にとっては、一番苦手というか、不向きな区間・・・・
ホイールだけはヒルクライム仕様(WH-7850-C24CL)を
装着してみました。

P1020247.jpg
序盤の急こう配区間では、カーボンのRFX8とは比較する気にな
らない、っというか、RFX8の優秀さを再認識していたのですが・・・

つづら折りが始まり、勾配が緩やかになってくると・・・・んっ・・・・
なんか、思っていたより軽快な登坂が????

面白いようにクランクが回ってくれます。

P1020336.jpg
いい気になって走っておりますと、あっという間に頂上に!!

そして気になる所要時間は・・・・・

2週間前にRFX8で登った時とほとんど同じ?っていうか今回の方
がほんのちょっと速かったりして???

漕いでいるときの感覚としては、序盤の急こう配は明らかに遅かっ
たはずなので、緩斜面になってから気持ちよく漕いでいた区間で
挽回してしまったようです。

しかし、この結果は、自転車の性能差よりも、漕ぎ手の体調差のほう
が大きかっただけなので、ヒルクライムレースに参加する方には、RF
X8の方がお勧めです。
※すでにモデルチェンジしておりますので、RL8がお勧めです。

P1020339.jpg
苦手区間(花背南側登坂)を無難にこなし、ちょっとお疲れ気味?のRN
C7

P1020340.jpg
サイコーに気持ちいいお天気!!


花背北側の降坂はいかがなものか???

これが・・・・サイコーに気持ちいい!!

絶妙な接地感、路面状況がよくわかるのに、乗り味は抜群!!
高剛性フレームによくある、「ポンポン跳ねる感じ」が皆無です。

自由自在で、何でもできちゃう感じ!!!コントロール性能では他を圧倒し
ています。
自転車自体のライントレースの正確さに、自分が上手になった?のかと勘
違いしてしまうほど・・・・
※この感じ、昨今の高剛性カーボンフレームでは実現不可能と思われます。

ヤミツキになる走行感覚です。


続きまして・・・・
477をウッディ方面に向かう高速(小生にとっての)巡航区間はいかがのものか?

P1020341.jpg
これがまた、気持ちいい!!!
小生の非力でヘタクソなペダリングでも、面白いように進んでくれます。
低速域からの急な加速は・・・・苦手のようですが、速度の維持がとても楽!!

ソコソコのペースからの再加速も、望んだ以上に伸びてくれるので、自分が強くな
ったような勘違いをさせてくれます。
※実際、いつもよりちょこっと速いペースで走行していました。

P1020342.jpg

なだらかな勾配の降坂区間と、平地巡航区間・・・・
この区間の気持ちよさだけでも、RNC7を購入する価値があると存じます。

P1020345.jpg
そして・・・・・
ゆっくりポダリングではいかがなものか?

これもまた、とーっても気持ちいい!!
優雅でほっこりした時間を過ごせました。

P1020348.jpg
RNC7
レースで勝つことが目的の方にはお勧めしませんが・・・・
サイクリングに使用される場合は、当店のイチオシです!!

以上「サイコーに気持ちいい!!RNC7」でした。

追記・・・
帰宅後の疲労が、普段よりかなり軽かったことも報告いたします。
疲れにくい好性能もRNC7の美点です。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/05/23 11:52
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示